クレジットカードの信用を守るのと、生活を守るのはどちらが大事なのか?

運転資金がどこからも調達できなくなると、経営者個人のカードを使い、資金繰りを回している方が少なくありません。

うまく回っているうちは良いのですが、売上が下降の一途を辿るようになると、カードの枚数が増えていくようになります。そうなると、だんだん、どのカードも枠がいっぱいになり、他社に申し込んでも審査が通らなくなってきます。

審査が通らなくなると、手持ちのカードでやりくりする事になるのですが、ここまでくると、返済オンリーとなるので、実質、金利だけを毎月払っていく事になります。

具体的に、次のような状態に陥ってしまう事になると思います。

 

借りて返すを繰り返し、金利支払いだけが重くのしかかる

例えば、カードの枠が100万円だとします。

100万円のリボ払いだと、毎月5万円ぐらいの支払いが発生すると思います。

年利18%で換算すると、金利がおよそ15,000円ぐらいですから、元金を35,000円返済する事になります。

その月の返済が終わると、翌月には、「元金を返済した分、借りれ枠ができた」という事で、また、30,000円引き出す(借りる)事になったりします。

そうなると、いつまでたっても金利の15000円だけ支払う事になるので、毎年18万円ほど支払う計算になります。このような状態のカードが何枚もあると、会社の資金繰りどころの騒ぎではなく、経営者の生活が脅かされる事になります。

 

生活を犠牲にしてまで信用情報を守っても意味があるのか?

なぜ、このような状態に陥っても、毎月同じ事を繰り返してしまうのでしょうか。

それは、「クレジットカードが使えなくなると困る」といって、毎月同じ事を繰り返してしまうのです。

 

返済が滞ったり、何回も返済が遅れてしまうと、事故情報が信用情報機関に載ってしまうので、それが原因でカードを止められたり、今後、ローンなどが組みにくくなります。しかし、信用情報に傷がつくのを恐れて、生活を犠牲にしてまで頑張って返済する意味がはたしてあるのでしょうか。

確かに、カードがあると便利ですし、この先、ローンが組みにくくなるのは色々と不便だと思います。でも、この状態まで来てしまったら、先の事を心配する意味が無いような気がします。

先の心配をする前に、今を生き抜く事を考えた方が、個人的には良いと思っています。

 

簡単に条件変更できます。

クレジットカードも、返済が厳しければ、電話一本で返済の減額ができます。

返済が厳しいと相談すると、サービス事業者とお客様という関係から債権者、債務者という関係に変わります。とはいえ、基本的には対等な立場なのですから、卑屈になる必要もありませんし、必要以上に気にする必要もありません。ですから、支払いが厳しい時はどんどん相談した方が良いです。

返済の減額をしてしまえば、返済中はカードが使えなくなりますが、事故扱いにはなりません。

これはカード会社に聞けば分かりますが、、「組み換えなので、事故扱いになりませんからご安心下さい」と教えてくれたりします。

ですから、どうしてもカードの返済が厳しいという事でしたら、カード会社に相談して、組み替えてもらうのも一つの方法だと思います。

 

約定通り返済して、いつまで経っても元金が減らないよりは、組み替えた方が早いです。それに、大抵の場合で、金利6%前後で組み替えてくれますから、支払いは楽になると思います。

10,000円の100回払いとか、へっちゃらです。

年利18%で毎月15000円の元金を支払うのであれば、毎月10,000円とかで元金も減っていくプランに組み替えた方が、生活も楽になりますし、生活が楽になれば、仕事に集中できるようになると思います。

 

組み替えても支払いが厳しい時は?

組み替えても支払いが厳しい時は、返済を完全にストップするしか方法はないかもしれませんね。カード関係の債務も、回収不能となると、サービサーへ債権譲渡されますので、最終的に低額で和解できる可能性が出てきます。

カード会社によってはサービサーへ債権譲渡せず、自社で「毎月、2000円ぐらいでしたら払えますか?」とか、聞いてくるところもありますので、支払いが厳しければ、相談した方が良いと思います。

カードの件数が多く、カード会社の対応が精神的に辛いという事であれば、法律家に相談するのも一つの方法だと思います。

こういったものに、どれが正解というのはありません。借り手の性格や価値観によって解決策は異なりますので、焦らず、じっくり考えれば良いかと思います。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。
平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている