リスケジュールがきっかけで、手形が割れなくなる事がある。

先日、「リスケジュールしたら手形が割れなくなり、困っている」というご連絡を頂きました。私がこの仕事を始めた頃に比べたら、手形取引はだんだん減ってきているような実感があります。

業暦の長い企業からご相談を頂く際、「以前、手形を切ってましたが、最近は全く使ってません。」
とか「手形でヒリヒリするのが嫌なので、少しずつ掛けでの取引に切り替え、今では100%掛での仕入れです。」

というお話はよく耳にしますが、まだまだ手形取引がメインとなっている業界はあります。

手形を受け取った側は、たいていの場合で割引く事になるのですが、決算書が悪かったり、リスケジュールが原因で手形が割れなくなる事があります。

 

リスケジュールがきっかけで、手形が割れなくなる事があります。

リスケジュールすると、今後、手形割引が絶対にできないという事はありませんが、リスケジュールがきっかけで、手形割引を断られる方もいます。

断られる割合は、今までご相談を受けてきた私の感覚でいえば、概ね半々ぐらいだと思います。

これに関しては非常に不確定要素が強いので、手形割引が常態化している企業がリスケジュールを行う際は、事前に手を打っておく必要があると思います。

 

手形が割れなくなった時の保険として、リスケジュールを考える前に、手形割引だけを行う銀行との取引を新たに作った方が良いです。手形割引専用の銀行を作っておけば、もし、仮に、リスケジュールをしなければ資金繰りがとうてい回らないという事態に陥ってしまった際、リスケジュールの影響をあまり受けなくて済みます。

手形割引専用の銀行に、他行の借入をリスケジュールしているという事を知られなければよいのですから。

 

それでもダメなら、ノンバンクがあります。

リスケジュールや決算がきっかけで手形取引が断られたという事の他にも、企業の与信と自社の手形割引の枠の関係で、銀行で割り引けない場合があります。

そのような場合はノンバンクに行ったほうが早いです。

ノンバンクであれば、取引先の与信をメインに割り引いてくれる可能性が銀行より高く、また、審査の時間も非常に早いです。ノンバンクに持ち込んだからといって、必ず割引く事ができるという訳ではありませんが、審査の速さを考えると、使い勝手は良いと思います。

気になる割引料も、そんなに高くない事が殆どです。ですから、銀行に相談しても割引が出来ない時は、ノンバンクに相談した方が早いと思います。

ただ、気をつけて頂きたいのですが、手形割引の大きな金額は現実的には難しく、1回の割引額は1000万円程度が殆どです。ですから、いきなり大きな金額を割引こうとしてもそれは非常に難しいという事を念頭に置いたほうが良いかと思います。

 

もし、取引行に割引を断られ、割引先をお探しでしたら、完全成功報酬で当社提携の金融機関をご紹介いたします。審査の際に、手形のコピーや取引実態を証明する資料(納品書・注文書)が必要となりますので、予めご了承下さい

後半、微妙に宣伝みたいになっちゃいました。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。
平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている