リース物件(未払い督促状)

さて、競売とは話が違うのですが、今月の頭にこのような書類がうちに届きました。
(ホントはすぐに公開したかったのですが、すっかり忘れていました。すいません)

リース料未払い催促状

リース料未払い催促状

リース物件の未払い催促状です。

半年近く放置していたらこのような催促状が届きました。最初のうちは、けっこう頻繁に電話がかかってきたのですが、電話をかけてきている会社はリース会社ではなく代行業者だったので、私も全く相手にしませんでした。

催促の電話があった時に「支払い減額か、リースを組み直してもらいたいんですけど・・・」と申し出たら「私にはそのような事は分かりませんので、今月末に滞納分を払ってもらいたいんですよ」との回答。

再度、「払いたくても払えない資金繰り状況ですので、リースを組み直しては貰えませんか?」と伝えたら、「私達は回収代行ですから、そのような事は分かりません。」あっそう。どうでもいいや・・・

 

直接リース会社から連絡が無い限り話しても埒があかないので、しばらくほったらかしにしておきました。私も何分暇ではないので・・・

ひたすら放置していたら、今回の書類が届いたというわけです。文面はありきたりな脅し文句が書いてありますが、どうという事はありません。

 

「貴殿の社会的信用の失墜」などと言われても、うちはすでにそんな状態です(笑)
「やむを得ず裁判所へ提訴する事になります」どうぞ、ご自由にして下さい。こんな暑いなか、わざわざ裁判所なんて行きませんよ。

そもそも裁判にもお金がかかります。相手からしても、できればお金をかけたくないというのが本音です。

しかもうちの場合、商品価値があまりないものです。(ビジネスフォンのリース、しかも悪質な業者に買わされてしまい、かなりの高額・・・総額100万円なり。中古で20万円も出せばおつりが出るのに・・・)

 

ここに解決のポイントがあります。

この書類に書いてある期日に、私は3千円振り込みました。
来月も3千円振り込む予定です。

なぜ3千円なのかですって?なんとなくです(笑)
月額1万円ちょっとなので3割ぐらいが妥当かなと・・・

 

そもそも私のではありませんからね。
私がリース会社と交渉しているのも、元経営陣がビビッてしまい、対応したくないと泣く騒ぎになってしまったので、私が交渉しているのです。名義は私ではないので、私が支払う必要など無いのです。ただ、ビジネスフォンがあると、なんとなく便利なので持っていかれないように一応お金を払った訳です。

 

正直持っていかれても何も困りません。
持っていかれたら「ヤ○ダ電機」で普通の電話を買ってこればいいだけですから。

ビジネスフォンは中古で12万円台で出回っています。(交換機、電話機3~4台セットで)ちなみにリース残債が60万円。

うちにあるビジネスフォンを取り外し(業者への工賃がかかる)
商品を売却し(どこかの中古屋)
そして裁判費用もリース会社が出す・・・・・

どう思いますか?
これ以上、説明する必要はありますか?
リース物件の交渉で、支払い減額のヒントだと思いますよ。

注意
このような記事を書くと、私の事を勘違いする人がいるかもしれませんが、私は債務を飛ばす事を専門にしている訳ではありませんからね。明らかに払えないものを、無理して払おうとしたり、過剰に思いつめてもしょうがないという事を分かって欲しくて書いているだけですから。一応言っておきます。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている