どれぐらい記事を書いて、どれぐらいのアクセスがあればブログで集客できるのか

ブログで集客を考えた際、

  • どれぐらい記事を書けば問い合わせが来るのだろうか?
  • どれぐらいアクセスがあれば、お客様を獲得できるのだろうか?

という事が気になると思います。

目標となる数値が分からない状態でブログを始めても、ブログを続けるモチベーションも湧かないですしね。

そこで今回は、どれぐらい記事を書いて、どれぐらいアクセスがあればブログで集客できるようになるのか解説していきます。

50記事前後あれば問い合わせが来るには来る

結論から言うと、50記事前後あれば問い合わせが来るようにはなります。ですから、これから始めようとしている方は、まずは50記事を目標に記事を書くと良いかと思います。

ちなみに、私がブログを始めた時も50記事ぐらい書いたところで問い合わせが来るようになりましたし、知り合いにレクチャーした時も大体50記事ぐらい書いたあたりで「ブログを見たという問い合わせが来ました!」という報告を受けましたので、ひとまず50記事ぐらいかけば何らかのレスポンスは見込めると思います。

とはいえ、50記事というのはあくまで最低限の数字ですので、ここからさらに問い合わせを増やしたいという事であれば、コツコツ記事を増やしていった方が良いです。

50記事程度書いたところでそこでストップしてしまうと、アクセスは徐々に逓減していきますので、一週間に一度でも良いので、記事を書いた方が良いです。

 

記事を増やせば問い合わせは増える

ブログは記事を書けば書くほどアクセス数が増えていきます。アクセスが増えるという事は、ブログを見てくれる人が増える訳ですから、アクセス数に比例してお問い合わせは増えます。見込み客の母数が大きくなればなるほどお問い合わせ数は増えていきます。

ですから、ブログを集客の軸に考えている方は、少しでもブログの記事を増やすよう、取り組んだ方が良いです。

 

単純に記事を増やせば良いという訳ではない

ブログでの集客を考える上で、覚えておいてもらいたい大事な事があります。それは、単純に50記事書いたからと言って、集客に繋げるのは難しいという事です。

なぜなら、内容の薄い記事や文字数の少ない記事をいくら増やしても、ブログのアクセス数はなかなか増えないからです。

なので、記事を書く時には適当に記事を増やすのではなく、一つの記事を全力で書くぐらいの勢いで書いた方が集客に繋げやすいです。

良質な記事を増やす事に集中する。

「記事数を増やすとアクセスが増えますよ」というアドバイスをすると、その言葉だけ受け取ってしまい、記事の質の事をあまり深く考えずに書いてしまう方がいますが、記事を書く時はある程度の文字数と、中身の濃い記事を書く事を意識しながら書いた方が良いです。

文字数は少なくとも1,500文字以上が目安です。

良質な記事を書くとアクセスが増えやすい

良質な記事を書いていると、ブックマークされたり、SNSでシェアされたりする確率が上がります。文字数が少なく、適当な内容だとブックマークされたりシェアされたりすることは期待できませんが、良質な記事を書いているとその確率は上がります。

また、良質な記事を書くと、ブログ執筆者のプロフィールをじっくり見てもらえたり、メールマガジンに登録してくれるというアクションを起こしてくれる確率が上がるので、やはり、良質なコンテンツを書く事を意識した方が良いです。

 

まとめ

ブログで集客を考えている方は、まずは50記事程度、記事を書いてみてはいかがでしょうか。

「1記事1,500文字以上」という条件で50記事をいきなり書きはじめるのはシンドイと思いますし、慣れないうちはなかなか書けないと思いますが、1日1記事書けば2カ月経たないうちに50記事達成できます。1日2記事書ければ3週間ちょっとで達成できます。

それに、書いた記事は無駄になる事はなく、今後の集客に生かす事が出来ますので、ブログ集客を安定させる上でも、コツコツ記事を書かれる事をお勧めします。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




はじめてのWordPressサイト作成講座:1日でできるサイト制作

初心者でも簡単にプロが作ったようなウェブサイトを作る事が出来ます。

この講座では1人1台パソコンを使用し、WordPressを使用したスマホ対応のウェブサイトを作成します。WordPressのシンプルな決まった型(デザインテーマ)を使用しますので、初心者の方でもプロが作ったようなウェブサイトを作る事ができます。




ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている