会社を食い物にしている社員の存在に気づいたら、ガッチリお灸を据えた方がイイです。

この仕事をしていると、社内の不正に関する話をよく聞きます。

例えば、こんなケースです。

  • 社員による経費の水増し請求
  • 社員が取引先と結託して、マージン抜いている
  • レジ係が金をちょろまかしている
  • 社員が商品・製品を横流ししている
  • 社員が顧客リストを盗んでる
  • 社長の了承を得ず、役員が車のリースを組んだ(営業車という名目だが完全に自家用)
  • 開店前に侵入し、レジの金を根こそぎ盗っていった
  • 借りる必要が無いにも関わらず、独断で銀行から融資を受けた。

などなど、

社長が苦労して必死に金策に走っているなか、何の苦労もせずに、のんびりと、そして楽しみながら、会社の金を懐に入れ、夜な夜な繁華街に出て、綺麗さっぱり使ってしまう奴がいるんです。

腹立つでしょ。マジで。

 

こんな奴を見つけたら、言い逃れできないよう、水面下でガッチリ証拠を集め、刑事罰を与えてやらないといけない!と、個人的に思っているんですけど、たまに、「まあ、仕方が無い」と許してしまう経営者の方がいます。

「金を抜かれるという事は、そこに気づかなかった自分が悪い」

「そういう事をされないようなシステムを作らなかった自分が悪い。」

なんて、自分を責めて、相手に何の処罰も与えない方がいるんです。(金だけ返してもらっているケースはよく見ます。)

 

また、

「長年、ウチで働いてくれて、相手の家族も知ってるから、あまり大事にしたくないんです。」

「警察沙汰にしたら、相手の子供が・・・」

という温情のある意見も聞きますが、正直言って、生温いです。

 

こういう奴は、痛い目に遭わないと、他でも同じことをしますから、ここで辛い思いをさせないと、他所にいっても同じことをするんです。

今、見逃して、他所で同じことをする可能性があるのであれば、今通報してしまい、一度懲らしめた方が良いと思うんですよね。個人的に。

 

こういう事を放置すると、周りにも示しがつかないですから、不正に勘付いたら悪い芽は摘んだ方が良いです。

警察沙汰にするのも可哀想だ・・・
なんて温い事言ってると、「あの会社は美味しい」なんて噂が立ち、しょうもない奴が潜り込んできて、最終的に潰された。なんてマンガみたいな話は数えきれ無いほどありますからね。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている