少人数私募債を集めるための2つのポイント

先日、少人数私募債を集めるコツはありますか?というご質問を頂きましたので、今回は、少人数私募債に関するお話をしたいと思います。

 

中小企業でも簡単に発行できる社債として、少人数私募債という社債があります。

関連書籍なども沢山でていますので、細かい説明は割愛しますね。

もし、あまり馴染みが無いという方は、下記リンクをクリックして、概要を把握して下さいね。

 

運転資金が必要な時に、思うように金融機関から借りる事ができないという事があると思います。そんな時、長期安定資金を調達する手立てとして、少人数私募債を検討する事があります。

社債を発行して、取引先、社員、知人・友人などに、社債を買ってもらい、資金を調達する事になります。

 

これがなかなか、集めるのが難しいのです。

 

少人数私募債の関連書籍などを読むと

「お金を貸してくれというのと、社債を買ってくれというのでは、言われた側の気持ちは異なりますし、こちらも言いやすいです。」

という記載がいろんな本に書いてありますが、そんな事ありません。

 

基本、「金貸してくれ!」と言ってるのと全く同じです。

 

立場上、私も書籍に書いてある説明をすれば良いのかもしれませんが、実務上、こんな事はほとんどあり得ないのです。

試しに、知り合い数名に、「ウチの社債を買って下さい」と言えば分ると思います。

「よく分らんけど、要するに金貸せって事でしょ。」と言われると思います。現実はそんなもんです。

なので、少人数私募債を本気で集めようと思ったら、事業計画を一生懸命作っても、あんまり意味がありません。

全く意味が無いとまでは言いませんが、「社債買ってくれ」とお願いする場面で、あまり重要では無いのです。

 

少人数私募債を成功させる2つのポイント

少人数私募債を集めるには2つポイントがあります。

まず1つは、「数打ちゃ当たる」です。

少人数私募債は、49名以内で募集することになります。
※49名を超えてしまってはいけないのです。

ここで、「とりあえず20名に声をかければ多分なんとかなるだろう」と考え、実行に移したとします。

すんなり集まれば良いのですが、当然、そんなにうまく事が運ぶ事は少ないです。

 

20名のうち、買ってくれたのは数名で、募集額の半分にも満たないとなった場合、また、再リストアップする事になります。

再リストアップの時に、たいていの場合で手詰まり感が出てくる事になるので、ここでちょっと心が折れてしまう事があります。

ここで心が折れてしまうと、リストアップする際に、「きっと駄目だろうな。」とか、余計な事を考えるようになり、リストアップの手が止まってしまう事があります。

 

そうなると、この先の募集が頓挫してしまう恐れが出てくるので、最初の時点で49名ギリギリまでリストアップし、とにかく声をかけまくった方が良いのです。

 

もう1つのポイントは、気合。とにかく気合です!

「要は金貸せって事でしょ」と言われても、 「そうです。貸して欲しいからお願いに来たんです!」

と、とにかく気合で乗り切るほかありません。

スマートに集めるなんて、そんなの幻想です。

「絶対に迷惑をかけず、満期償還するからとにかく買ってくれ!」と気合で押し通すしか無いのです。

社債を満額集めようと思ったら、とにかく気合で乗り切るしか無いのです

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている