M&Aを考える際、時間をかけすぎると関係者から忘れ去られてしまう件

「このご時世、買収資金を何億も出す会社とかあるんですかね」

「中小企業のM&Aなんて、雑誌や書籍などでよく目にしますけど、買い手とかつくものなんですかね?」

事業再生の看板を見て、私に相談してくる方からよく言われる言葉です。

 

一方、別の会社の看板を見て、私に連絡してくる方の多くは、

「何か案件が来てませんか?」
「M&Aの予算が年間○億あるので、是非、案件を紹介して下さい。」
「○業の話があれば、すぐに教えて下さい。負債が多ければ事業譲渡で対応できるので、ウチに真っ先に紹介して下さい」

という話が来ます。

M&A仲介事業を始めた頃は、買いも売りも同じぐらいのバランスで話が来ていましたが、最近は買いニーズが多いです。

ウチだけが偏っているのかな?と思い、提携しているパートナーに聞いてみると、同じように「買いニーズが多く、売り案件が少ない」と言います。買いニーズは、企業のM&A担当者や提携パートナーから情報が入ってくるので、売り案件の発掘が今後の課題です。

 

悩んでいるうちに、話が無くなる事があります。

ある程度の規模の企業から事業再生のご相談を受けると、経営者の方から「いっその事、会社を売却しようか考えてます。」という話をされる事があります。

まあ、資金繰りが厳しくなってくると、この手の話はよく出てくるので、軽く聞き流す事がほとんどです。(実際、売る気なんて無いケースが多いため)

ですから、こういった話が出たら、目の前の資金繰り問題を解決するよう、話を切り替えるのですが、ご相談頂いた企業の内容と、私のところに来ている買い情報にマッチしているような場合、軽くですが、こちらから話を振ったりする事があります。

社長、実はですね、社名は言えませんが、ちょうど御社のような業種、年商規模を探している企業があります。本当に売る気があるのでしたら、打診してみる事も可能です。

もちろん、最初の段階では社名を伏せます。
概要だけ投げて、相手が興味を持ってきたら、秘密保持契約を締結して、情報開示する事になります。社長、いかがでしょうか。

社長
本当ですか、凄いタイミングですね。前向きに検討したいと思いますので、数日、お時間を下さい。すぐには決断できないので。
分かりました。決断するのにある程度の時間が必要だと思いますから、ひとまずお待ちします。

この時間を下さいというのが、かなりの曲者で、ここで時間をかけていると、話が流れたりすることになります。

時間を掛けて、ようやく「よし、決めた。決断しよう」となった際、買い手の興味が薄れてしまったり、すでに違う企業の買収を済ませ、「今期のM&A予算をすでに使ってしまったので、この案件は縁が無かったという事で。」と、話が無くなるケースは少なくありません。

長年育てた事業を手放すのに、熟考する気持ちも痛いほど理解できるのですが、時間を掛けていると、タイミングを逃してしまうのです。

 

3日待たせるだけで忘れ去られるケースも

極端な話ですが、3日待たせるだけで、「何の話でしたっけ?」と言われる事もあります。大手企業のM&A担当者ともなると、持ち込まれる案件の数が多いため、いろんな資料に目を通すわけです。

めちゃくちゃ魅力的な案件があれば、ある程度の期間は覚えていてくれますが、あまり時間をかけていると、「何の話でしたっけ?」という事になるのです。

先月の中旬に、同じようなお話をしましたが、時間をかけてしまうと、話が流れてしまいます。

悩んでいる間に売り時を逃し、売却のチャンスを逃してしまうケース

2013.09.14
これを読んでいるあなたが、もし、会社の売却を考えた際は、「時間をかけると忘れ去られる」という事を覚えておいた方がよいかと思います。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている