独立して、ウェブだけで集客するために取り組んだ8つのこと

10年前に独立した時、「集客はウェブ以外やらない」と決めてました。

独立した時に決めた10個の「やること・やらないこと」リスト

2017.11.01

今回は、私が「集客はウェブ以外やらない」と決めてから、実際に取り組んだ事を順を追って振り返っていきたいと思います。これからウェブで集客したいと考えている方の参考になれば幸いです。

ウェブだけで仕事を獲得するために取り組んだ8つのこと

1. まず最初に、ウェブサイトを作った

ウェブで集客しようと考えた時、真っ先に思いついたのが「独自ドメインのウェブサイトを作る事」でした。これからウェブで仕事を獲得しようと考えているのに、肝心のウェブサイトが無ければ話になりません。なので、最初はウェブサイトを作りました。

ちなみにこの当時、HTML、CSSといったウェブサイト作成の知識が全く無いところからのスタートだったので、当時妻が持ってた「ホームページビルダー」と「ホームページビルダーの使い方の本」を借りて、ウェブサイトを作成しました。

デザインを一から作る事が出来なかったので、「テンプレート 無料」等のキーワードで検索し、無料の会社向けのデザインのテンプレートをダウンロードして、本を読みながら作りました。当時は必死に作っていましたが、今振り返ってみると、サイトデザインが強烈にダサすぎて目も当てられません(テンプレート自体は悪くないのですが、私のカスタマイズがダサ過ぎたのでしょう)。「黒歴史」という言葉がぴったりです。

CMSを使うようになって、まあまあ見栄えするサイトを作れるようになった

3~4カ月ほどホームページビルダーを使ってサイトを作っていましたが、更新の手間が大きく、また、ページを増やすとリンク切れの問題も発生してきたため、「もっと便利なものは無いのか?システムで作れるような…」と思うようになりました。

楽に作る方法を色々と調べていたら、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を使えばホームページビルダーが無くてもウェブサイトの更新が出来るという事を知り、独学でCMSを導入しました。

ちなみに、初めて導入したCMSは「XOOPS(ズープス)」でした。その後、「Joomla!(ジュ―ムラ」や「WordPress(ワードプレス)」、「MODx(モッドエックス)」、「Soy CMS(ソイ・シーエムエス)」、「Movable Type(ムーバブルタイプ)」、「Drupal(ドル―パル)」、「concrete5(コンクリートファイブ)」など、手当たり次第色々試しました。

色々触った結果、「Joomla!(ジュ―ムラ」と「WordPress(ワードプレス)」に落ち着きました

2. ブログを作った

ウェブサイトを開設しただけでは非常にアクセスが乏しく、また、当時はホームページビルダーでウェブサイトの更新作業していたため、情報更新がとてつもなく面倒でした。この2つの問題をカバーするため、ブログをやる事にしました。

ブログを使えばワードのように簡単に文章が作成でき、更新作業の負担も大幅に軽減できるため、「これを使わない手は無い」と思い、ブログを使って情報発信しました。

ブログを更新するとアクセスが増えるので、少しづつ、ブログからウェブサイトにアクセスが流れるようになりました。本当に少しでしたけど…。ちなみに、当時使っていたブログはFC2とアメブロでした。

3. メールマガジンをはじめた

ウェブサイトとブログはいわゆる「待ちのメディア」であるため、これだけでは仕事を獲得するのは困難だと思いました。そこで、メールマガジンを始めるようになりました。

この当時、メルマガを書いている人の殆どが「まぐまぐ」と言うメールマガジン配信サービス兼ポータルサイトを利用していたため、私も真似してまぐまぐを使用しました。

しかし、「まぐまぐ」は読者登録があっても登録メールアドレスが執筆者(メールマガジン運営者)の手に渡らない仕組みとなっているため、もし万が一、まぐまぐにアカウント削除されようものなら、集客の術を失ってしまうという危機感を覚え、すぐに独自配信に切り替えました。

ただ、まぐまぐである程度の読者数を獲得したので、一応、今でもまぐまぐで配信はしています。

4. オリジナルの教材を作った

ブログ、メルマガ、ウェブサイトを運営して数ヶ月経ったころ、ウェブサイト経由で仕事が舞い込んできました。しかし、単発の仕事だったため、「これでは安定しない。もっと効率よく集客しなくてては…。」と日々試行錯誤していました。

そんなある日、メール配信システムを運営している方と知り合うきっかけがあり、その方から金言ともいえるアドバイスを頂き、「オリジナルの教材を作成して、ウェブで販売しよう」と決めました。

そのアドバイスの内容とは、
「教材を作って、教材の販売に特化したポータルサイトに登録すると、ポータルサイトに登録しているアフィリエイターと呼ばれる個人の広告代理店が、成果報酬で教材を売ってくれるから、広告費をかけなくても一気に広がりますよ」というものでした。

最初に聞いた時は、帰ってすぐやろうとまで思わなかったのですが、「当社のシステムを使って下さっているお客様で、「早漏防止マニュアル」という教材を販売している人がいます。その方は、教材を作って、販売ページとステップメールを作った後、ほったらかしで毎月80万~100万程安定して売っているんですよ。色んなものが売れるから、面白いですよね~。」という話を聞いて、気が変わりました。

この話を聞いた後、私は「家に帰ってすぐ確認して、自分も教材を作ろう!」となりました。

家に帰ってすぐ、早漏防止マニュアルの販売ページからステップメールを登録して、実際、どのような流れで販売するのか、そのサイトを研究しました。その後、気合で教材作成に取り組みました。

5. セールスレターページを作った

2カ月半ほどかけて教材を作ったのですが、教材だけ出来上がっても商品を販売するセールスページが無いと意味がありません。なので、教材が出来上がったと同時にセールスレターページを作る事に着手しました。

ホームページビルダーで一から作るのが面倒だったので、「セールスレター テンプレート 無料」というキーワードで探しまくりました。

セールスレターの文章は、参考書籍(ダン・ケネディの書籍)を見ながら、なんとか書くことできました(なかなか集中できなかったので、携帯の電源を切って、パソコンはワードしか開かなかいようにして集中して書きました。それでも3日ぐらいはかかりました。)

6. infotop、infocartに販売登録した

教材とランディングページが準備できたので、教材を販売するためにinfotop(インフォトップ)とinfocart(インフォカート)という情報商材ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に商品登録の申請を出しました。商品審査は3日前後かかったと思いますが、セールスレターを修正するよう指導をされ、販売開始まで1週間程かかりました。

販売開始から2週間ぐらい経った頃、聞いたことのない新聞社や下ネタメインの雑誌を出版している会社から「今なら特別に〇万円で広告が出せます!」等といった営業電話がかかって来ただけで、教材は売れませんでしたが、販売開始から3週間ぐらい経った頃、教材が1つ売れました。これにはちょっと驚きました。

教材を売るために3カ月費やして作っていたのに、いざ売れた時には、「えっ、売れたんだけど…どうしよ」という訳の分からない動揺がありました。

それから1週間ぐらい経った頃でしょうか、有名なアフィリエイター(超有名な方で、現在は香港に移住されてます。)さんがメルマガで紹介してくれたらしく、その日だけで5~6本売れて、数日後もちょこちょこ売れて、驚いた記憶があります。

7. ステップメールを作った

教材の審査をしてもらっている間、購入率を少しでも上げるためにステップメールの執筆に着手しました。

infotopやinfocartに商品掲載の審査をして貰っている間、商品が掲載されるまでに時間があったので、「ステップメールは最低でも7日分は作成しよう」と考えていたこともあり、いろいろ構成を考えながら、ステップメールを書きました。

ステップメールは教材販売のアドバイスをもらった際、「ステップメールを使うと、見込み客の教育から販売まで自動でできるから、必ず作成した方が良い」と言われていたため、「絶対作らないとダメだ」と思っていました。

8. スクイーズページを作った

教材販売をきっかけに、ブログ、メールマガジンの反応が増え、ウェブだけで仕事を獲得できるようになりました。ここからさらにメールマガジンの読者を増やすために、セールスレターのようなページを作って、メールアドレスを収集しようと思い、スクイーズページ(ランディングページとも呼ばれる)を作りました。

作ったばかりの頃はあまり登録がありませんでしたが、ブログやウェブサイトにリンクを張ったり、キャッチコピーやボディーコピーの構成を変えてみたり、リスティング広告を出したりして、登録が増えるようになりました。

 

ウェブ集客でやった事は基本的にこれだけ

独立してから今まで、ウェブ集客で取り組んだことは、基本的にこれだけです。この他に取り組んだ事は、プロダクトローンチぐらいです(売り方のベースは教材販売と大差無いかもしれません…。)。

その後にやった事と言えば、

  • ステップメールの数を少しづつ増やした。
  • ランディングページを修正した。
  • ウェブサイト・ブログのシステム変更、カスタマイズ

などといった、メンテナンスがメインです。

独立してから10年近く経ちますが、独立当初と今現在とでやっている事がほとんど変わらないので、この方法がウェブ集客の王道なのかなと思う次第です。

ちなみに今現在、「独立・起業しよう!」と思ったら、下記の順番で集客に取り組むと思います。順序が異なるだけで、やる事は殆ど変わりません)。

コーチ・コンサルビジネスで独立・起業する方必見。ウェブで顧客を獲得するための9ステップ集客とは

2017.11.08

あとがき

「教材を作ると良いですよ!」というアドバイスをくれた方というのは、メール配信システムを提供しているビズクリエイト社の渡辺社長です。ビズクリエイト社は「オートビズ」という配信サービスを提供しています。メール配信システムで有名です。

許可なく名前を出してしまいましたが、渡辺さんなら笑って許してくれると思います(笑)。もし何か言われたら高崎まで頭下げに行けばいいかな。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている