借りてもいない金に対して義理立てする意味があるのか。

この仕事をしていると、どうしても避けて通れないのが「借りた金」の話です。

事業をやっていると、金融機関、親戚・知人・友人、取引先などまあ、いろんなところから金を借りるケースが少なくないと思います。

もちろん、借りた金は返すのが当然であり、苦しい時や困っている時に助けてくれた方に対して恩義を感じるのは当然の事だと思います。どんなに年月がかかろうとも、借りた金を返していくという心構えは非常に良い事だと思いますし、私もそう信じて疑っていません。

 

しかし、1点だけ疑問に感じる事があります。

その疑問とは、債権譲渡された債権に対する取扱いです。

 

仕事柄、よく、「金融機関の債権がサービサーへ債権譲渡された」という方にお会いする事があります。先日お会いした方も、「銀行のプロパー融資の3千万円がサービサーに債権譲渡された」とおっしゃっていました。

その方からお話をお伺いすると、「私が借りた金だし、貸してくれた方に申し訳が立たないので、どんなに長い年月がかかっても必ず返す」と言ってました。

志は非常に立派だと思うのですが、個人的に、1点だけ違和感を覚えました。

それが、件の「借りた金は返す」という事です。

 

債権譲渡された債権は借りた金では無い

一口に債権者と言っても、大まかに2種類の債権者がいます。

元々貸付を行った「原債権者」と、債権を譲り受けた「新債権者」です。

原債権者は元々金を貸してくれた当事者ですから、原債権者に対して義理立てするという事は理解できますし、その通りであると私も思います。

しかし、債権を譲り受けた新債権者は、金を貸してくれた債権者ではありません。

 

原債権者が債務者から回収できず、不良債権として処理した債権を安値で購入した債権者に過ぎません。安く仕入れて、高く売るという事を淡々と行っているに過ぎないのです。

もちろん、法的には満額の請求権を持っているわけですから、仮に3千万円の債権であれば、新債権者は3千万円を請求する権利を持っている訳です。

しかし、あなたがこの新債権者から「金を借りたのか?」と言えば、それは違います。

あなたが金を借りた相手である原債権者はすでに回収を諦め、不良債権として処理している訳です。その、不良債権の処理の一環として、新債権者に債権を譲渡しているのです。

 

借りた金を返すという点においては、非常に良い事ですし、道徳的にもそうあるべきだと私も思います。でも、「借りてもいない金に対して、義理立てする意味があるのか?」という部分が甚だ疑問に思うのです。

仮に、満額返済したところで、元々金を貸してくれた原債権者は、すでに債権を譲渡している訳ですから、こちらが「返す事が不可能であった」という事実が消える事はありません。

 

しかし、新債権者からしたら、「満額請求したら満額払ってくれた。超優良案件だった。」これで終わりです。

そうです。数ある案件の中のただの1案件に過ぎないのですから、そこに感情等は一切ありません。「請求し続けたら全額払ってくれた。」事実はこれだけです。

 

ピンチに陥ると、通常の思考ができない時もあるかもしれません。

しかし、冷静に考えると、やろうとしている事の意味の無さというのもおのずと気づく事だと思うのです。

「借りた金を返す」という考えには非常に賛同できますが、「借りてもいない金を頑張って返す」という事は私はあまり賛同できません。

また、このように頑張って返済しようとすると、大抵の場合、皺寄せがどこかに行くものです。それが全て自分で抱え込めれば良いのですが、取引先や社員、親戚、知人・友人に皺寄せをしてまで自分の意思を貫く意味がどこまであるのか疑問符がつきます。

 

意思を貫こうとする姿勢は立派ですが、その前に、利害関係者に対して少しでも還元できるように努力した方が、再生も早いのではないかと思うのです。

「借りた金は返す」なかなか難しい問題です。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。
平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている