情報や知識を得る以上に大事な事

資金繰りが厳しくなると、考えが後ろ向きになりがちです。何年も続けてきた事業があと数か月後に「倒産」という事態が現実味を帯びてくるとなおさらです。

先日お会いした方も、後ろ向きの考えになっていました。

 

私に会う前に、知人に紹介された弁護士に相談したとその方はおっしゃっていましたが、代表者は破産して、会社は親族に承継させる。そうすればソフトランディングできる。

というようなアドバイスを受けたようですが、「破産」という二文字がどうにも重くのしかかったようで、ひとまず、法的な観点から考えない、私のような実務家の意見も聞いてみたいという事でご連絡頂きました。

 

お会いして、ヒアリングしていた時は、

社長
受注もどんどん減ってるし、破産してもいいかな~なんて思ってます。まあ、担保に入っている親族の家だけ守れれば、あとは別にいいかな~。
一応、窮境状態をみかねた取引先が、仕事を回してあげるから、もうちょっと頑張ってみなさいと 言われたんですけど、頑張ると言っても、この業界もだんだん厳しくなってきたし、やっぱりこの辺りでスッキリした方が良いですかね~。
というような感じで、後ろ向きなことばかり言ってました。まあ、そう思う気持ちも分かるんですけどね。

 

ただ、最初から諦めているような方が私に会うなんて事は考えられないので、本当は続けたいのだろうなと思いました。

ご相談者様の本音を聞き出すために、破産する必要性が全く無い事を伝え(全ての保全が済んでからでも破産するのは遅くないという説明です。)、今後、起こりうる事を全てご説明した後に、改めて、ご相談者様の本当の気持ちを聞いてみました。

社長は本当にそれでいいのですか?同業から仕事の話が来ているなら、ほんとうは仕事を続けたいんじゃないですか?それとも、もう隠居するのですか?
社長
う~ん。続けたくないと言う事は無いです。本音を言えば、もうちょっと続けたいです。ただ、続けたいのはやまやまですが、破産しても良いかなという考えも頭の片隅に残ってます。どうしたらよいのか、自分でも答えを出せないでいます。ただ、やれる事はまだまだありそうな気がしてきました。

やはり、本音は続けたいのだなと思いました。

この後もいろんなお話を伺う事ができ、面談が終わる頃には

社長
今まで誰にも相談した事が無いので、なんだかスッキリしました。ひとまず、視野が広がったので、また、違う方の意見も聞いてみます。その上で、改めてご連絡します
とご相談者様は帰っていきました。

 

いろんな方の意見を聞かれるのはすごく良い事なので、どんどん相談した方がよいのですが、一つだけ足りないものがあると感じました。情報や知識を得るのは非常に大事なのですが、それ以上に大事なのが気持ちの切り替えです。

事業再生は再生スキーム云々というより、経営者の感情によって、結果の良し悪しが左右される事が多いです。一見すると、スキームが優れていれば、再生できると思われがちですが、精神的なウエイトが非常に大きいのです。

例えば、著名な先生が、どんなに素晴らしい再生スキームを考えても、経営者の方の気持ちが折れてしまい、実行できなければ絵に描いた餅で終わります。考え方を明るく前向きに切り替える事が何より大事なのです。

たとえ、前向きになる根拠が全く無かったとしても「とりえあえず、何とかなるだろうから、やれるところまで踏ん張ってみよう」という気概が非常に重要なのです。

 

なぜそこまで気概が大事なのかと言いますと、再生に向けて動き出した後に響くからです。

そもそも、事業再生はスキーム通り事が運ばないなんてしょっちゅうです。何かしらイレギュラーな事態が起こりますし、その都度、対応に追われたりする事が殆どです。

そのため、「どれだけリカバリーできるか」という事にかかっていたりするのですが、気持ちの切り替えがきちんとできていないと、イレギュラーな事態が起こるたびに、「やっぱりダメかもしれない」と気持ちが折れてしまい、リカバリーしようとする気力が無くなってしまいがちです。

気持ちを明るく前向きに切り替え、イレギュラーな事があっても気にせず、「まあ、なんとかなるさ」と気楽に構えているのも非常に重要なのです。

「適当」とまでは言いませんが、厳しい局面だからこそ、楽観的に構え、何かあっても受け流せるぐらいの心構えでいれば、きっと良い結果を出せるのではないかなと思う次第です。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている