保証協会の債権放棄 – 時効

さて、前回は、信用保証協会の債権放棄についてお話いたしました。

前回の記事をご覧になる方は、こちらをクリックして下さい。

 保証協会が債権放棄に応じることはあるのか?という内容でしたが、債権放棄のガイドラインが厳しいため、「うちでは無理だ・・・」と思った方もいらっしゃったのではないかと思います。

 

今回のお話は、保証協会の債権放棄に関するガイドラインである「求償権の放棄に係る基準について(全国統一基準)」以外の債権放棄についてお話していきます。

 

 

ガイドラインはハードルが高い

前回の記事を読んでいただければ分かると思いますが、保証協会のガイドラインに沿った内容で債権放棄を受けるのは、かなりハードルが高いです。

特に、「経営陣の退陣」 などと言われても、中小企業は家族経営や、ワンマン経営が多いですから、ちょっとピンとこない部分があったと思います。

 

上記の事を考えると、ガイドラインに沿った債権放棄を受ける事ができる事業者も限られてきます。

 

この方法以外、債権放棄の道は無いのでしょうか?

 

いえ、実はあります。

保証協会のガイドラインに沿った内容でなくても、債権放棄をしてもらう事は可能なんです。

 

代位弁済された債権には、当然、時効というものが存在します。

時効を迎える事により、債権は消滅してしまうのです。

 

 

代位弁済された債権の時効

一般的に、商取引によって生じた債権(商事債権)の消滅時効は原則5年 となっています。

 

信用保証協会の求償権も、例に漏れず、消滅時効の5年が適用されますので、5年間、保証協会から時効の中断が全く無いまま、5年の時が過ぎてしまったら債権は消滅します。

 

例え、どんな金額であっても、時効を迎えたら借金が無くなってしまうのです。
(時効を迎えたら、時効の援用をしなければなりません。)

 

「なんだ、そうなのか、保証協会の債権は時効で消えるのか・・・」

そう思ったあなた、ちょっと待って下さい。

 

確かに、法的にはそのようになっていますが、だからといって、保証協会が簡単に諦める訳ではありません。

時効を迎えそうな時期が近づいてきたら、たいていの場合、訴訟をおこしてくる場合が多いからです。

 

保証協会が全く何もしてこないまま時効を向かえた場合、あなたが時効の援用をしてしまえば、時効は成立し、債務は無くなります。

 

でも、債権者である保証協会に裁判を起こされてしまったら、時効が10年、延長されてしまうのです・・・

 

10年、長いですよね・・・

 

せっかく時効を迎えても、さらに10年も延長されてしまうのですから、ここで、精神的に参ってしまう方もいらっしゃると思います。

裁判を起こされてしまったら、10年も待たなければ、債務は消えないのでしょうか?

 

 

実は、ケースバイケースなのです。

時効を向かえそうになったら、必ず訴訟を起こされてしまい、時効が10年延びてしまうのですか?と、疑問に思ったでしょうが、この質問に対する答えは、「一概にそうとは限らない」 です。

 

 基本的に、訴訟を起こしてくる場合が多いのですが、必ず訴訟を起こすとも限らないのです。

 

どのような理由かは分かりませんが、なぜか、何もしてこない場合があるのです。ですから、こればかりは、実際に時効間際の対応を見てみないと分からないのです。

 

 

全額ではありませんが、債権放棄してくれる場合もある

知人のケースを一つ紹介しておきます。

Aさんは、数年前に1億3千万円代位弁済されたのですが、商事債権の時効が近づいてきた時期に、保証協会から訴訟を起こされてしまいました。

訴訟をおこされてしまったら、時効が10年延びてしまいます。
(争っても意味がないから、結局負けてしまうため。)

もしかしたら、時効を向かえるのかな・・・等といった甘い期待もありましたが、結局は訴訟を起こされてしまったのです。

 

裁判所からの訴状が届いたので、早速開封し、書類をよく読んでみると、訴訟の金額が2000万円 になっていました。

 

「あれ?1億3千万円の借金があるのに、なんでだ?」

実は、一部の債権だけを対象に裁判をかけてきたのです。

残りの1億1千万は時効が成立し、債務が消滅 してしまいました。

 

2000万円の借金は相変わらず残っていますが、なんと、残りの1億1千万円は債権放棄してくれたのです。

このような方法で、一部、債権放棄に応じるケースもあるのです。

 

また、上記のように8割近いカットではなく、債権の半分をカットしてくれたという方もいらっしゃいます。

上記の例と同様に、債権の半分だけを対象に訴訟を起こしてきて、残りの半分は時効を迎え、借金が消えてしまったのです。

 

上記のようなケースを見てもらえたら分かると思いますが、債権放棄のガイドラインに沿ったものではなくても、このような形で債権放棄に応じる事があるのです。 

前回お話した債権放棄のハードルはかなり高いですが、長期でも借金が消えるなら一向に構わないという事であれば、こんな解決策があるのです。

 

時効で債権が消えるのは分かった!でも、代位弁済されたら、保証協会の保証つき融資は全く受けれないですよね?その場合、一生、新規の保証は付かないのですか?

 

一生、新規の保証が付かないという事はありません。

これまた要件が厳しいですが、代位弁済された債務を保証する制度があるのです。

 

代位弁済されたら、求償権が無くならない限り、(保証協会に全て返済しない限り)新規の保証は原則的に出ないのですが、代位弁済された債務を消滅させるための保証制度が保証協会にはあるのです。

 

この保証制度のお話についてはまた次回! 

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている