リスケジュール中の融資を可能にした保証制度「経営改善サポート保証」

すでにご存知だと思いますが、

銀行融資の返済を、リスケジュールをしてしまうと、それ以降の新規融資は非常に難しくなってしまいます。約定弁済に戻し、返済の実績を作れば、また借りる事はできますが、リスケジュール状態のままだと新規融資は非常に難しいです。

リスケジュールしたら新規融資を受ける事が絶対にできないとまでは言いません。私が関与した先で、リスケジュール中に融資を実行されたケースが何件かありましたので、絶対にできない訳ではありません。

ただ、ハードルはかなり高いです。

 

私が今まで見てきたケースですと、

  • 受注が確定した際の融資
    大きな受注を貰ったが、運転資金が無い場合、売掛の入金があると同時に返済するという約束のもと、融資を実行する。
  • 増資後の融資
    資本金を増資する事により、債務超過が解消されたら短期で融資を実行する。

この2つのパターンが主だった方法でした。
※基本、いずれも短期融資です。

これ以外の方法でリスケジュール中に資金を調達するには、ノンバンクで売掛金担保融資(ABL)を検討する事になるのがほとんどです。

ただ、こちらは売上規模や業種によってNGが出たりするので、資金調達のハードルは低くありません。売掛金担保融資がNGとなると、後はスポンサー、縁故者、取引先の支援を取り付けるほか資金調達の手立てはありませんでした。

しかし、今年に入って、リスケジュール中でも保証協会の新規保証を受ける制度が創設される事により、資金調達の選択肢がまた一つ増える事になったのです。

 

リスケジュール中の融資実行を可能にする「経営改善サポート保証」

今年に入って「経営改善サポート保証」という保証制度が新たに創設されました。
参考リンク 千葉県信用保証協会

「経営改善サポート保証」は中小企業再生支援協議会(以下「再生協」。)で事業再生計画を策定した場合に、保証協会の別枠保証が最大で2億8千万円まで受ける事ができるという保証制度です。

この保証を受けるためには、再生協の指導や助言を受けて作成した事業再生計画が必要なので、再生協の2次対応に進まないと計画策定ができません。ですから、保証を受けるハードルは低くはありません。

しかし、リスケジュール中に業績回復の兆しが出てきた際、運転資金がどうしても必要となるシーンもあるかと思います。そのような時、この保証制度にチャレンジしてみるのも一つの選択肢だと思います。

「経営改善サポート保証」は保証協会の100%保証なので、金融機関も実行しやすいと思います。この保証さえ付けば、リスケジュールした企業も新規融資が受けやすくなります。

求償権消滅保証と同じぐらいかなりマイナーな制度ですが、今後、浸透して欲しいと思います!

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている