独立・起業後は雑務のマネジメントが必須 激増する雑務を処理する3つの選択肢

独立すると「いかに仕事を獲得するか」という事に集中しなければなりません。仕事が無いと食べていけないですから、当然の事です。

しかし、独立すると事務員でも雇わない限り、全ての事を一人でやる必要が出てきます。

売上を上げる事だけに集中したいのに、売上に結びつかない雑務が激増し、売上げるためにやらなければならない事に手が回らなくなってしまうのです。

 

仕事が全く無くても、雑務だけはたくさんある

例えば、仕事上、切手やはがきが必要な場合、自分でコンビニや郵便局に行って買ってくる必要があります。

他にも、日々、

  • 電話対応
  • 郵送
  • FAX送付
  • 荷物の発送・受取
  • 買い物
  • 申し込み
  • 予約
  • 資料の印刷
  • スキャン
  • 資料作成
  • 提案書作成
  • 契約書作成
  • 経理

等といった雑務をこなす必要が出てきます。

一つ一つの雑務はそこまで時間を消費しませんが、積み重なると結構時間を消費してしまいます。

その結果、時間が足りなくなり、売上を上げるために必要な事が少ししかできないという状態に陥るのです。独立したばかりの頃は、これでけっこうイライラしました。

 

激増する雑務を処理する3つの選択肢

激増する雑務を処理するには、大きく3つの選択肢があります。

人を雇う、若しくは外注化する

自分でやるから時間が無くなる訳ですから、人にやってもらえば自分の時間を確保できます。しかし、人を雇ったり外注さんいお願いすると、費用が発生します。

仕事が獲得できていれば良いですが、独立当初は資金的に厳しいので、現実的では無いと思いました。

効率化する

人を雇う資力が無い独立当初、最初に考えたのが雑務の効率化でした。日々の雑務を効率化できれば、営業活動に集中する時間が作れるので、最初は効率化する事を意識して仕事をしていました。

やめる(仕事そのもの減らす・無くす)

しかし、効率化といっても限界があり、仕事そのものを減らしたり無くした方が手っ取り早いと思いました。そこで、極力雑務をやらなくて済むよう、雑務自体を減らす工夫をしました。

電話をやめてメールに切り替えた

電話連絡をメインにすると、時間のコントロールが難しくなるので、電話を止めてメールに切り替えました。

電話は相手の都合でかかってきて、自分の時間に強制的に割り込んできますから、その都度対応していると集中力が度々途切れてしまいます。営業活動に専念するためにも、電話をやめてメールに切り替えました。

電話を止める事によって、

  • 営業電話の相手をしなくて済む
  • こちらから電話を掛けて相手が不在だった場合、折返してかけ直すという手間が無くなる
  • お問い合わせの回答も効率的に対応できる
  • メモを取る必要が無くなった

というメリットが生まれました。
もちろん、デメリットは全くありません。

ペーパーレスにした

紙ベースで書類を扱うと、印刷や郵送という手間が発生します。しかし、ペーパーレスであれば、メールで送るだけで済みます。

また、ペーパーレスであれば、書類を探すときもスピーディにできますし、場所も取らないというメリットがあります。

Dropbox等のデータ共有サービスを利用した

仕事上、ワード、エクセル、パワーポイント、スキャンデータ(PDF)を多用しますが、更新する度にメールで送っていたら非常に面倒です。また、何度もファイル送信をしていると、新しいファイルと古いファイルがごちゃごちゃしてしまい、確認するのも手間がかかります。

しかし、Dropbox等のファイル共有サービスであれば、フォルダにドラッグするだけで済みますので(相手にも通知されます)、非常に楽です。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りノウハウやメールセミナー、今まで執筆した原稿、ブログのコメント欄に書き込まれた質問等々、期間限定で全て無料でプレゼントします。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている