租税公課の滞納を無視し続けると、公売の憂き目にあう可能性があります

租税公課を滞納して、今後、どのように対処したらよいのか分からないという方々が、「税金滞納」、「社会保険滞納」等と検索して私のブログに行き着く方が毎日けっこうな数でいます。

滞納してしまった事は仕方が無いとして、基本的に、督促状は無視しない方が良いです。特に、来所通知が来たら必ず連絡して、キチンを顔を出して説明してきて下さいね!

催促の相手が、通常の債権者であれば、催促の通知を無視したところで問題になるような事はほとんどありません。場合によっては訴訟を起こされたりしますが、大した問題にはなりません。

でも、税金や社会保険といった、租税公課は別です。無視し続けていると、高確率で悲惨な目にあう事になります。

 

官公庁オークションで滞納処分の憂き目に

ヤフーオークションで「官公庁オークション」というインターネット公売があります。
http://koubai.auctions.yahoo.co.jp

ここでは、税金や社会保険の滞納により差し押さえた財産の公売を実施しています。サイトを確認していただき、カテゴリを見たら分かると思いますが、いろんな物が出品されています。

高額な物から消耗品まで、ありとあらゆる物が出品されています。
※食品も出品されています。

悪質な滞納者に対しては、不動産・動産などの差押財産を官公庁オークションで公売し、換価処分されてしまうのです。

 

一般的な債権者はここまでやりません。
しかし、租税公課の滞納が常態化し、滞納状態を無視し続けると、資産を差押えられてしまい、公売の憂き目にあってしまうのです。

 

工場に据付てある機械すら公売されてしまいます

製造業の方も安心できません。
「うちの機械は工場に据え付けてあるから、取り外しなんか容易にできない」
なんて、タカをくくっていると痛い目にあいます。

オークションの「その他」カテゴリを見たら一目瞭然です。こんな機械まで出てるの?というものが出ています。

 

また、下記リンクをクリックしたら分かりますが、簡易ボイラまで出てます。恐ろしいですよね。
参考リンク 公売のお知らせ

こういう事にならないよう、来所通知が来たら、必ず顔は出して下さいね。

 

もう、最悪、金なんか無くたって良いんです。「顔を出して現状をキチンと報告する」これが一番大事なんです。

顔を出してキチンと説明していれば、すぐにどうにかなるような事はありません。脅しで何か言ってくる事もありますが、大抵の場合で話し合いで解決できます。

音信不通が一番マズイです。これは、逆の立場で考えれば分かるでしょう。

 

取引先からの入金が無い時、連絡が全く無いと不安にも思うでしょうし、それが長く続けば、やがて、「ふざけんな!」という怒りの感情になりますよね。租税公課の滞納も理屈は全く同じです。

連絡が無かったり、状況が分からなければ怒りのボルテージがどんどん上がります。でも、こまめに連絡していれば「まあ、仕方ないか」と、大目に見てくれます。

行きたくないという気持ちは理解できますが、必ず顔だけは出した方が良いですよ。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている