ブログを書くだけで集客は可能?ブログを書くだけで本当に顧客を獲得できる?

ブログ書くだけで本当に集客に繋がるのですか?といった類の事をよく聞かれますが、結論から言うと「ブログを書くだけで集客は可能」と断言できます。

かくいう私もブログをメインに仕事を獲得しており、なんだかんだで10年程食ってきている訳ですから、可能か不可能かで言えば、可能と言わざるを得ません。

極端な話、ブログさえあれば、チラシをばら撒かなくても、スパムFAX・スパムメールを送らなくても、営業代行・紹介会社を使わなくても、足を使ってセミナーや交流会などに行かなくても仕事が獲得できます。家や事務所から一歩も外に出なくても、実現できるのです。

実際、今ある人脈の殆どはブログがきっかけですから、ブログだけでも仕事は獲得できるんです(もちろん、並行してメルマガもやった方が良いのは言うまでもありません)。

ブログを書いていて得られたもの

毎日更新とかはさすがにしていませんでしたが、ターゲットを絞り、訪問者様に共感を得やすいような記事を書くことにより、下記3つを得る事ができました。

  • 本業のお客様
  • 経済誌及び本の執筆依頼
  • パートナー

お客様

ご相談依頼を頂く際、お客様から「ブログを見ました」、「メルマガを読んでます」と言われる場合が殆どです。会社のサイトがきっかけというお客様は、この10年のなかで数える程しかいません。ほとんどがブログ・メルマガ経由です。ブログを書いていなかったらと思うとゾッとします。恐らく、2年持たずに消えていたと思います。

メルマガのリスト集めも基本的にブログからの誘導が多いので、やはり、ブログが無いと安定的に集客をするのは難しいと感じます。

経済誌及び本の執筆依頼

ブログを見て連絡下さる出版社が何社かありました。これもブログをやっていなかったらお声がけ頂くことは無かったと思います。世の中、出版に関するノウハウ本が沢山ありますが、ブログを書いていれば出版の可能性は開けるのだなと思います。

2012年頃、商業出版のお話を頂いたことがあります。執筆依頼を受けて、3分の1ぐらいまで原稿を書いたのですが、執筆依頼を頂いた当時、別の会社の案件で掛かりきりになってしまった事もあり、筆が全く進まず、原稿を書き上げる事ができませんでした。

せっかくお声がけ頂いたのに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。今ならきっちり一冊分の原稿が書けると思います(今なら音声入力という便利な手段もとれますしね)。

パートナー

一緒に仕事をしているパートナーと知り合ったきっかけの殆どがブログです。こちらから連絡してお声がけする訳でもなく、どこかの交流会などで知り合ったという事もなく、ブログを読んでくださり、内容に共感して頂いて連絡を頂いた方ばかりです。

ですから、仕事をしていて揉めたり、ぶつかるような事は全くありません。議論する事は当然ありますが、基本的な方向性は同じなので、議論していてい「腑に落ちない」と感じる事は全くありません。

 

好意を持って会いに来てくれる

お会いする方全般的に言えることなのですが、ブログがきっかけでお会いしたいとお声がけ頂く場合、基本的な前提として、私に好意を持って会って下さるので、こちらとしても変に肩肘はる必要もなく、まるで旧知の間柄のように接して頂けると事がほとんどです。

また、こちらから自己紹介しなくてもお相手の方は私のプロフィールはもちろん、様々な記事を読んで下さっているので、わざわざ自己紹介する必要も全くありません。自己紹介したところで「ブログに書いてある事は殆ど知ってます」と返される事が殆どです。

 

場所を問わず集客できる

ブログを書いていれば、場所を問わず集客は可能です。私もいまでこそ上野にオフィスがありますが、独立・起業したのは群馬の下仁田という場所でした。

ねぎとこんにゃくで有名なところです(井森美幸さんが通っていた下仁田高校が真横にあります)。

衛星写真に切り替えたら分かると思いますが、本当に何もない町です。しかし、何もなくともブログがあれば集客はできるのです。このような場所でもブログを書いていれば日本中からご依頼を頂く事が出来るので、都会に住んでいる方が「ブログで集客等できない!」というのはあり得ないと思っています。

 

まとめ

以上、簡単ですが「ブログで集客は可能」という事を解説しました。

これからビジネスブログを始めようとしている方、ブログを始めたは良いが、更新が面倒になり、記事を書かなくなってしまった方、自社メディアを立ち上げようとしている方の参考になれば幸いです。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りノウハウやメールセミナー、今まで執筆した原稿、ブログのコメント欄に書き込まれた質問等々、期間限定で全て無料でプレゼントします。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。
平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている