督促状が鬼のように届いても大丈夫。いつかはその状況に慣れるから。

資金繰り

先日、長年付き合いのあるお客様との打ち合わせにいった時の事です。

打ち合わせも終わり、軽く雑談していたら、またこんなのが届いたと笑いながら、督促状を持って私に差し出してきました。

社長
社長

相変わらずこんなのが定期的に届きますけど、今ではすっかり気にならなくなりましたよ。

筆者
筆者

そりゃそうですよ!

2~3年経てば、気にならなくなりますよ。

社長
社長

あの時、瀬間さんに3か月経てば慣れると言われましたが、私は半年ぐらいかかりましたよ(笑)

筆者
筆者

う~ん、まあ、こういうのは人それぞれですからね…。

でも、気にならないようになって良かったですね!

この方が金融事故を起こしたのが今からおよそ2年半ぐらい前でしょうか。

法人の借入と同時に、個人の借入も返済不能に陥り、止むを得ず、借入の返済を全てストップしました。

 

今でこそ笑いながら話をしてますが、ストップする間際は、

  • 「ブラックになったら困る」
  • 「この先どうなるのか見当もつかない」
  • 「生きた心地がしない」

等とネガティブな事ばかり言ってました。

また、私も予め、「今後、内容証明や、督促状、訴状が何通も届きますけど、まあ、債権者の事務的な手続きですから、気にしないでも大丈夫ですよ。だいたい、3か月も経てば気にならなくなりますから。」とはレクチャーしていましたが、会う度に表情は暗く、いつもどんよりした雰囲気を漂わせていました。

この当時、内容証明や督促状が届くたびに、胃がキリキリするとか、言ってました。

 

しかし、ここ1年ぐらいの様子を見る限り、困っている様子は特になく、一度は手放した車も、昨年奥さんの名義で自動車ローンを組んで、乗り回しています。

社長
社長

最近、いろんな会合に出たりするので、付き合いの酒ばかり飲まされ、ちょっと体が怠いんですよ。

なんて調子です。

あの、どんよりしていた方と同一人物だなんて、全く思えないです。

 

支払いストップ実行の時は、私に何度も何度も電話かけてきたり、鬼のようにメールをたくさん送ってきましたが、最近は全くそういう事はありません。ようやく、ただのDMという事を認識したようです。

以前は、差押えとか、家に来られたらどうしたらよいのか・・という心配をされていましたが、いまでは、中を見ずにゴミ箱行きです。

ブラックだからといって、今までの生活とあまり変化が無いと、気にならないもんですね。まあ、変に塞ぎ込まれるより、元気になってくれた方が私も嬉しいですけどね。

 

資金繰りの問題は、精神的にめちゃくちゃ苦しい時もあると思いますが、出口が無い問題ではありませんから、「今はキツイけどそのうちなんとかなる。」とでも思っていた方が気楽かもしれませんね。

一応、参考資料として、サービサーなどの資料を公開いたします。
※くしゃくしゃなのがありますが、これは、開封と同時に握り潰されてしましました・・

サービサーからの通知書

サービサーからの通知書

 

「捨てるんでしたら、私に下さい。重要な部分は伏せてネタにしますから」といったら、快く提供して下さいました。深謝していますm(_ _)m

法律事務所からの通知書

法律事務所からの通知書

「最終通告」「催告書」などといった物々しい通知が届いた時は、動揺せずに冷静に!
資金繰りが厳しくなり、金融機関や取引先の支払いをストップするようになると、様々な通知が会社に届く事になります。 この通知とは、葉書やFAXで「最終通告」等といった見出しが記載されたものだったり、封書で「内容証明」、「期限の利益喪失通知」、...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました