記事の追加、過去記事のリライト等を継続して行うことにより、ようやく1万PVまで回復してきました

前回、ブログのアクセス数を公表してから5カ月経ちました。

ブログをテコ入れして1カ月程経過、全体的なアクセス数は2倍以上改善されました。

2017.12.05

あれから仕事が忙しくなったり(年末年始はお客様の対応に追われる)、新たなブログを作ったりして、この記事の執筆時点では29記事しか書く事ができませんでしたが、それでもPV(ページビュー)数は倍近く伸びました。

継続して取り組んだ施策

基本的には記事が少ないとアクセスは伸びないと思っているので、スキマ時間になんとか記事を書きました(と言っても5カ月で29記事しか書けませんでしたが…)

アクセスの多い記事のリライト

1週間単位でアクセスの多かった記事(上位10記事)を定期的にチェックし、加筆・修正を行いました。この施策の効果は、微増ではありますが効果はありました。

 

継続して取り組んだ結果

あれから微力ではありますが、継続した結果当初の目標どおり1万PVまで復活してきました。

Google Analyticsの画面全体をキャプチャすると規約違反になるので、グラフ部分のみ掲載しております。

【ユーザー数】
2017年11月の月間ユーザー数は1,783でしたが、2018年5月の月間ユーザー数は6,888に伸びました(3.9倍にアップ)。

【PV(ページビュー)数】
2017年11月の月間PV数は5,551でしたが、2018年5月の月間PV数は10,111に伸びました(1.8倍にアップ)。

 

アクセス数の伸びが遅かった理由

新たなブログを立ち上げたことで力が分散した

WordPressの講座を始めることになり、「WordPressに関する情報をブログで公開しよう」と考えた際、他の情報と混雑してしまうとユーザーが情報を探し難いと思ったので、新しくブログを立ち上げました。

https://create-express.net/

新しいブログの体裁を整えるため、記事を書いたり(執筆時点で25記事)、サービスの案内ページを作ったり、トップページ、サイドバー、フッターの体裁を整えたり、なんだかんだで結構時間がかかりました。

このエネルギーを今のブログに向けていれば、ある程度記事を追加できたと思うのですが、いかんせん力が分散してしまい、こちらのブログまでなかなか手が回りませんでした。
このブログだけに集中していればアクセスはさらに伸びたと思います。

メールマガジンの読者様に通知しなかった

メールマガジンの読者様に「新しい記事を書きました!」と告知すれば、もっと早く達成できたと思います。

メールマガジンにブログのリンクを張ると、大体100~150程度クリックされますので、月に10回でも配信すれば、1000~1500程度のアクセス流入が見込めます。そのうち1割ぐらいの方が他のページを見たりしますので、結構なPVが見込めます。

ただ、メールマガジンの読者様は「資金繰り・事業再生」という情報を得るために登録されてますから、「資金繰り・事業再生」と無関係な情報を何度も告知しても、メールマガジンを解除される可能性が上がるので、「資金繰り・事業再生」無関係な記事を書いた時は配信しませんでした。

 

まとめ「今後の目標」

当初の目標どおり月間5万PVを目標に、記事の追加・リライト、内部対策等を行い、さらに改善していこうと思います。

このブログの記事数は300ちょっとしか無いため、全体的なボリュームはまだまだ小さいです。5万PVを目指すために最低でも1,000記事ぐらいは書きたいところです。

ひとまず2~3日に1度ぐらいのペースで記事を書いていれば、半年後には400~450記事ぐらいになると思います。その時のアクセス数次第で、ペースを上げるかどうか考えます。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




はじめてのWordPressサイト作成講座:1日でできるサイト制作

初心者でも簡単にプロが作ったようなウェブサイトを作る事が出来ます。

この講座では1人1台パソコンを使用し、WordPressを使用したスマホ対応のウェブサイトを作成します。WordPressのシンプルな決まった型(デザインテーマ)を使用しますので、初心者の方でもプロが作ったようなウェブサイトを作る事ができます。




ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている