破産して競売にかかり、売れない土地に対する固定資産税の督促。

今回は内輪のネタになるのですが、先日、お昼にあまちゃんを見ながら昼ごはんを食べていたら、役場の徴収課から義父の元へ「滞納している固定資産税を払って欲しい。さもないと強制執行せざるを得ない」という電話がかかって来ました。

この話を聞いたとき、「何を言ってるんだ?アホなのか?」と思いました。

強制執行も何も、競売で売れなかったのだから、そっちで勝手に公売にでも何でもすれば良いのに。まあ、お役所仕事だなあと思いました。

勝手にやらせておけば良いと思ったので、その旨伝えたのですが、こういうところは妙に几帳面なところがあるので、案の定、「役場に話し合いに行く」と言い出しました。

 

相談に行くのは良い事だと思うのですが、完全にアウェーなので、私が同席した方が良いと思い、「役場なんてどうせ暇だから、家に来てもらえばいいんじゃないですか?私もまだ出掛けないし。」と橋渡ししたのですが、「強制執行」という言葉が効いたらしく、慌てて役場へ相談に行ってました。

きちんと顔を出すのがエライとは思ったのですが、役人嫌いの私と、こういう事に慣れている妻は、「どうせ暇なんだから、家に来て貰えばよかったのに」というような感じでした。

1時間ぐらい経った頃でしょうか、義父が役場から戻ってきました。何か言われたのか、落ち込んだ様子で帰ってきました。話の内容が気になったので、どのような話し合いをしたのか聞いてました。

 

なんでも、役場が言うには、

「5年近く固定資産税の支払いが滞っているので、いい加減納めてもらわないと、強制執行をかけるほかありません。悪質な滞納者に対して、役場としては平等に強制執行をかけています。あなたの家だけではありません。」

という常套句を言われたとの事でした。

 

私のブログを熟読している方や、私の事を知っている方はすでにご存知だと思いますが、義父は2009年に破産しており、土地建物は一ヶ所を除き、競売によって、換価処分が済んでおります。

※特別売却で買い手が全く付かなかった土地があります。

サービサーから自宅に電話がかかってきました。

2013.07.07

一ヶ所だけ売れなかった土地がありますが、現在、サービサーに債権譲渡されているので、事実上、所有者でも何でもありません。それにも関わらず、「あの土地に対しても、法的な所有者はあなたなので、固定資産税は発生しています。」との一点張りなのです。

杓子定規の対応に、義父も頭にきたみたいで、「土地を物納すればいいじゃないか!破産して財産も無いのに、固定資産税がかかるのはおかしいじゃないか。」と怒ったようです。

冷静に考えると、確かに、義父が言う事ももっともだと思います。固定資産税の滞納は、法律上、物納は認められていませんが、取るものが事実上、そこしか無いのですから、公売などで売払って回収すればいいのに、子供の使いのように、ひたすら「払って欲しい」の一点張りだったそうです。

まあ、強制執行したところでどうという事は無いので、義父には「預金ぐらいしか取るものが無いですから、タンス預金にすればいいんじゃないですか?」と伝えておきました。

「光熱費の引き落としができなくなるから困る」と言ってましたが、「引き落としがかからなければ支払い用紙が届くだけだから、別にいいんじゃないですか?」という説明をしたら安心したようで、早速、ATMにお金を下ろしに行ってました。

仮に、差押えがあったとしても、別に大した事では無いですし、差押えされたところで話のネタが増えるだけです。

差押え、強制執行、言葉の響きは物々しいかもしれませが、実際、どうなるのか?という部分を押さえておけば、必要以上に恐れる必要もありませんし、困るような事もほとんどありません。

封書で紙切れが届くだけですから、必要以上にビビる必要はありません。

 

こういった事も、知っているのと知らないのでは、雲泥の差が出てきます。知っていれば、軽く受け流せますし、知らなければ、勝手に想像を膨らませて、「大変な事になる」と騒いだり、家族に当り散らすようになってしまいます。

無知が原因で家族に当たっても、それはお門違いというものです。「○○が払えなかったらどうなるのか?」という事を全て知ってしまえば、怖いものもありませんし、心にゆとりも出来ます。

若干、話がそれてしまいましたが、、、とりあえず、督促の話を聞いているとお役所仕事って感じですよね。年金暮らしの人を相手に、「滞納した固定資産税を払って欲しい」と時間をかけて説得したところで、何の意味があるのか、一ミリも理解できないです。

さっさと公売にかければ良いのに。
時効を中断させようと必死なのか。。。
この件も、暇な時に呼び出して聞いてみますね。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている