有料ブログと無料ブログ、ブログを始めるならどっちが良い?

ブログを始める際、「有料で始めた方が良いの?」それとも「無料で始めた方が良いの」という意見が結構あります。一概に、どちらが良いとは言えませんが、あえて言うなら、「目的によって異なる」という事になると思います。

ただ、「ビジネでブログを開設したい」と聞かれたら、私は断然有料ブログをお勧めします。それでは、私がなぜ、ビジネスで使うブログは有料ブログがオススメなのか、解説していきたいと思います。

 

無料ブログのメリット・デメリット

無料ブログとは、アメブロやFC2ブログ、はてな、ライブドアブログ、楽天ブログ、デコログなど、簡単にブログ投稿ができるサービスのことです。まずは無料ブログのメリットとデメリットについて紹介していきます。

無料ブログのメリット

  • 簡単、手軽に始められる
  • ブログサービス内でのアクセスが見込めるため、最初はアクセスを集めやすい
  • 初期費用、維持費等といったコストがかからない

無料ブログのデメリット

  • ブログを削除されることがある
  • デザインのカスタマイズが難しい(同じサービスを使っている人と似たようなデザインになってしまいがち)
  • ブログサービス撤退によるブログ喪失のリスク
  • 勝手に広告が入る
  • 検索結果に同じドメインが表示され難いという問題がある
  • ブログを引っ越しする際、引っ越し先にリダイレクトできない

 

有料ブログのメリット・デメリット

有料ブログとは、独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りてブログを作ったり、有料ブログサービスを利用することをいいます。有料なだけあり、無料ブログにはないメリットがあります。

有料ブログのメリット

  • 独自ドメインが使える
  • ブログを削除されるという事はまず起こらない
  • ブログを止めない限り、資産として残る
  • 後々、大きなアクセスを集めやすい
  • デザインを自由にカスタマイズできる
  • 広告を貼った場合、収入は全て自分のものになる

有料ブログのデメリット

  • ブログを維持するためのコストが発生する(ドメイン取得費、サーバー費用等)
  • 全く知識がないと運営が難しい
  • はじめたばかりの時は、アクセスを集めるのが難しい
  • システムアップデート、データベースのバックアップなど自分で行う必要がある。

 

有料ブログと無料ブログ、結局どっちが良いの?

有料ブログか無料ブログか選ぶポイントは、何のためにブログをやるかというところで分かれると思います。

ビジネス目的で使用するのであれば断然、有料ブログです。聞かれたら即答で有料ブログと回答します。ビジネス目的で無料ブログを使うのはありえないと、個人的には思っています。

理由は、削除されるリスクがある無料ブログを頑張って運営したところであまり意味がないからです。私も過去、2回ブログを削除されたことがあります。1回目はメールマガジンのフォームを設置したらブログを削除されました。2回目は規約変更の時期と被ってしまい、商用利用はNGということで、またまた削除されてしまいました。

一応、独自ドメインで自分のブログを運営していたため、大きな痛手はありませんでしたが、消えた時はさすがにショックを受けました。アメブロを使っていたのですが、1,000人以上の読者登録を集めたのですが、消えてしまいました。くじけずに、再度登録して、また読者登録を頑張って増やし、600人ちょっとまで増えたところで削除の憂き目にあいました。

いくら有料ブログがあるとはいえ、記事を再度コピーしたり、カスタマイズしたり、地道に読者登録を増やした時の手間がすべて水の泡となるのは、さすがに堪えます。ですから、無料ブログはお勧めできません。

結論

無料ブログ→ビジネスとはあまり関係ない日記ブログや、趣味で使う分には無料ブログがオススメ!
有料ブログ→ビジネス目的であれば断然有料ブログ!

以上の選択をしておけば、後々後悔するような事は無いと思います。

気に入っていただけたらシェアお願いします。


初心者でもプロが作ったようなウェブサイトが作れます

WordPress(ワードプレス)を使う事で、初心者の方でもプロが作ったようなウェブサイトを作る事が出来ます。

パソコンが苦手でも、手順通り進めればウェブサイトを作れるよう解説しています。


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている