税金滞納で財産差し押さえ延期の申請、15年4月から可能に【日経新聞】

1月3日の日経新聞を読んでいたら、画期的な支援策が出ていたので、ご紹介したいと思います。


税金滞納で財産差し押さえ延期の申請、15年4月から可能に

政府は税金を滞納した個人や企業が、国による財産の差し押さえの延期を申請できる制度を2015年4月に導入する。

財産が差し押さえられると、事業継続や生活が難しくなることが条件。

やむを得ず税金を滞納している人が早く生活や事業の再建に取り組みやすくすることで、約1兆3000億円にのぼる滞納額の減少をめざす。

参考リンク2014/1/3 日本経済新聞[電子版]
※会員登録(無料)すると全文読めます。


「税金滞納 差押」
「社会保険滞納 差押」

というキーワードでこのブログに辿りついた方は、「やっとでてきてくれたか」という感慨深さがあるのではないでしょうか。

というのも、今まで、金融機関の借入返済が困難になった際、比較的容易に条件変更する事ができましたが、税金や社会保険の滞納については、分納交渉が非常に厳しく、金融機関と真逆の対応を迫られるケースが殆どでした。

金融機関からの借入は、金融円滑化法という法律の後押しや金融検査マニュアルにもあるように、借入金の返済条件に応じるよう法律や金融庁からの後押しがありましたが、税金や社会保険はそういった制度は無く、徴収スタンスにあまり変化はありませんでした。

ただ、数年前は「手形切れ」とか「小切手を切れ」というような事を当たり前のように言われましたが、最近はそこまで厳しい事を言わなくなってきたのがせめてもの救いです。(たまに見かけますケドね・・)

この制度をきっかけに、この矛盾が少しは緩和されるかもしれません。

導入は2015年4月からとなっていますので、まあ、先の長い話だと思われるでしょうが、知っておいて損の無い情報だと思いますよ。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りにお悩みの中小企業を多数お手伝いしてきた専門家がお伝えする、ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウを無料で公開しています。期間限定プレゼント付き。