ハードルの高い目標でも、言い続けると実現に近づく

プロフィールの目標にも書いていますが、私の目標はファンドの組成・運用をする事です。

ちなみに、この目標はここ数年で思いついたのではなく、独立当初から考えていたことです。一部の親しい人や、妻には「ファンドをやりたい」とは言ってましたが、それ以外には言わないようにしてました。

なぜ、誰にも言わなかったのかというと、私が「ファンドをやりたい」と口にすると、批判されたり、否定的な事を言われまくったからです。

言い始めた当初、批判の嵐だった

恐らく、私が証券会社出身だったり、投資銀行、投資銀行部門のある金融機関出身とかであれば、批判されるような事は無かったと思うのですが、全くの未経験で「ファンドをやりたい」等と言っていた訳ですから、当然、周りに批判されます。

例えば、仲の良い知人・友人等と酒を飲みながら、お互いの将来を語り合う時、決まって「色々経験を積んだら、最終的にはファンドをやりたい」と口にしていました。仲の良い友人であれば「頑張れよ!」という気の利いた言葉ぐらいかけてくれても良いと思うのですが、そのような事はまずありませんでした。

帰ってくる言葉は決まって「ファンドとか無理に決まってんだろ!」、「証券会社とか投資銀行の経験も無いのにアホだろ」等、さんざん小ばかにされました。

まともに聞いてくれた友人はただ一人

私が「ファンドをやりたい」と口にする度、99%笑われてきましたが、そんな私の話をただ一人だけまともに聞いてくれた友人がいました。

その友人は4大監査法人に勤める公認会計士で、ファンドの実務に詳しく、会って話をする度に、ファンドに関する事をとても詳しく教えてくれました。帰り際になると、決まって「お前は諦めが悪いから、きっとできる!」と、すごく前向きに励ましてくれました。

独立してからは言わなくなった

コンサルタントとして独立した後は、批判していた友人・知人達の接点が殆ど無くなったので(公認会計士の友人一人を除いて)、将来の目標について話す機会は殆ど無くなりました。

独立して仕事が獲得できるようになると、お客様と食事に行ったり酒を飲む機会があるのですが、その際「瀬間さんは今後の目標とかあるんですか?」と聞かれる事がたまにありました。

その時は決まって「将来、自分でファンドをやりたいんですよ」と言ってたのですが、不思議とあまり良い反応を得られなかったので(後になって分かったのですが「資金繰りが厳しくなっている会社を安値買い叩くのでは?」と思われてしまったみたいです…)、聞かれても言わない方が良さそうだと判断し、しばらくの期間、聞かれても答えるのを止めました。

 

独立後、最初に賛同してくれたのはパートナーだった

数年間、将来の目標を聞かれても「ファンドをやりたい」と答えないようにしてきましたが、パートナーと酒を飲みに行った時に、将来何をやりたいのかという話になった時に酒の酔いも手伝い、ついうっかり「本当はファンドが目標なんですよ」と言ってしまったのです。

言ってしまってからすぐに「あ、うっかり口にしちゃった」と思ってしまったのですが、パートナーは笑顔で「良いじゃないですか!面白そう。是非頑張りましょうよ!」と賛同してくれたのです。

その場の雰囲気でそう言ってくれたのか、本心だったのかは分かりませんでしたが、このパートナーの一言で、「そもそも後ろめたく思う事など無いのだから、今後は聞かれたら胸を張って答えよう!」と思うようになりました。

 

証券会社出身の人に言ってから状況が変わった

それから1年ぐらい経った頃でしょうか。

元証券会社オーナー・経営者という経歴のHさんと知り合い、食事をする事になったのですが、その時、「瀬間さんはずっとコンサルタントとしてやっていくの、それとも、何かやりたい事とかあるの?」という質問をされました。

私はすぐに「将来ファンドをやってみたいです。でも、証券会社や投資銀行の経験は全く無いです。経験は無いですが何年かかっても実現させたいです」と、自分の思いを正直に伝えました。すると、その人は笑顔でこう答えてくれました。

  • いいじゃん、私もいくつかファンドを組成したけど、このビジネスは刺激的でとても面白いよ。
  • 投資対象、いわゆる案件があればファンドは作るのは難しくない。
  • 経験が無いと言うけど、経験者を引っ張ってこれば良いだけの話だから、深く考える必要は無いよ

等と、当時の私からしたら目から鱗が落ちるようなアドバイスを沢山頂きました。

また、アドバイスだけでなく、

  • ファンドを組成の際に使用した届け出に関する資料から
  • 当時の投資家向けのプレゼン資料(事業計画、資本政策、募集要項等)

など、貴重な資料を沢山頂きました。全て無償で。

ほかにも、「ファンドやりたいなら私の友人を紹介するよ」と言って下さり、

  • 現役でファンドの業務に就いている方、
  • 証券会社出身(投資銀行部門)の方、現役で証券会社(投資銀行部門)で働いている方
  • その方が証券会社をやっていた時の顧問弁護士
  • 監査法人のトップ

などなど、ファンドに関連する人脈をたくさん紹介頂きました。

何でこんなに良くしてくれるんだろ?と思うぐらい、無償で色々してくれました。
Hさんと出会ったことにより、ファンドを作るのは不可能ではないと思うようになりました。

さらなるプロフェッショナルから色々教えて頂けるようになった。

元証券会社オーナー・経営者のHさんと知り合った頃に、Hさんに勝るとも劣らないプロフェッショナルのMさんと知り合う事ができました。元証券会社オーナー・経営者のHさんが「M先生」と呼んでいるぐらいなので、とてつもなく詳しいです。Hさんはよく「M先生は半端ない」「M先生を敵に回すような事をしたら絶対にダメだ」と言ってるぐらいです。

Mさんは東証コンピュータシステムの顧問や上場企業の社長を経験していたという経歴もあり、ファンドだけでなくエクイティファイナンス(資本調達)にとてつもなく詳しいです。

MさんもHさん同様、すごく良くしてくれます。

実務に関するアドバイスや資料提供、現役の証券会社社長やファンドの社長を紹介してくれたりします。また、日々色々な情報を提供してくれたりします。本当にありがたいです。

 

言い続けたことにより、目標に一歩づつ近づいてます

今年の夏、元証券会社オーナー・経営者のHさんのお誘いを受け、一般社団法人日本サステナブル投資研究所という社団の理事に就任しました。

この社団で現在取り組んでいる内容は守秘義務の関係上、お伝えする事は出来ないのですが、ここでファンドを組成するために必要な全ての事を見させていただいているので、非常に貴重な経験をさせて頂いています。今後も、自分のファンドをやるために、諦めずに日々研鑽を重ねていきたいと思います。

あとがき

本当は元証券会社オーナー・経営者のHさんと、上場企業の社長経験のあるMさん実名を出したいのですが、出して良いかという確認を取らずに名前を出して、気を悪くされても嫌なので、OKを頂くまで、名前は伏せておきます(私と直接会った方には名前を出してます)。

こちらのページでは実名を出してます。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている