疑心暗鬼になっている方から相談を受けると話がループする事が多い。

昨日、3年ほど前にご相談依頼を頂いた方からご連絡をいただきました。今期の決算書が会計事務所から届いたので、スカイプで相談したいとの事でした。

昨日は都内に行かず、事務所で書類作成、電話ミーティングしか予定が無かったので、スカイプ相談を快諾しました。

スカイプをオンラインにすると、田中社長(仮名)の笑顔が画面いっぱいに出てきました。その後、経理の娘さんもカメラに写り、3人で軽く雑談をしました。元気そうな姿を見ると、こっちまで嬉しくなってしまいます。

 

今でこそ、こんなやり取りをしていますが、私がはじめて田中社長(仮名)にお会いした時は、もう、ビックリするぐらい疑心暗鬼の状態でした。

私が応接室で待っている時、壁を隔てた向こう側で、娘さんと田中社長(仮名)が言い合っていたのが印象深いです。

社長
てめーバカ野郎!勝手にコンサルタントなんて呼びやがって!この時期に、無駄な経費使いやがって!テメーが責任持って自腹で払えよ!
娘さん
お父さんが自分で答えを出せないから、専門家の人に来てもらったんでしょ。いいから早く名刺持って挨拶してよ!
社長
会社では社長と呼べって言ってるだろ!
娘さん
みんな営業に出てるから良いでしょ!とにかく、応接室に行って、挨拶して。

片道6時間近くかけて訪問し、着いた矢先にこんな感じですから、先が思いやられるなという感じでした。

 

疑心暗鬼になっている方とお話しすると話がループします

疑心暗鬼になっている方から相談を受けると、同じ会話内容が3~5回ほどループするケースが少なくありません。まるでレコードの針飛びみたいです。

私が田中社長(仮名)から相談を受けた時も、やはり、何度か同じ内容がループしていました。

ご相談内容は、

リスケ中だが、利払いも難しくなり、他に借りるあても無くなってきた。
支払いをストップしたいが、金融事故になると、担保に入れている自宅が競売にかけられてしまう。そのため支払いストップを躊躇している。

というケースです。

 

利払いも厳しい状態で無理して払うなら、全ストップして、守りたいものを優先順位をつけて守った方がこのケースだと良いですよ。

とご提案したら、ここから話がループしてしまいました。

 

社長
そんな事したら、大変なことになるじゃないですか!
ご心配されている大変な事とは、どのような事でしょうか。
社長
競売に掛けられたり、差押されたり、訴訟沙汰になりますよね。
競売になるかどうかは、まだ確定していませんし、交渉の余地はありますよ。今の時点であれば、任意売却の交渉や、買受先を探す時間も十分ありますよ。
社長
取引先の売掛金を差押されたらどうするんですか?そうなったらウチの会社が終わるじゃないですか!
売掛金が差押になるかどうかはまだ分かりません。金融機関が差押しないケースもあります。ご心配でしたら、今のうちに差押されない状態を作れば良いだけです。
社長
そんなに簡単に行くんですか?もし、訴訟沙汰になったら、この先やっていけなくなるじゃないですか。
そうですかね?私が今までお会いしてきた方は、訴訟になっても、今でも事業を続けてますよ。気持ちの問題だと思うのですが。
社長
とにかく、大変な事になるだろ
今のお話以外に、懸念されている事が他に何かありますでしょうか。
社長
競売に掛けられたり、差押されたり・・・

・・以下、ループします。

 

一応、懸念している部分は全て払拭するように説明するのですが、何度説明しても同じ事を聞いてくる方もいらっしゃいます。

経験した事の無い、先の分からない恐怖が起因していると思うのですが、何回説明しても、同じ事を聞かれるケースがあります。

 

田中社長(仮名)とお会いした時は、最終的に、他に手は無いという事で、ご提案した方向性に進む他無いという事で、しぶしぶ承諾はしましたが、やはり、帰り際もめちゃくちゃ怪しんでいました。

こんなやりとりがあっても、今では笑顔で明るく元気に接してくれるのですから、まあ不思議なものです。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている