粉飾決算の入口は「ちょっとだけ」で始まり、バレる時はちょっとどころではないケースが殆ど

資金繰りに苦しんでいる企業の相談を受けていると、粉飾している会社をよく見かけます。軽い粉飾であれば笑って済む話ですが、稀に、笑えないレベルの粉飾をしている会社をみかけます(ほんとに稀にですよ)。

軽い粉飾って、どこまでのレベルが軽いと言えるの?と思う方もいらっしゃると思いますので、よく見かける軽い粉飾の例を出します。

最もよく見かける粉飾は、数十万円の赤字になってしまった時に、数万円・数十万円程度の黒字にしてみたりと、ホントに軽い粉飾です。粉飾という言葉自体、大袈裟かもしれませんね(粉飾している事には変わりありませんけどね)。決算が赤字だと銀行のウケが良くないからといって、ちょっとだけ黒字にしてしまう会社は結構多いです。

まあ、この程度なら可愛いもんですよね。

これぐらいの粉飾なら誰も何も言ってこないでしょうし、こんなに額が少ないと、粉飾を見抜く事すら困難です。このような軽いお化粧程度の粉飾は、見つけたところでなんとも思いませんが、稀に「ひどい粉飾」をしている会社を見かけます。

稀に見かけるひどい粉飾決算

本当にごく稀にですが、たまにひどい粉飾をみかけます。どれぐらいひどいのかというと、年商4~6億円弱の企業が、数千万円から、1~2億円ぐらいの粉飾をしている時があります。3億近く粉飾している会社もありました。

正直、開いた口が塞がりません。ここまでひどい粉飾をしている会社は、実質債務超過に陥っている事が多いです。

ここまでひどい粉飾をしてしまうと、正直、再生させるのはかなり厳しいです。厳しいというより、ちょっと無理かもしれません。正直言って、このレベルまで行き着いてしまうと、当然、再生どころの話では無くなってきます。

 

億単位の粉飾決算

一見すると、「なんでこんなひどい粉飾を銀行は見抜けないんだ」と思う方もいるでしょうが、実は、このようなひどい粉飾は数年かけて徐々に積みあがってしまったもので、粉飾を見抜くのがけっこう難しいのです。

しかし、いったい何故、こんな「ひどい粉飾」をやってしまうのでしょうか?最初から悪意を持って粉飾してしまったのでしょうか。

少なくとも、私が見てきた限りで言うと、粉飾をしていたからといって、全員が全員、悪い人という感じではありませんでした。粉飾をしている経営者を擁護する訳ではありませんが、直接お会いして「なぜ、粉飾したのですか?」と、粉飾の経緯を聞いていると、社員や家族思いで、仕事に対してとても真面目な方が多いのです。

真面目な人が、なぜ、こんな凄い粉飾をやってのけるのか?

億単位になると凄い粉飾ですよね。数十万円、100~200万円程度であれば可愛いものだと思いますが、数億円単位の粉飾ですから、数字だけ見たら、明らかに悪意を持って粉飾したかのように思えますが、実は、そこまで悪意がない事が多いのです。

始まりはほんとに些細なもので、ほとんどの方が「少しだけなら」と言って、粉飾に片足を突っ込んでしまうのです。

 

粉飾の始まりは「ちょっとだけ」

そもそもなぜ、経営者は「ちょっとだけ」と言って、粉飾に手を染めてしまうのでしょうか?それは、「銀行対策」という大義名分の下、ちょっとだけという軽い気持ちで、粉飾に手を染めてしまうのです。

経営が好調の時は利益が出ていますから、銀行に決算書の提出を求められた際にも、大手を振って自信満々に決算書を提出する事ができます。決算書は企業の通信簿と同じですから、数字がよければ、銀行のウケは抜群です。決算の内容が良ければ、銀行の方から「是非、借りて下さい」と営業も来るでしょうね。

でも、決算書が悪ければ、「この会社は先行き不透明だな…追加融資は危ない」と思われてしまう事になり、追加融資が出ない事すらあります。そのため、経営者の方は、赤字を出さないようにと頑張って仕事をしているのですが、外部要因の悪化などでどうしても赤字になってしまう事もあります。

世の中いい時もあれば悪い時もあります。たまたま赤字になる時もあるでしょうね。

計算してみたら、数十万円の赤字。赤字の額自体は大した事がないですが、赤字となると、銀行のウケが悪いため、「数十万円の赤字なら、少しぐらい数字を操作すれば黒字になるのでは」という軽いノリで、粉飾に手を染めてしまうパターンが多いのです。

ほんとに些細な事です。確かに金額が少なければ、そう考えるのも不思議ではないですよね。

  • 少しだけなら大丈夫
  • どうせ今期だけだから

こうした理由で粉飾をしてしまうケースが意外と少なくないのです。

 

粉飾決算の弊害

粉飾が常態化してくると、粉飾した決算書を本物と思い込んでしまい、経営改善が疎かになってしまいます。粉飾された決算書は、見栄えが凄く良い訳ですから、金融機関にバレなければ融資を受ける事ができます。

この「融資を受ける事ができる」と言うのがかなり曲者で、粉飾している企業は、本物の決算内容はとても悪いため、銀行から融資を受ける事などできません。しかし、粉飾して融資を受けてしまうと、「引っ張れたからなんとかなった」と安心してしまい、経営改善が後回しになってしまうのです。

そして、資金が底を尽きると、「前回も引っ張れたから、今回もなんとかなるだろ」と安易に考えてしまい、粉飾に粉飾を重ねた決算書を提出し、融資を受けてしまうのです。この後はこれの繰り返しです。バレるまで何度も何度も繰り返し、そうして、巨額の粉飾が積みあがっていく事になるのです。

きっかけは「ちょっとだけ」という安易な気持ちで粉飾したのでしょうが、その「ちょっとだけ」 の粉飾が、雪だるまのようにだんだん膨れ上がってしまい、最終的にとんでもない粉飾になってしまうのです。

また、弊害の一つに、税金がかかってしまうという事があげられます。赤字であれば課税されないのに、むりやり黒字にしてしまい結果的に課税される事になってしまう訳ですから、無駄なお金が出て行く事にもなります。

 

もし、銀行に粉飾がバレてしまったらいったいどうなる?

取引している銀行に粉飾がバレてしまったら、以下のような不利益を被る事になります。

  • 新規の融資は出ない
  • 融資回収の憂き目にあう
  • 事によっては損害賠償請求を食らってしまう(決算書を作った税理士に損害賠償請求される)
  • 有印私文書偽造で訴えられる
  • 詐欺罪として、刑事告訴される

これだけ見たら分かると思いますが、良い事は何一つありません。ですから、粉飾はやってはいけないのです。

 

そもそも、会社を再建するには、債権者の協力が必要不可欠です。一人でも多くの味方が欲しい時に、全員を敵に回してしまっては再生どころではありません。倒産するのは目に見えています。

  • あそこの会社は財務内容が良いから、融資を実行しよう。
  • あそこの会社は財務内容が良いから、取引枠を拡げても大丈夫だな。

と思ってくれた金融期間や取引先が、粉飾の事実を知ったらどう思うでしょうか?

あなたが逆の立場だったらどう思いますか?

「よく、こんな凄い粉飾をやってのけたもんだ、エライ!」と思いますか?多分、「騙しやがって!」と激昂するのではないですか?まともな方であれば普通は怒りますよね。明らかに故意に債権者を騙している訳ですから。

こんな事をする経営者に協力しようと思いますか?
応援してあげたいと思いますか?

思わないですよね。そう思ったあなた、それが普通です。誰だって、騙された相手を応援しようなどと思いません。という事は、あなたがいくら「経営再建に協力してください」と頼んでも誰も協力してくれないのは明白ですよね。

ウソップ級に嘘つきなんですから、何を言っても信用してくれません。こんな状態になったら、再生などできるわけがありません。倒産するのは目に見えています。ですから、粉飾は絶対にしてはいけないのです。

これを読んでいるあなたは、きっと粉飾をしてはいないでしょうが、仮に、もし、「ちょっとだけ」という程度で粉飾しているのであれば、今ならまだ間に合います。今期限りで止めるべきです。事態が大きくなってしまう前に「粉飾」と言う名の麻薬とは、縁を切るべきです。いや、絶対に縁を切って下さい。それがあなたのためです。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りノウハウやメールセミナー、今まで執筆した原稿、ブログのコメント欄に書き込まれた質問等々、期間限定で全て無料でプレゼントします。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている