資金繰りが厳しくなると、急に脇が甘くなる方が少なくない件

業績が好調な時は、何事にも慎重で、細部まで目を光らせていたような方でも、資金繰りが厳しくなると、急に脇が甘くなる方がいます。特に、資金調達絡みの話になると、何事にも慎重だった方が、急に甘くなるケースが少なくありません。

よくあるケースは、〇百万まで即日融資という怪しいキャッチコピーが書かれたFAXやDMに食いついてしまい、闇金にコロッと嵌められ、毎月ありえない額の金利を払う羽目になったり、

怪しい金融ブローカーに
「某議員と知り合いだ。その方の口利きがあれば、〇銀行から〇千万調達できる」
「M銀行の頭取とは昵懇だから、私が口を利けば、すぐに決済が下りる」
なんて、使い古されたようなしょうもないセリフを盲信してしまい、大切な運転資金の中から着手金を何百万も払ってしまい、1円も調達できず、そのままドロン・・・

という話は、よくある話です。

 

資金繰りが厳しい時こそ普段よりも脇を固める必要があります

落ち着いて考えれば分かると思いますが、財務内容が悪化し、資金繰りが厳しくなってきている状態で、
「無担保で貸します」
「私が口を利けば、銀行から資金調達できます」
なんてことは、普通であれば考えられません。

そんなウマい話なんて、どこにもある訳ないのですが、資金繰りが厳しい時は、つい、こういう言葉にクラっときてしまい、最終的に騙されてしまう。というケースが後を絶ちません。

 

最近でも、「実は、数年前に騙されまして・・」と告白してくれる方とか結構います。

また、数年前にご相談を受けた方に、久しぶりにお会いしてみると「実は、こういう業者に騙されまして・・〇〇っていうコンサル会社知ってますか?訴えたらお金を取り戻せますか?」とか聞かれたりする事もしばしばです。

傍から見ていて本当に気の毒になります。

 

こうしたトラブルに巻き込まれないよう、いかなる局面においても、しっかりと脇を締めて下さい。資金繰りが厳しくなってきたら、なおさらです。

財務内容が悪化しているにもかかわらず、簡単にカネが引っ張れるような話をしてこようものなら、眉に唾をつけ、徹底的に勘ぐって下さい。

1に勘ぐり
2に勘ぐり、
3、4も勘ぐり
5に話半分。
(いや、話3分の1ぐらいかな)

これぐらい徹底的に勘ぐった方がよいです。

ちょっとでもスキを見せようものなら、食い物にされてしまいますからね。

 

ちなみに、ご存知かもしれませんが、食い物にされた方の情報は、(いわゆるカモ情報)仲間内で共有されるケースが多いです。闇金であれば、グループ間で共有されていたり、業界の仲間(先輩後輩関係とか)で共有されていたりします。

怪しい金融ブローカーのケースですと、詐欺師仲間同士で共有しているケースが少なくありません。

例えば、「以前、資金調達絡みで〇百万仕上げた奴がいるんだけど、そいつまだ余力があるんだよね。違うネタでまだまだ取れるよ。」なんて話を仲間内でしてたりします。

腹立ちますよね。

詐欺師からしたら、騙されやすい経営者情報はお宝情報ですから、一度騙されると、後から詐欺師がポコポコ湧いて出てきます。

こんなしょうもないことでこれ以上、大切な運転資金を減らす訳にはいきませんから、甘い話には飛びつかないよう、本当に気を付けてくださいね。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている