少しでも「嫌だ」と感じたら、断る勇気も必要。

業績が悪化して資金繰りが厳しくなると、利害関係者の方々に対し、支払い遅延を起こしてしまう場面が出てきます。

銀行はとりあえず電話一本入れておけば何とかなりますが(後日直接訪問して、詳しい説明をしなければならないのは言うまでもありません)、取引先に支払いができない場合は、支払いのジャンプや延払いのお願いに行かなければならないケースが出てきます(数万・数十万であれば、電話やFAX、メールで済んだりしますが…)。

取引先によっては厳しい条件を突き付けてくるケースも

お願いに行って話がうまく纏まれば良いのですが、取引先によっては厳しい条件を突き付けてくるケースがあります。

よくあるケースで言えば、

  • 不動産を担保に入れさせて欲しい
  • 動産を担保に入れさせて欲しい
  • 連帯保証人を用意して欲しい

といった感じです。

内容的に極力断りたいところではあると思いますが、「支払いができず、迷惑かけてしまった。」という負い目から、断らないで引き受けてしまうケースが散見されます。

 

不利な条件を提示されても負い目から呑んでしまいがち

一応、当事者同士の付き合いもあるので、どうこう言うのは気が引けるのですが、こうしたご相談をしてくる方の多くが、債権者のペースで事が進み、「不利な条件」と分かっていても、負い目から、最終的に呑んでしまうのです。

債権者の立場から考えたら、少しでも回収の保全を図るため「担保提供して欲しい」というのも理解できます。しかし、言われる側である債務者も、あまり安請け合いしてはいけないと思います。

 

連帯保証人は断った方が良いです

先日のことです。小売店を営む方から、「支払遅延を起こしてしまった問屋さんから、「息子を連帯保証に入れろ」と言われました。どうしたら良いですか?」というご相談がありました。

お話を聞くと、問屋さんとこんなやり取りがあったようです。

問屋さん
100回払いを承諾したのだから、連帯保証人を用意して欲しい。オタクの息子で良いから、連帯保証人としてハンコを押して欲しい
ご相談者様
長期分割にしていただいて非常に感謝していますが、息子を連帯保証人というのは・・・
問屋さん
遅れずに払えば済むことだろう誠意を見せて欲しい
ご相談者様
もちろん、遅れずに支払いをしていくつもりではいますが、息子は勘弁して下さい。
問屋さん
遅れずに払えば・・・
(以下、「遅れずに払えば済むことだろう」というところからお話がループ)

このまま話を続けても、平行線の一途を辿るだけだと判断したご相談者様は「家に帰って家族と相談します。」と言って、ひとまずその場から離れたようです。

断り難くても、連帯保証人の要求は粘り強く断るべき

支払遅延の額も大きく、問屋さんとの付き合いも長いので、「断り難い」という気持ちも痛いほど理解できるのですが、連帯保証は何が何でも断らないとダメです。

ご相談者様や息子さんが自ら望んで連帯保証を入れるなら、構わないと思いますが、望んでいないのであれば話は別です。断固として断るべきだと思います。

 

上手く断ろう等と考えず、ひたすら言い続ける

断る理由とか、うまく断る言葉なんて見つからなくても関係ないです。「連帯保証だけは勘弁してほしい」これだけ言い続ければ良いのです(あくまでやんわりと)。何回言われてもその都度「連帯保証は難しいです」と断っていれば、そのうち言わなくなってきます。

連帯保証の要請なんて、たいていの場合でそんなもんですから、言われている間は我慢して、「申し訳ないです。できません」と断った方がよいです。

家族・友人・知人を巻き込んでしまうような要請に対し、断固として断る勇気は必要だと思います。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りにお悩みの中小企業を多数お手伝いしてきた専門家がお伝えする、ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウを無料で公開しています。期間限定プレゼント付き。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている