色々な方に相談するのは良い事だが、数多くの提案をしてくれた方が良いという訳では無い。

弊社へご相談を受ける前に他社様に相談に行かれ、色々な提案を受けた上で、弊社へ相談に来られる方が一定数いらっしゃいます(数ある選択肢の中に弊社を入れて頂き、大変光栄に思います)。

「色々な専門家の方から意見を聞く」ということは非常に良い事だと思ってますので、今後、どのように動いていけば良いのか悩んだり迷ったりした時は、一人に絞らずに色々な方から意見を聞くよう推奨しています。

ただ、色々なところに相談に行かれた方とお会いする際、警戒している事が1点だけあります。それは、提案数を競われることです。

提案数が多ければ良いという事ではない

色々なところに相談をされた後に弊社へ相談に来られると、よく、「A社に相談したらこのような提案を受け、B社からはこのような提案を受けました」等と、メモ書きを見せられたりする事があります。

これだけならまだ良いのですが、私の提案数が少ないと、「他社は沢山提案してくれるのに、本当にこれしか方法が無いのですか?」と詰め寄られる事があります。

この時のご相談者さまの表情は、私が手を抜いているのではないか訝しんでいるような、相談して損したという気分になっているのか、実際どのように思っているのかは分かりませんが、この瞬間、嫌な空気が流れます。

でも、出来もしないことを提案しても意味が無いので、毅然と「私の見立てではこの方法とこの方法以外は難しいと判断します」と伝えています。

なぜ難しいのか、その理由をハッキリ伝える

できない・難しいと思った場合、「この方法は御社の状況では使う事が出来ません。その理由は…」といった感じで、できない・難しい理由をハッキリ伝えています。

色々なところに相談に行かれて、私のところに相談しに来るという事は、少なからず「この人なら他に良案があるかもしれない…」と期待して相談しに来ていると思いますので、他社さんの提案に対して「それはできない」と否定するのはなかなか骨が折れます。

でも、相談料を受け取っている関係上、できない事に対して「できる」とか「できるかもしれませんね」等と適当な事も言えませんし、何より、できると思って期待しながら取り組んだ結果、「やっぱり無理」となっては後々落胆すると思いますし、何より貴重な時間と費用を無駄にする可能性が出てきます。

資金に余裕のある企業であれば、多少の無駄は気にならないでしょうが、資金繰りに苦しんでいる企業が無駄な動きをしてはさらなる状況の悪化を招いてしまいます。

なので、言い難いと感じても、「この方法はこれこれこういう理由でできません。ここにも記載があります」等とできない理由をきちんと飲み込んでもらうよう、エビデンスを見せながら伝えたりする事もあります。

 

最も重要な事は「実行可能な方法か否か」という1点のみ

どんなに沢山の提案を受けたからといっても、実行に移せない、若しくは実行が不可能な提案内容では全く意味がありません。

余計な期待を持たせてガッカリさせるのも嫌ですし、期待を持たせながら動いてもらった結果、やっぱり駄目だったとなると動く時間も無駄ですし、リカバリーが困難になります。

なので、「この方法は最初に〇百万円程度の費用が掛かるので、まずは資金を用意しないと不可能です」「〇〇の証明が無いと資金が付かないので無理です。」というように、できない事はハッキリと「できない」と伝えてます。

 

まとめ

色々な方に相談を受ける事は良い事ですが、解決策の提案を受ける時は提案の数よりも、「実行可能性があるかどうか」という事だけにフォーカスして相談を受けた方が良いです。

相談を受ける側からしたら、選択肢が多い方が安心するかもしれませんが、選択肢の多くが実行できない、若しくは法改正によって今となっては使えない方法等であれば、話を聞いても全く意味が無いので、“当社で実行できるか?“という事を意識しながら相談を受けるようにして下さい。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りノウハウやメールセミナー、今まで執筆した原稿、ブログのコメント欄に書き込まれた質問等々、期間限定で全て無料でプレゼントします。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている