借りても借りなくても結論は同じなら、借りれるだけ借りた方が良い

先日、ある会社の社長さんと経理の方からご相談を受けた時の事です。

昨年から資金繰りが悪化し、このままでは2ヶ月後にショートしてしまう。あと1年延命させるために資金を調達するか、これ以上傷口を広げないために、事業継続を断念し、清算するか悩んでいる。

社長はもうあと1年、事業を続けたい気持ちはあるが、経理が「止めた方が良い」と止めている。銀行に相談すれば恐らく貸してくれるだろうが、はたして、借りて良いものなのか・・・

というご相談内容です。

負債が増えるから借りない方が良いはホント?

普段、こういった相談を受けたら、私はいつも「借りれるうちに借りた方が良いですよ。借りるのは難しいけど、返すのは簡単ですから」と伝えます。理由を伝えるとすぐに納得してくれるのですが、今回は状況が違い、経理の方から次のように言われてしまいました。

「今の状況で借り入れを起こしたら、借金がどんどん増えてしまいます。これ以上、社長の負担(負債)を増やしたくないんです!」

創業当初から社長の右腕として経理畑を歩んでこられ、長年、銀行融資なども担当しています。資金繰り表や試算表も経理の方が作成してますから、会社の資金繰り状況は経理の方がキッチリ管理されてます。

そのため、経理の方の考えでは「これ以上金を借りても今の現状では返済能力が無い為、借りても意味が無い。金を借りて負債が増えるなら、これ以上負債が増える前に会社を整理した方が良い」というのです。

まあ、確かに、教科書通りに言えば、正論なのかもしれませんが、大変申し訳ないですが、実務上、あまり意味をなさない考え方だと思っています。

もちろん、経理の方は社長の今後の事を真剣に考えた結果、こういった事を社長に伝えている訳なのですが、私のような仕事をしている立場からしたら、「申し訳ないですが、結果は一緒ですよ」としか言いようがなくなってしまうのです。

 

借りた場合と借りない場合の状況を比較してみる

今事業を清算しても負債は残る。延命のために、目一杯借りて倒産しても結局負債が残る。という事は、結果は一緒なんです。

分かりやすくお話しするために、

  1. 今の時点で会社を清算した場合
  2. 追加融資を受けて延命を図った場合

両方の面からお話ししていきますね。

1. 今の時点で清算した場合。

この会社のバランスシートを見ると、時価資産がおよそ3,000万円(土地・建物)、負債総額が5,000万円です(資本金とかは省略してます)。この時点ですでに2,000万円の債務超過状態です。

この現状で、会社を整理するとなると、3,000万円の資産を換価処分し、既存債務の返済に充当する事になります。

そうなると、
5,000万円-3,000万円=2,000万円
となり、最終的には2,000万円の負債が残る事になります。
※実際は競売などで換価処分されますから、3,000万円下回る事になると思います。

いま会社を辞めれば2,000万円の負債が残る。という事がまず1点です。

2. 追加融資を受けて延命を図った場合

銀行から1,000万円の追加融資を受け、あと1年、営業を頑張ったとします。業績が回復すれば良いですが、先の事は分かりませんから、ダメになった時の事を考えます。

1,000万円借りて返せなくなってしまったら、負債総額が6,000万円になってしまいます。

そうなると、そこで会社を清算した場合、
6,000万円-3,000万円=3,000万円
という事になり、負債総額は3,000万円になってします。

早く決断していれば2,000万円の負債で済むところが、1年間延命させるために借りた1,000万円のおかげで、負債総額は3,000万円となってしまったのです。

以上の事から、この会社の経理の方は、「負債が1,000万円も増えると大変な事になるから、借りない方が良い」というのです。

 

「返せない」という点においては結論は同じ

さて、前述の開設を読んで、あなたはどのように思われましたでしょうか。私のブログをいつも読んでくれている勘の鋭いあなたなら、「借りても借りなくても別に一緒だから、借りた方が良いでしょ」と感じた事だと思います。

そうなんです。結論は一緒なんです。

2,000万円の負債も、
3,000万円の負債も、

「返せなくなった」という点において、状況は一緒なんです。

今回ご相談を受けた社長さんは年金を受け取っている訳ですが、仮に今、会社を清算したとしたら、生活原資が年金オンリーとなってしまいます。仕事を失い、年金暮らしになってしまう方が2,000万円の負債を返す事など、はたして可能なのでしょうか?

よほどのバイタリティが無いと、非常に難しいと思います。

毎月1万円返せるか、返せないか…、そんな状況になるかもしれません。という事は、2,000万円の負債が残っても結局は返せないんです。

社長には年金が入ってくるので生活は普通にできると思います。家もありますし、奥さん名義の別荘などもありますから、生きていくのに申し分は無いと思います。2,000万円の負債を抱えたからといって、失うものは事業だけで、それ以上、失うものなど何もありません。

では、会社を継続という決断をし、追加で1,000万円借りて、最終的に返せなくなりました。そうなった場合の、社長の未来は変わるのでしょうか?借りずに辞めた時と比較して、借金の苦労が増えるのでしょうか?

実は、そんな事は全く無く、結局は答えが全く同じなんです。

まとめ《返済能力を喪失した時点で、同じ結論にたどり着く》

3,000万円返せなくなったからといっても、年金で普通に生活できますし、奥さん名義の別荘で生活もできます。返せない負債を抱える事になりますが、生活は全く変わりません。

そもそも、返済能力が無くなった時点で、
2,000万円の負債を抱えようが、
3,000万円の負債を抱えようが、
一生かけても返す事が不可能という点においては、全く同じ結論に辿り着くんですよね。

ですから、私はいつも、「借りれるうちに、できるだけ借りた方が良いですよ。借りるのは難しいですけど、返し方を調整するのは簡単なのですから」と言っているのです。

経理の方にどこまで伝わったのか未知数ではありますが、経営者の方は「確かに、返せない時点で状況は一緒だ!」と伝わっていたので良しとしておきます。

「この先どうなるのか?」という部分を押さえているのと押さえていないのでは、精神状態が異なると思います。この先どうなるのか?という事を押さえていれば、先の見えない恐怖が払拭されますし、押さえていなければ、先の見えない恐怖に支配され、冷静な判断ができなくなる事もあります。

正しい知識を身に付け、冷静に対処すれば、大抵のことは乗り切れると思います。今後、負債が増えても気にしないように日頃からキチンとした知識を押さえておき、冷静に対処しなければなりませんね。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りノウハウやメールセミナー、今まで執筆した原稿、ブログのコメント欄に書き込まれた質問等々、期間限定で全て無料でプレゼントします。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている