極力会いたくないと言われてしまう「事業再生」のよくある誤解

この仕事をしていると、たまにですが、「できれば今後お会いしたくありません」なんて言われる事があります。この仕事を始めた当初はちょっぴり気にもなりましたが、最近は全く気にならなくなりました。

 

2009年にお会いした方で、やはり、同じような事を言ってきた社長さんがいました。

口頭で言われる分にはまだイイのですが、メールに書かれていたのを見て、ショックを受けた思い出があります。

 過日は、わざわざ御出で頂き、
貴重なしかも心強いアドバイスを頂きありがとう御座いました。

中略--

30年近くも会社経営に携わりながら、知らないことばかりで、
本当に我が人生は狭い道を歩いてきたものだと反省しきりです。

再建までにはまだ道のりが永いですが、
張り切ってまいります。ありがとう御座いました。

とりあえず、ご報告方々、御礼申し上げます。

出来れば再度お世話にはなりたくは無いのですが、
その節が来ましたときはどうかよろしくお願い申し上げます。

中略の部分に取引先や金融機関名、不動産の取扱に関する事があったので、ちょっと省略させて頂きました。

それ以外は原文です。

出来ればお世話になりたくない

という一文に軽くショックを覚えた事があります。

 

この年の年末、このメールをくれた社長から暮れのご挨拶を頂いたのですが、この挨拶の中にも「来年はお世話にならないよう頑張っています。」との記載がありました。

結局、この方とは再度お会いする事になり、会社をソフトランディングさせるための打ち合わせすることになりました。

帰り際、エレベーターに乗る際に、「瀬間さんにあう事が無い様頑張っていたのですが。。」なんて言われながら、見送ってもらいました。

口頭で言われると、ショックを受けるどころか、「ま~たこんな事言ってる(笑)」と、ちょっと笑ってしまいました。

ちなみに、この社長とは今でも付き合いがあり、一緒に動いている案件があるのですからなんとも不思議です。

 

この仕事していると、ファイナンスやM&A関連の方にウケが良いのですが、それ以外の方からは、あまりウケが良くありません。前述の社長みたいに、「できれば関わりたくない」と思っている方がいます。

まるで、最後の終着駅のような感じで考えている方がいるのですが、そのような認識は正しくありません。

この分野は、中小企業経営のあらゆる分野をカバーしており、収益体質の改善はもちろん、ファイナンス、販売促進、会社再編などなど、非常に幅広くカバーしているのです。

ですから、「倒産しそうな会社だけが相談に乗ってくれる」という認識は正しくないのです。

とまあ、今回はこの仕事に関するちょっとした誤解を解いておきたいと思い、こんな感じのお話をさせて頂きました。

基本的に厳しい企業からの相談がメインの仕事ですが、そうでない問い合わせもあったりするので、(M&Aの問い合わせやファイナンス関係が多いです。)倒産寸前の会社が行き着くところという仕事では無いのです。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている