リスケ中の資金調達がうまくハマるケースとハマらないケースの違い

「どこか事業再生資金を必要としている企業があれば、紹介して下さい。」

「リスケジュール中で、銀行融資がNGの企業がありましたら、是非、紹介して下さい。」

 

今日、ご相談依頼を受けた後に、企業再生ファンドの担当者さんと、売掛金担保融資に特化した銀行系のファイナンス会社の担当者さんとお会いしてきました。

 

冒頭のセリフはお会いした際に言われた言葉なのですが、この言葉だけ見てしまえば「資金調達を必要としている企業なんて、数えきれないほど沢山ある」と思いました。

事業再生という看板を出してる訳ですから、まあ、当然ですよね。

 

いくら資金調達を必要としている企業がたくさんあると言っても、案件としてご紹介して、実際に資金が出るかと言えばそれはまた別の話なんですよね。

 

貸し手が求めている事業規模等もありますし、
(月商や掛売先の与信や売掛先の分散度など)

借り手側の内容にもよりますので、
(業種や、租税公課の滞納の有無)

言葉尻だけ捉えれば、「資金調達ニーズなんて数え切れないほどありますよ」となりますが、それが、実際に商談のテーブルに乗るのは25~30件ぐらいの相談が来たとしても、片手で数えるぐらいしかないのが現実なんですよね~。(あくまでウチのケースですが)

 

なかなかうまい事いかないものですね。
ハマる時はピタッとハマるんですけどね。

 

ただ、この仕事を4年近く続けて、うまくマッチングするケースと、そうでないケースの違いがすぐに分かるようになりました。

 

うまくハマるケースとハマらないケースの違い

リスケジュールするか、あと数か月頑張るかという状態でご相談に来られる方は、正直、ハマりやすいです。

この段階で来られる方は、租税公課の滞納などが無いケースが多く、時間的なゆとりがあるため、こういった方はハマりやすいです。

 

ハマらないケースというのは、たいていの場合で「今すぐリスケジュールしないと来月乗り切れない!」というようなケースです。

こういうケースのほとんどが、租税公課の滞納が常態化しているケースが多く、入り口で弾かれてしまう事が多いです。

また、時間的なゆとりがないので、審査の速いところしか、選択肢が無くなります。(金額もあまり大きくなく、金利も高いです。)

選択肢が無くなるという事は、一発勝負になりがちで、「ここを断られたら次はここにお願いしよう」というアクションが取れません。

一社断られたら、そこで手詰まりとなってしまうのです。

 

なので、できる限り倒産の要因を排除したいと言う事であれば、何事も早め早めの対処が必要となってくるのです。

 

行動が早いと良い事はたくさんありますが、
行動が遅いと良い事は一つも無いのです。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている