執行官のご挨拶

本日、裁判所の執行官が家に来ました。

「来週物件調査に来ますね。」と一言伝えるためだけにわざわざ来てくれたようです。(私は外出中でした)

 

私が家に帰ってきた時に義母に聞いたのですが、名刺だけ置いて帰っていったようです。

たいていの場合、電話や封書で「○○日に調査に伺います」と連絡があるのですが、田舎だから?わざわざ来訪して伝えてくれたようです。申し訳ない限りですね。

 

さて、執行官の方が帰った後はさあ大変。

義母など右往左往して落ち着かない様子で、相談相手の私が帰ってくるまで、ずっとそわそわしていたようです。(義父談)

無理もありません、20年以上住んでいる家を競売にかけられてしまう訳ですから、動揺してしまう気持ちは痛いほど理解できます。長年この家を守り続けてきた訳ですから、競売にかけられるなど、身を切られるような思いでいるはずです。

義母はホントにショックだったようで、夕飯の時は、一点を見つめて固まっていました。テレビを見ていても上の空で、表情も固まったまま、死んだように表情が固まっていました。

脇が甘過ぎる義父母ですが、私の目の前でこのような事が起こってしまうと、さすがに「可哀想だな・・・」と同情してしまいます。

 

一方、義父は「生まれも育ちもこの町だから、こんな状況(倒産)に陥ってまで住んでいたくない!」と言っているので、自宅は今更どうでもいいと言っています。

このあたりの状況は、都会暮らしの私には全く理解できない事なので、なんとも言いようがありません。

どうも見栄やプライドがあるようで、今すぐにでも出て行きたいと言っている義父。さっさと全てを整理して、一刻も早くこの土地からオサラバしたいと言っております。

このような性格に人が経営者だと、倒産した時に一家離散という事になるのでしょうね。プライドなんて、倒産したら邪魔なだけなのに・・・

ただ、全ては当事者である本人が招いてしまった災いですから、受け入れるしかありません。私はこのような事にならないように、自宅保全案を提案したのですが、全てを断ったのは当事者である義父です。(義母は守る方法があるならなんとかしたいと言っていましたが・・・)

本人が拒否したのですから、これ以上、私が色々言ったところで聞く耳を持たないので、事の成り行きを見守るしかありません。来週はいよいよ物件調査!!この段階にくると『競売』が現実味を帯びてきます。物件調査に来たら、また更新しますね。

 

ちなみに、この段階でも、何とかしようと思えば何とかなります。

この競売日記は、本人が家を要らないと言っているので諦めている訳ですが、あなたが「諦めたくない」と思っているのであれば、保全策はあります。もちろん競売を取り下げる事も可能です。

最後まで諦めてはいけません。保全の方法は存在するのですから。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている