銀行融資を断られたらすぐにリスケジュールをお願いする

銀行から融資を受ける事が出来るのであれば、借りちゃった方が資金繰りは楽になりますから、借りた方がよいですが、融資を断られたら話は別です。

融資を断られたら速やかにリスケジュール(返済条件変更)の申請をして下さい。

融資を断られてしまったら、資金繰りが悪化してしまうのは明白ですから、現金の流出を最大限くい止めなければなりません。資金ショートを回避するために強い気持ちで支払いをストップして下さい。

金融機関への支払いがなくなったら、どれぐらい経営が楽になりますか?資金繰りはどれぐらい改善しますか?きっと今までよりも、とても楽になると思います。その間に経営を改善して、利益創出能力を高めなければなりません。

銀行はリスケジュールをしてくれるのか?

銀行から融資を受けた際、銀行と交わした契約書に実印を押している訳ですから、そこに書かれている条件を変更するのは、難しい事だと思い込んでいる人もいるかもしれません。

しかし、最近では金融庁の指導もあり、銀行はリスケジュール(返済条件変更)に対し、あまり抵抗する事なく応じてくれるようになりました。

数年前であれば、返済条件を変えようと交渉しようものなら「経営者失格」とばかりに罵られた事ですが、今ではそんな事はありません。銀行から「リスケジュールしましょう」と言ってくる事が多いぐらいです。ですから、新規の融資を断られたのであれば、速やかに支払いをストップした方が良いのです。

恐らく今までは、取引金融機関に融資を断られてしまったら、新規融資を申し込める銀行を探したのではないかと思いますが、今は真っ先に既存取引行にリスケジュールの交渉をした方が早いのです。

しかし「リスケジュールしないとマズイですよ。」と提案しても、なかなか動こうとしない経営者の方を見かけます。何かしら思うところがあるのでしょうが、経営危機に陥ってしまったら、基本的に「黙って様子を見る」という行動を取ってはいけません。

これは問題の先延ばしに過ぎず、日が経つにつれ問題は徐々に悪化してしまいます。ですから、常に先手を打ち、あらゆる場面を想定し、迅速に行動しなければなりません。

仮に黙ってやり過ごそうとしても、いずれは二者択一の決断を迫られる事になります。なぜなら、銀行に融資を受けて返済できなくなった場合、銀行が企業に対し選択する方法は2つしかないからです

  • 処理を考える
  • リスケジュールを応諾し、返済を猶予する

という2つです。これ以外の選択肢はありません。
この2つについて解説をしていきたいと思います。

処理を考える

銀行が処理を考えるというのはどのような状況が考えられるでしょうか?
簡単に言ってしまえば、今のうちに処理しなければ、この先回収できる可能性がさらに低くなってしまうからです。

「融資先企業の将来がまったく見えない」から、金融機関は迅速に回収を図ることになるのです。将来が見えないのですから、回収できるうちに、できるだけ回収してしまおうと考え、担保物件の処理、保証人への取立て、会社資産の差押えなどで回収を図ろうとしてきます。

保証協会の保証付き融資を受けていれば、代位弁済される事になってしまいます。

代位弁済されてしまえば、新規融資は絶望的となります。キャッシュフローで事業が回るのであれば問題ないかと思いますが、季節による仕入れ資金の変動が激しく、ある程度まとまった運転資金が必要な時は、非常に厳しいかと思います。

これはできるだけ回避しなければなりません、あなたが黙ってやり過ごそうと考えているのであれば、いずれ確実にこのような事になってしまいます。

リスケジュールを応諾し、返済を猶予する

銀行がリスケジュールを応諾するという事は、どのような場合でしょうか?先ほどの「処理」と違い、「今後回収できる可能性がある」ということになります。

つまり「融資先企業が今後、正常どおり返済してくれる可能性がある」という事になります。という事は、正常どおり返済する事ができるプランを練って説明すれば、金融機関は返済を待ってくれるという事になります。

今、処理をされないように、金融機関にリスケジュールを応諾してもらうためには、「将来返済可能なプラン」を金融機関に提示する事によって、処理を待ってもらうようにするのです。

この将来返済可能なプランは、口頭で伝えてもあまり意味がありません。しっかりと書面に記載して、金融機関へ提出し、そのプランを元に経営者であるあなたがしっかりと説明しなければなりません。

経営改善計画書を作成し、将来返済可能なプランを提示する

この書面とはいわゆる「経営改善計画書」になります。「経営改善計画書」「資金繰り表」「返済条件変更依頼書」の3つの書類を用意し、金融機関へリスケジュールを申し込みに行きます。

この書類は必ず作成した方が良いです。

金融検査マニュアル(別冊)では、リスケジュール応諾の際、「経営改善計画書」の提出が絶対条件ではなくなったと明記されていますが、用意したほうが得策です。

書類がなくても、暫定措置として、リスケジュールをとりあえず応諾してくれる事がありますが、後々提出を求められることになりますので、金融機関の支援を受けやすくするためにも、作成したほうがよろしいかと思います。

リスケジュールで気をつける事

銀行とのリスケジュール交渉の際、気を付けてもらいたい事があります。気をつけると言うより、やってはいけない事だと思いますから、きちんと覚えておいて下さい。

  • 嘘はつかない
  • できる事と、できない事をハッキリと伝える

という2点です、順を追って説明していきますね

嘘はつかない

今まで決算対策という名目で、少し数字をいじっていた事があるかもしれません。粉飾とまではいかないかもしれませんが、軽いお化粧程度の操作はどこの会社でも見かけます。

例えば、何年も前にひっかかってしまった売掛金をそのまま計上していたり、在庫を若干多めに計上している企業はよく見かけます。そして、銀行から融資を受ける際、修正をしていなければ、そういった決算書を提出していると思います。

しかし、リスケジュール交渉の際に、これらを全て説明しなければならなくなります。

なぜ、資金が枯渇したのか、銀行から説明を求められますから、決算書や資金繰り表を基に説明する事になります。正直にどこが粉飾であったのかを思い出して、現状の実態を反映した決算書に作り直しましょう。

なぜ、実態を反映した決算書を提出するの?

リスケジュールの交渉をしている時に、粉飾して利益を出している決算書を見せても意味がありません。

銀行からしたら、「利益が出ているのに、なぜ、こんなに資金繰りが苦しいのか?」と、つじつまが合わなくなるからです。ですから、現状をきちんと報告する必要があるのです。

また、後々嘘がばれてしまったら、リスケジュールの交渉を打ち切られてしまいかねません(実際、こういう事は起こります)。ですから、銀行に対して嘘は付かない方が良いのです。

できる事とできない事をハッキリ伝える

金融機関や地域によって、まちまちですが、銀行にリスケジュールをお願いすると、リスケジュール応諾の条件として金利アップの要求、若しくは追加担保の要請をしてくる事があります。

この時、「借りたお金をきちんと返済できないのは、こちらが悪い」と思いこんでしまい、不利な条件をその場で呑んでしまう方が少なくありません。

確かに、道義上、そうなのかもしりませんが、銀行はボランティアであなたの会社にお金を貸し付けている訳ではありません。貸したお金に対して利息を取る、ビジネスであなたの会社に貸し付けているのです。

ですから、必要以上に卑屈になる必要はありませんし、「こちらが弱い立場だ」なんて思う事もありません。こちらに不利な条件を提示されても、安易に応諾しないで下さい。

できない事はハッキリと「できません!」という事も必要です。

それに、このように思いこんでしまうと、「約束を破ったこちらが悪いのだから、銀行の提示する条件の全てを飲まなくてはいけない」等と、錯覚してしまいかねません。(実際、このように考える方が非常に多いです)

そのように錯覚した状態で銀行と付き合っていたら、悪条件をそのまま受け入れかねませんし、仮に受け入れてしまったら、確実に後悔する事になります。あなたが銀行に対し、低姿勢で話をするのはとても良い事だと思いますが、卑屈になる必要はありません。

さきほど言ったように、銀行はお金を貸して利息で儲けるのがビジネスですから、条件変更を一方的に飲むことができないと言っているに過ぎません。リスケの交渉が決裂して、逆に、会社がヘソを曲げて、1円も返済しないとなったら、銀行も困るのです。

あくまで、会社と銀行はビジネスでは対等の立場であり、その中で条件を変更する交渉を行なっていることを忘れないで下さい

リスケジュールをすると今後融資を受ける事ができなくなる?

リスケジュールを行うと、基本的に、リスケジュールを行った金融機関からの融資はNGとなります。

ただ、ここで勘違いしてもらいたくないのは、「今後、一生融資を受けられなくなる」訳ではなく、「リスケジュール期間中は融資を受けられない」のであって、返済が約定どおり再開されたら、融資を受ける事ができます。ですから、その点は心配しないで下さいね。

リスケジュール中、融資を受ける事は全くできないの?

前述の通り、リスケジュール中は、基本的に融資を受ける事はできませんが、まれに、リスケジュール中であっても、資金調達ができる事があります。

そのようなケースはあまり多くは無いですが、リスケジュール中でも融資を受ける事ができた事例はあります。(実際、弊社のお客様で、リスケジュール中の資金調達に成功した企業はあります。)でも、ハッキリ言っておきますが、めちゃめちゃハードルが高いです。ですから、あまり期待しない方がよいかもしれません。

あなたの会社に協力してくれるスポンサーが現れたら、資金調達の可能性が上がりますが、それ以外となると、あまり期待しない方がよいかと思います。

信用保証協会の保証つき融資のリスケジュール

信用保証協会の保証つき融資をリスケジュールしてしまうと、「信用保証協会の保証を2度と受けられないと思い込んでいる方」や、「借入金が無くなるまで保証を受けることができない」等と思い込んでいる方がとても多くいらっしゃいます。しかしご安心ください、大丈夫です。そんな事はありません。

保証協会の回答によると、「リスケジュール中は新規の保証は出来ないが、約定どおりの支払いに戻ってから、半年間様子を見させていただき、そのまま約定どおりの支払いを続けていれば、新規の保証を受ける事ができます。」との回答が返ってきました。

保証協会付の融資を全額返済しなくても、リスケジュール後、半年経てばまた、新規の借り入れは出来るようになります。ですからご安心下さい。

実際、弊社のお客様で過去にリスケジュールして、約定どおりの返済に戻り1年間きちんと返済を続け、資金需要がある時に融資の相談に行ったら、新たな保証がついた融資が実行されました。

ですので、必要以上に心配する必要は無いと思います。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りノウハウやメールセミナー、今まで執筆した原稿、ブログのコメント欄に書き込まれた質問等々、期間限定で全て無料でプレゼントします。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。
平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている