粉飾してでも金を引っ張りたいと考えるなら、逮捕される可能性を考慮した方が良いですよ。

本当にごく稀になのですが、

  • 「決算書類をイジって銀行から引っ張れませんか?」とか、
  • 「相場より多く手数料払うので、とにかくなんとかお願いできませんか?」(粉飾して金を引っ張って欲しい)
  • 「知り合いでそういう事が得意な方がいれば、紹介してもらえませんか?」

という事を言われる事があります。

 

粉飾の片棒は担ぎません

資金調達しないと金が回らない。という事情も痛い程分かりますが、私としては、ソコ(銀行を騙して引っ張る)に手を出したら終わり。と考えているので、そのような事を少しでも期待して私のところに問い合わせても時間の無駄なので止めた方が良いです。

今まで、粉飾の片棒を担いだ事は一度も無いですし、今後も一切無いです。

事業再生という看板を出して、もうじき6年経ちますが、一貫して粉飾の手伝いは断っています。ウェブサイトやブログを見てもらえたら分かると思います。面談相談・コンサルティングのご案内のページに必ず「粉飾に関するご相談は一切対応しない」という記載があります。

なので、そういう事を望んでいる方は私のところでは無く、違うところに問い合わせをされた方が良いです。

なぜ、このようなお話をしているのかというと、今年に入ってから、この類の話をされる確率上がってきたからなんですよね。

今日の午前中にお会いした方も、控えめではあるのですが、「数字を調整して、融資してもらう方法とか無いですかね…」等と言ってきたので、「そういう事は私では無く他に頼んで下さい。」という話をしてきたばかりだからなんです。

 

粉飾で金を引っ張って、刑事告訴されたら終わりですよ。

そもそも、粉飾決算で資金調達が成功したとしても、問題はそれでは終わりません。調達したら、今度は「バレたら訴えられる」という事に神経を費やす必要が出てきます。

粉飾がバレないよう試算表を調整しないといけなくなりますし、また、翌期・翌々期の決算も、数字を調整しないと辻褄が合わなくなる訳です。この辻褄合わせが非常に神経使いますから、そんな神経使うぐらいなら、違う事に神経を使った方が良いです。

それに、刑事事件にでもなったら、会社としてはそこで終わりです。ネットで「粉飾 逮捕」とかのキーワードで調べれば分かると思いますが、逮捕事例が結構出てきます。

逮捕されるリスクを背負ってまで金を引っ張っても意味ないと思いますので、そもそも、そこに手を付けない方が良いです。収容施設での生活はキツイですからね。面会に来るご家族も大変ですし。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りにお悩みの中小企業を多数お手伝いしてきた専門家がお伝えする、ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウを無料で公開しています。期間限定プレゼント付き。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている