売掛金のファイナンスのお手伝いが強化できそうです。

資金調達のお手伝いを強化するため、昨日、大手ノンバンク出身のパートナーと打ち合わせをしてきました。詳細はまだお伝えできませんが、(これから案内を作成するので)今後、資金調達のお手伝いが強化できそうです。

すでにご存じだと思いますが、私のところにご相談に来られる企業の過半数が、取引銀行に「これ以上の融資はできません。」と断られてしまった企業様です。

取引銀行に融資を断られたら、下記いずれかの選択肢を検討する事になります。

  • 借換えをお願いする
  • リスケジュールをする
  • 銀行融資以外の調達方法を検討する

ですね。

 

単純に「返済が厳しい」という事であれば、借換えやリスケジュールで資金繰りが回ると思いますが、入金サイトが長い場合、調達しなければ会社の存続が危ぶまれるケースが出てきます。

そのような際、真っ先に考えるのが売掛金のファイナンスの一つであるABL(売掛金担保融資)という方法です。

 

過去、お客様に金融機関を紹介してきましたが、融資実行の確率がかなり低かったです。

今まで、ご相談者様やクライアント様にABLをご案内(斡旋)してきたことがありますが、融資実行までこぎつけるのが大変で、若干、利便性が悪い点が否めませんでした。

どうしたらもっと利便性が上がるのか、色々と考えていたところ、パートナーから「売掛金のファイナンススキームを作った。先月、このスキームで金融機関が融資を実行した。詳細を伝えたいから、是非来てほしい。」

というお声掛けいただいたので、早速、昨日打ち合わせしてきた。という訳なのです。

 

スキームの詳細を確認しましたが、非常に使い勝手が良いと感じました。これで、私がABL(売掛金担保融資)をお客様に案内する際、調達できる確率が格段に上がったのではないかと思っています。

資金調達サービスの詳細は来週ぐらいには公開できると思います。詳しい概要等を記載した資料が用意できましたら、ご案内したいと思います。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている