リスケジュールしても銀行は手形を割引いてくれる?割ってくれる場合もあれば断られる場合もある

  • リスケジュールしようと考えているけど、手形は今まで通りメイン行が割ってくれるかな?
  • 万が一手形が割れなくなると困るから、リスケジュールしないで約定通り返済しているけど、このままだと資金繰りがもたないよ。
  • メイン行に断られたら、サブ行が割ってくれるかな。ノンバンクの利用も検討しているけど、断られる事とかあるのかな。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

リスケジュールすると手形割引をメイン行に断られるケースが少なくない

今まで受取手形を割り引いてくれた銀行が、リスケジュールをきっかけに手形割引を謝絶してくるケースは少なくありません。「少なくない」と表現したのは、リスケジュールしても継続して割ってくれるケースも当然あるからです。

例えば、以下のような手形はリスケジュール後も継続して割ってくれる場合が多いです。

  • 大手企業の振出手形(与信が良い)
  • 手形振出人と受取人のメインバンクが同じ(与信状態をモニタリングできているので管理しやすい)

このような手形はリスケジュールをしても手形割引に応じてくれるケースが殆どですが、上記に当てはまらない場合、リスケジュールをきっかけに「リスケジュールしているのだから手形割引も難しくなる」と断られるケースが殆どです。

メインで断られてもサブ行が割ってくれる事がある

ただし、メイン行で断られたからといって、銀行で手形割引が全滅かというと、一概にそうとも言い切れません。サブ行に相談すると割引に応じてくれる場合があります。

ただし、メイン行より手数料の条件が悪化するか、あるいは、あまり金額が大きいと振出人の与信が良くても断られる事があるので、当てにし過ぎず、「とりあえず割れるかどうか相談してみよう」ぐらいに留めておいた方が断られた時のショックは小さいと思います。

 

銀行で手形が割れなければノンバンクの利用を検討

銀行で手形が割れなくなったら、ノンバンクの利用を検討することになります。銀行と比べて手数料は高くなりますが、全く割れず、現金化できないよりは、現金化して資金繰りに充てた方が資金繰りは楽になります。

新規で金額が大きいと割れない場合がある

ただし、ノンバンクの場合、新規の取引は警戒されますので、いきなり大きな金額を割ろうとすると難しい場合があります。

手形割引は基本的に振出人の与信が審査のメインになりますが、新規で手形割引を依頼する時は、どんなに手形の銘柄が良くても警戒されがちです。

例えば、額面が数十万程度で、振出人が大手企業であれば、新規でも殆ど警戒されませんが、額面が10百万円とかになると、いくら振出人が大手企業とはいえ、新規だと警戒されます。

ちなみにこの事は、手形割引を行っているノンバンクの担当者の方に直接聞いたことなので間違いないと思います。

ちなみにですが、仕事柄、「手形を割り引いてくれる金融機関を紹介して欲しい」というお問い合わせが少なく無いですが、クライアント様・会員様以外には紹介していません。その理由は以下の記事で解説しています。

「手形が割れないので、割ってくれる金融機関を紹介して欲しい」というお問い合わせは基本的に断ってます。

2015.05.29

 

手形割引を行っている企業はリスケジュールを依頼する前に対策が必要

手形を受取る度に毎回割引いている企業は、リスケジュールをする前に以下のような事前準備をしておくと、メインに断られても焦らなくて済みます。

  • 手形割引だけを行う銀行と取引しておく
  • 額面の小さい手形で良いので、ノンバンクで手形を割って取引実績を作っておく

銀行はもちろん、ノンバンクも急に持ち込むからこそ警戒されるのであって、数十万でもいいので何回か取引しておけば、そこまで警戒されません。

ですので、手形割引を行っている企業が「リスケジュールしないと近い将来資金繰りが回らなくなる可能性が高い」という事が判明したら、こうした準備をしておきましょう。

 

まとめ

以上、リスケジュールがきっかけで手形が割れなくなるという事について解説しました。

事前準備無しで手形割引をメイン行に謝絶されたら精神的に焦ると思いますが、リスケジュールの依頼をする前にサブ行やノンバンクなどの割引先を確保しておけば、メイン行に手形割引を断られても「他で割れるから別にいいや」と気持ちにゆとりが生まれます。

急に断られて焦らないためにも、事前に割引先を確保しておきましょう。

「約束手形」はメリットは少なくデメリットばかり。しかも、常に不渡りの影に怯える事になる。

2013.10.24

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りにお悩みの中小企業を多数お手伝いしてきた専門家がお伝えする、ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウを無料で公開しています。期間限定プレゼント付き。