最近募集がはじまった助成金・補助金情報について

ここ最近、いろんな助成金・補助金の募集がいっきに始まったみたいなので、ご紹介したいと思います。詳しい内容については、リンクをクリックしてご自身で調べてみて下さいね!

あ、そうそう、「これは、ウチの会社に該当するかも?」と思ったら、最寄りの商工会に相談に行けば、結構詳しく教えてくれますよ。

 

地域商業自立促進事業

要約
本事業は、商店街等を基盤として、地域経済の持続的発展を図るため、地域住民等のニーズや当該商店街を取り巻く外部環境の変化を踏まえ、地方公共団体と密接な連携を図り、商店街組織が単独で、又は商店街組織がまちづくり会社等の民間企業や特定非営利活動法人等と連携して行う、以下の5つの分野に係る公共性の高い取組を支援する事業です。
支援対象となる5つの分野
  1. 地域資源活用
  2. 外国人対応
  3. 少子・高齢化対応
  4. 創業支援
  5. 地域交流
募集期間
平成27年2月18日(水)~平成27年6月29日(月)
(経済産業局に17時必着)

詳しくは下記をクリックして下さい。
参考リンク 中小企業庁サイト

 

下請中小企業自立化基盤構築事業

要約
2者以上の特定下請事業者が連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して、新たな事業活動を行うことにより、特定親事業者以外の者との下請取引等を開始又は拡大し、当該特定下請事業者のそれぞれの事業活動において特定下請取引の依存の状態の改善を図る取組を支援することにより、下請中小企業の振興と経営の安定に寄与することを目的としています。
募集期間
平成27年2月23日(月)~平成27年5月22日(金)
(※)郵送の場合は、受付最終日の17:00までに必着のこと。

詳しくは下記をクリックして下さい。
参考リンク 中小企業庁サイト

 

下請小規模事業者等新分野需要開拓支援事業

要約
取引先の多様化に向けた取組に係る試作・開発、展示会出展等の費用を補助してくれます。
募集期間
平成27年2月23日(月)~平成27年5月22日(金)

詳しくは下記をクリックして下さい。
参考リンク 中小企業庁サイト

 

「共同販売拠点(アンテナショップ)による地域産品等の販路開拓支援事業

要約
中小企業・小規模事業者の商品展開力・販売力の向上等を図るため、地域振興等機関が、地域経済を支える中小企業・小規模事業者が農商工連携や地域資源の活用などで開発した地域産品等を共同で販売する拠点(アンテナショップ)を設置し、販売や支援を行う費用を支援します。
募集期間
平成27年2月25日(水)~
(1次締切)平成27年3月10日(火)17:00必着
(2次締切)平成27年4月10日(金)17:00必着

詳しくは下記をクリックして下さい。
参考リンク 中小企業庁サイト

 

と、まあ、ざっとこんなもんでしょうか。あなたの会社で 「うちでももしかしたら・・・」というものはありましたか?

もし該当するものがあれば、ひとまず申請してみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、補助金・助成金を貰うのは簡単ではありません。申請書類のちょっとした不備でも受け付けてくれないですし、書類の不備を指摘されたら書類を書き直し、何度も通わなくてはならないケースもあります。

でも、タダでお金を貰えるのですから、メリットは十分あると思います。

該当しそうな助成金・補助金がありましたら、是非、チャレンジしてみてください。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている