競売開始決定通知書が届きました

2009年5月20日に競売開始決定通知書が届きました。

untitled

競売開始決定通知書

1月に金融機関への支払いがストップしたので、
期間的にはこんなもんかも知れません。

 

3月に弁護士の先生に破産を申し立てたので、てっきりかなり先の事だと思っていたのですが、どうやら2番抵当権者であるG金融機関が競売を申し立てたようです。

物件価格的に、G金融機関からの競売申し立てが取り消しになるような気もしますが、この家の価格が分からないのでなんとも言えません。

工場や倉庫はG金融機関が1番抵当を打っているので、競売にかけるのは分かるのですが、この家は・・・どうなるんだろ?まあ、5分5分ですね。

 

ちなみにこの家の1番抵当権者であるK金融機関は、以前義父にこのような事を言っていました。

「社長の会社の債権は、不良債権として、ウチで(銀行の内で)処理したから、ウチから競売にかける事はありませんよ。」と支店長に言われたと言っていました。多分気休めだとは思いますけどね。

そもそも1番抵当を打っている金融機関が、債権放棄まがいの事をするはずがありません。
金融機関は極大回収が至上命題。まがりなりにも何十年も会社を経営してきたのですから、それぐらい分かるはずなのに、どうも、この辺の認識があまりないようで、自分の都合のいいようにしか解釈できないようです

破産しなくても、この家に住み続ける方法はあったのに・・・

 

会社が倒産した時も、私はかなりしつこく『金の無駄だから、破産はしないほうがいい』と説き伏せたのですが、どうも、催促の電話が嫌みたいで、破産してしまったのです。

私はこの「催促の電話が嫌だ」というのが昔から理解できないんですよね・・・ただの電話ですし。かかってきても「いや~払いたくても払えないんですよね~(笑)!」って電話を切れば良いだけの事ですから、何が嫌なのかよく分かりません

そもそも、義父の年齢は70過ぎています。破産する意味があまりありません。破産してしまえば精神的に開放されるのでしょうが、失うものがあまりにも大き過ぎます。

ただ、この問題は、周りがあれこれ言ったところで最終的に決めるのは本人ですから、私があれこれいってもしょうがないのです。

なので、事の成り行きを見守ることにしたのです。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている