金融機関の支店長に「リスケジュールって何ですか?」と言われた話【実話】

このお話は2009年の秋頃、クライアント様のお手伝いで取引行へリスケジュールのお願いに回った時のお話です。

まだ、「中小企業金融円滑化法」という法律が出てくる以前のお話です。

ちなみに、「【銀行融資】リスケジュールで返済額を見直して資金繰り改善【基礎知識】」という記事でリスケジュールについて詳しく解説しています。参考にして下さい。

約定返済を続ける事は不可能なので、取引行にリスケジュールの依頼することに

2009年の夏ごろ、筆者のブログを読んで連絡して下さった企業がありました。

特定されない範囲内でクライアント企業の概要を記載すると次のとおりです。

  • 所在地:東北地方
  • 業種:小売業
  • 年商:10億円前後
  • 負債総額:4億5千万円前後
  • 取引金融機関:5行(メガバンク、第一地銀、第二地銀、信用金庫、日本政策金融公庫)

最盛期の年商は20億を超えていた時期もありましたが、同業他社との競争が激化し、売上は年を追うごとに下がってしまい、3年の間に売上は半分に落ちてしまいました。

売上が落ち続けている3年の間、メインバンクは折返しの融資に応じてくれていましたが2009年の夏、メインバンクから「折返しの融資は稟議に通らなかった」と言われ、融資を打ち切られてしまいました。

約定返済を続けていれば2カ月後に資金ショートは不可避

このまま約定返済を続けていれば、運転資金は2カ月で底をつき、資金ショートを起こして会社は倒産します。

ただ、元本返済さえ無くなれば資金繰りは何とかやりくりできるようになりますので、元本返済を猶予してもらうために、融資額の大きいところから順番に社長と一緒にリスケジュールの依頼に周りました。

現在と異なる2009年のリスケジュール環境

2009年のリスケジュール環境は、現在のように、

「リスケジュールして下さい!」
「分かりました」

という感じですんなり応諾してくれるほど簡単ではなく、依頼しても2~3回ぐらいは断られるような感じです(都心のメガバンクはそうでも無かったです)。

一応、最終的にはリスケジュールを応諾してくれるのですが、この頃は「とりあえず入り口で断られる」というケースが今現在と比較すると圧倒的に多かったのを覚えています。

取引金融機関にリスケジュールの依頼にまわった時のこと

借入残高の多い順にリスケジュールを依頼するために社長と共に銀行に訪問し、最後の5行目となる地元の信用金庫にリスケジュールのお願いに行ったところ、某県信用金庫の支店長から耳を疑うような事を聞かれました。

信金支店長
リスケジュールって何ですか?

条件変更なんてできるんですか?

はい?
いえ、あの…リスケジュール。つまり元本返済の猶予を頂きたく、相談に来たのですが…。
信金支店長
「リスケジュール」なんて聞いたことが無い。

本当にそんなことをしている金融機関があるのですか?

信用金庫以外はすでに口頭ベースではありますが、応諾頂いていたので、てっきり、すんなり応諾してくれて元本返済は猶予してくれるものだと社長と思っていたのですが、支店長のこの発言にはめちゃくちゃ衝撃を受け、数秒、思考停止しました。

社長はどう思っているのかと思い、ふと横を見たら、社長も目が点になってました。

 

信用金庫に訪問する前までは、他行からリスケジュールの応諾を頂いていたので、金融機関と揉めることなくスムーズにリスケジュールの応諾を頂く事ができたと、社長と楽観していたのですが、信用金庫に来たとたん、こんな事を言われたのですから、事情を知らないコチラとしては、「この支店長、めちゃくちゃ性格が悪いな」と思いました。

人が良さそうな顔をしてるけど、ワザとすっ呆けて、こちらを困らせてるんじゃないのか?と本気で思いました。

信用金庫の相談が終えた後、社長と二人で、「あの支店長、ぱっと見人がよさそうな顔をしてますけど、とんだタヌキですね。」なんて話をしながら帰ったのを覚えてます。

準メインであるメガバンクが疑惑の目を向ける

この出来事があってから、1ヵ月半ぐらい経った頃でしょうか。

信用金庫以外の金融機関はリスケジュールするとの足並みが揃ったにも関わらず、信金だけがいつまで経っても返事が無いので、メガバンクの担当者がかなりイラついた感じで、「現状を報告して欲しい」と私に聞いてきた事がありました。

 

メガ担当
信金さんの返事はどうなんですか?信金さん以外、プロラタ返済で納得しているのに、まさか、信金だけ約定で返済するつもりですか
いえ、それがですね、信金の支店長が、リスケジュールを知らないと言ってまして、「本部に確認をする」と言ったきり、一ヶ月近く返事がまだ来て無いのです。
メガ担当
は?そんなワケ無いでしょ。リスケジュールを知らない?
ええ、そうみたいです。ホントかどうか分かりませんが。
メガ担当
いやいや、そんな事あるわけ無いでしょ。
いえ、別に笑わそうとして言ってるんじゃないんです。マジ話ですよ。
メガ担当
その人は支店長なんでしょ?
そうです、支店長です。先日、名刺を頂きました。

メガバンクの担当者が全く信じてくれないので、支店長の名刺を見せました。

このやり取りを見ていた、担当者の部下の方も、

部下
マジっすか、あり得ないんですけど…。
と小さな声でボソッと言ってました。

担当者の部下の方が小さな声でつぶやいた後、メガバンクの担当者から、少々怒り気味の口調で次のように言われました。

メガ担当
いや、申し訳ないけど、行内でそんな話をしても誰も信じないし、本部に稟議の上げようが無いから、信金の支店長に直接話をさせて欲しい

 

社長と私も、こんな事でいちいち「ウソじゃないんですよ」と力説するのもアホらしかったので、メガバンクの担当者と相談し、“支店長を会社の様子見に来てもらい、その日に、メガバンクの担当者も時間をずらして訪問し、ワザとバッティングする”という作戦を立てました。

社長に信金の支店長にアポを取ってもらい、訪問スケジュールをメガバンクの担当者に教え、支店長が訪問する30分後にわざとらしく「様子見に来ました。」と訪問して、社長(私含む)信金支店長、メガバンク担当者の3社で話し合いができるようにしました。

作戦当日、支店長がやってきた

会社の様子見・打ち合わせを兼ねて、信金の支店長が訪問してきました。

結局、この日は具体的な回答を持ってこなかったのですが、支店長が帰ろうとした際、タイミングよく、メガバンクの担当者2名が訪問し、うまく同席させる事に成功しました。

名刺交換し、軽い雑談を済ませた後、すぐにリスケジュールの話を切り出しました。

メガ担当
いや~、そういえば、先日、社長から既存の借入金の返済方法について相談があると言われたので、当行まで足を運んでいただいたのですが、それが、条件変更のお話だったんですよ。

当行もこれ以上、融資の決済が下りないので、条件変更が妥当なのかなと検討している最中です。御行ではどうですか?

信金支店長
M銀行さんは本当に条件変更されるのですか?
メガ担当
ええ、実はすでに本部に稟議が通ってますので、当行はそのように致しますが、御行は?
信金支店長
いえ、私もこのような事が初めてで、本当にそのような事ができるのか、現在、本店に問い合わせているところなのです。
メガ担当
なるほど。そうなんですね。
信金支店長
明日、明後日ぐらいには本部から回答がくると思います。何分、当支店では初めての事なので、どのように対応したら良いのか分らないのです。
メガ担当
なるほど。そうですか。初めてでしたらそうなりますよね。
信金支店長
M銀行さんは応諾するんですよね。その旨、当行の本部に伝えても宜しいでしょうか。
メガ担当
ええ、決定事項ですし、全然構いませんよ。
信金支店長
ありがとうございます。すいません、そろそろ戻らなければならないので、これで失礼致します。
メガ担当
こちらこそ、お忙しい中引き留めてしまい、申し訳ありませんでした。

次ぎの訪問先があるのかどうか分りませんが、信金の支店長はそそくさと帰っていきました。

 

メガバンクの担当者の方々が、信金支店長が事務所から出て行ったのを確認すると、

メガ担当
あの人、本当に知らなそうだったな。
部下
ホント、そんな感じでしたね~。

と、話しながら帰って行きました。

今でこそ笑い話で済みますが、まだまだリスケジュールという言葉が今ほど浸透していない時に、こんな出来事があったのです。

 

おわりに

ちなみに、この話を金融機関の方や金融機関出身のコンサルタントの方にすると、全く信じてもらえません。

どんなに力説しても、「そんな人見たこと無いな」と一蹴されます。

でも、実話なんですよね…。