セミナー告知&集客に使えるポータルサイト19選 無料・有料サイト

セミナーを開催しようと考えた際、「さて、どうやって集客しようか…」という悩みが出てくると思います。

そのような際に、セミナーポータルサイト、セミナー告知サイトに登録する事で、無料でセミナー集客ができるようになります。広告コストをかける前に、一通り登録される事をお勧めします。

最初に登録すると良い告知サイト

一番最初に登録するセミナーポータルサイトは、「セミナーズ」がお勧めです。

その理由は、セミナーズには募集告知のテンプレートがあるので、そこに募集の概要を穴埋めするだけで、簡単に募集ページを作成する事ができるからです。

いったんセミナーズで登録すると、他のサイトはコピペで簡単に登録できますので、最初はセミナーズに登録される事をお勧めします!

 

無料のセミナー告知サイト15選

セミナーズ


https://www.seminars.jp/

日本No.1セミナーポータルサイトと言われるだけあり、ビジネスパーソンをはじめ、勉強意欲や自己向上への意識の高い、多くの方が利用しているセミナーポータルサイトです。

セミナーズでは有料セミナーを開催する際、お客様に対して、【銀行振り込み】と【クレジットカード決済】の2つの決済方法に対応しています。

セミナー情報.com


https://www.seminarjyoho.com/

セミナー情報を登録してからサイトに掲載されるまで、審査期間が3日ほどかかりますが、サイト運営者が内容をきちんと審査しているので、参加されるお客様も安心してセミナーへ申し込みができます。

無料セミナー情報.COM


https://www.muryou-seminarjyoho.com/

セミナー情報.comの姉妹サイトで、参加費が無料のセミナーだけを掲載しているセミナーポータルサイトです。

セミナーネット


http://www.all-seminars.net/

セミナーネットは就活セミナーイベントと銘打ってますが、無料で掲載できるため、勉強会、就職イベント、ビジネスマッチング会、自己啓発、地域密着のイベント、スクール、研修、政治活動、講演会、パネルディスカッション、起業家交流会、投資セミナー等、様々なセミナーが登録されています。

セミナーバンク


http://seminarbank.net/

セミナー情報を登録してからサイトに掲載されるまで、審査期間が3~4日ほどかかります。

基本的に無料で掲載できますが、有料オプションでセミナーバンクのメールマガジンによる告知もできます。また、WizBizが共同運営しているため、WizBizのメールマガジンによる告知も有料オプションで選択する事もできます。

こくちーず


http://kokucheese.com/

こくちーずは会員登録をしなくてもセミナーの告知ができるため、単発でセミナー告知をする場合、こくちーずを利用すると良いと思います。

また、セミナー情報だけでなく、チャリティーイベント等の告知にも使用できるのが特徴です。

こくちーずpro(プロ)


http://www.kokuchpro.com/

こくちーずプロはこくちーずの機能アップバージョンとして提供されています。

具体的には、スマートフォンでのイベント管理、チケットの種類追加、出欠管理、クレジットカード決済、発表資料アップロード、アクセス解析、メール配信等、まさに、かゆいところに手が届く仕様となっています。

セミナーチャンネル


https://www.seminar-channel.net/

無料でセミナーの登録ができるのですが、無料利用には若干の制限があります。

具体的には、
①セミナーの登録の登録は、1カ月に1回のみ
②セミナー開催日の3週間前までに登録しなければならない(3週間を過ぎてから申し込むと、掲載不可となる)
という利用制限がありますので、1カ月に複数開催する場合は注意が必要です。

セミスタイル


http://semistyle.jp/

セミスタイルはセミナーだけでなく、スクールや通信講座等も登録することができます。

また、セミスタイルのサイトにはセミナー・スクール運営チェックリスト、入出金管理、売上レポート作成機能、セミナー参加者名簿の自動作成等といった便利な機能が付いています。

ビジネスセミナー探しの達人


http://www.good-seminar.com

講演会、勉強会、情報交換会等といった無料セミナーの告知ができます。

トップページにセミナーの掲載がされておらず、セミナー参加を検討している方は、カテゴリーや職種からセミナー情報を検索します。

フィデリ・ビジネスセミナー


http://seminar.fideli.com

日本最大級のビジネスポータルサイト「フィデリ」のセミナーポータルサイトに掲載できます。

セミナー情報を登録してからサイトに掲載されるまで、審査期間が3営業日かかります。

ATND(アテンド)


https://atnd.org/

ATND(アテンド)はセミナーだけでなく、勉強会や飲み会まで、様々なイベントを掲載する事ができます。

IT系のセミナーや勉強会が多く掲載されている傾向があります。

イベントカレンダー+ログ


https://event.atmarkit.co.jp/

IT・製造業・ビジネス関係の総合イベントポータルサイトです。

IT・製造業・ビジネス関係以外のイベントを登録すると、掲載されない場合がありますので、注意が必要です。

イベントフォース


http://eventforce.jp/

イベントフォースは、セミナーだけでなくイベントや交流会の情報の登録もできるセミナー検索サイト。

基本的に無料で掲載できるのですが、資産運用(投資・株式・FXなど)のセミナー・イベントは掲載料が発生しますので、注意が必要です。

ストリート・アカデミー


https://www.street-academy.com/

ストリート・アカデミー(ストアカ)は、エクセル、営業・セールス等といったビジネススキルから、ハンドメイド・クラフト・料理等といった趣味の習い事まで、個人が主催する教室や講座を1万件以上掲載する日本最大級の学びのマーケットです。

セミナーの告知より、講座が多く登録されていますが、セミナーも登録する事ができます。

個人と法人では登録の手続きが異なりますので、ご注意下さい。

 

有料のセミナー告知サイト4選

セミナー掲載が有料ではありますが、セミナーを告知できるサイトを4つご紹介します。

セミナーBiZ


https://www.seminar-biz.com/

有料サイトとしてご案内していますが、セミナー参加費が3,000円未満であれば、無料で掲載できます。

また、セミナー参加費が3,000円以上でも、新規登録後1ヶ月間は、有料会員の機能が無料で利用できるお試し期間なので、最初の1カ月は費用がかかりません。

ビジネスクラス・セミナー


https://www.bc-seminar.jp/

ビジネスクラス・セミナーは、経営者や人事教育担当者等といった、ビジネス・パーソン向けのセミナー・研修情報のポータルサイトです。

掲載されたセミナー情報は、ブランド力が高く、アクセス数も多い、提携している大手ビジネスサイト(マイナビニュース、オフィス24、毎日セミナー、税界ネット等)のセミナーコーナーで紹介されます。

ビジネスセミナーガイド


http://www.crosslink.co.jp/seminar/

ビジネスセミナーガイドはセミナーポータルサイトの中では最も知名度の高いサイトです。大手企業や有名講師のセミナーも多く掲載されています。

セミナーの掲載料は、開催地域によって料金が異なります。

【掲載料】
東京開催セミナー:4,000円(税別)
大阪開催セミナー:3,000円(税別)
その他のエリア開催:2,000円(税別)

 

MAINICHI セミナー情報


http://www.m-ag.co.jp/seminar/

MAINICHI セミナー情報は、毎月最初の1本までは、無料でセミナー情報を掲載することができます。2本目以降については、セミナー情報1本1週間あたり2,000円(税別)の掲載料がかかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

セミナー告知・集客の際に積極的に利用できるセミナーポータルサイトをご紹介しました。
最初にセミナーズで登録してしまえば、後はコピペするだけで登録できますので、できるだけ多くのサイトに登録し、セミナー集客の間口を広げておきましょう。

もちろん、全てのサイトに登録したからといって、必ずしも全てのサイトから登録があるとは限りません。当然、集客に繋がらないサイトも出てきますが、それは次の開催の際に外しておけば良いだけですので、まずは片っ端から登録してみる事をお勧めします。

この積み重ねが、後々集客につながっていく事だと思います。

気に入っていただけたらシェアお願いします。


初心者でもプロが作ったようなウェブサイトが作れます

WordPress(ワードプレス)を使う事で、初心者の方でもプロが作ったようなウェブサイトを作る事が出来ます。

パソコンが苦手でも、手順通り進めればウェブサイトを作れるよう解説しています。


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている