【債務免除】負債が少ないと債権カットの交渉は簡単?【結論:多い方が簡単ですよ】

  • 数年前に金融機関から融資を受けたけど、返済できなくなり、あと数百万円の負債が残ってるよ。
  • 数千万とか何億も負債を抱えた人と比較すると、ウチの負債なんて数百万円程度だから、債権カットの交渉も簡単ですよね?
  • 負債が少ないと債権カットの交渉が簡単かどうか教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

負債が少なければ少ないほど債権カットの交渉は難しい【結論】

負債が多いより、負債が少なければ少ない程、債権カットの交渉が簡単だと思っている方が少なくないですが、結論から言うと、負債が少なければ少ないほど債権カットの交渉は難しくなります

反対に、負債が大きれば大きいほど、債権カットの交渉は簡単になります。

なぜ、このような事が起こるのか、以下の順番で解説していきます。

  • 負債が多い方が債権カットの交渉が簡単な理由
  • 負債が少ないと債権カットの交渉が難しい理由

 

負債が多い方が債権カットの交渉が簡単な理由

  • 債務者に開き直られたら回収不能に陥る
  • 破産されたら終わりだから一万円でも多く回収するために譲歩してくる

上記のとおりです。

債務者に開き直られたら回収不能に陥る

例えば、ある出来事をきっかけに何億円もの負債を抱えてしまったとします。

何億円もある借金なんて一生かかっても返せません。試しに電卓で計算してみたら、完済するのに○百年かかるとの計算結果が出てきました。

あなたがもし、このような状況に陥ってしまったら、どのように考えますでしょうか。恐らく、以下いずれかを選択するのではないでしょうか。

  • こんな途方もない金額、返済できないから破産しよう
  • どうせ返せないしアホらしいから放置しよう。借金にもどうせ時効があるし。

筆者も恐らくいずれかを選択すると思います。そもそも、悩むのもアホらしくなる金額です。

債務者にこのように思われてしまったら、債権回収は絶望的となります。

いくら債権者が「返済せよ」と催促しても、債務者に「何億もある借金を真面目に返しても意味無い」と思われてしまったら1円も回収できません。

債権者がどんなにしつこく催促しても、債務者に「こんな負債を頑張って返済したところで何のメリットも無い。金をドブに捨てるのと同じ」と開き直られてしまったら、もはや回収しようがありません。

債務者にこのように思われてしまったら債権回収などできるハズがありません。

そのため、債務者が現実的に払える金額まで譲歩するほか回収の手立てが無くなってしまうのです。

破産されたら終わりだから一万円でも多く回収するために譲歩してくる

現実的に払える金額まで譲歩する具体例をあげてみます。

以下のような状況にある方が、債権者に残債の請求を受けたとします。

  • 残債:3億円
  • 懐事情:毎月10万ぐらいの余剰資金がある

こういった状況にある債務者から債権回収を図る場合、債権者はどのように請求したらより回収しやすくなるでしょうか。

  1. 3億円の残債を一生かけて返済して欲しい
  2. とりあえず毎月10万円払って欲しい。1年毎に残債の返済方法について都度協議する
  3. 毎月5万円を5年間返済して貰えれば残債務は放棄します

普通に考えて圧倒的に③だと思います。

債権者は回収の権利を持ってはいるけど、回収できなければタダのゴミ

債権者は債務者に対して3億円請求できる権利を持っていますが、回収できなければ3億円の債権もただのゴミです。

債権回収は回収してなんぼの世界ですから、いくら多額の請求権を有しているからといっても、1円も回収できなければ何の意味もありません。

そのため、債務者が払いやすいように譲歩して、1万円でも多く回収した方が債権者としても得するわけです。

 

負債が少ないと債権カットが難しい理由

  • 債権者は「これぐらいの負債で破産しない」と思ってる

上記のとおりです。

債権者は「これぐらいの負債で破産しない」と思ってる

負債が100万円とか300万円ぐらいの金額だと、債権者は債権カットにはなかなか応じようとしません。

負債が100~300万ぐらいなら、「支払いは厳しいけど、切り詰めれば数万円のお金は残る。破産するとブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなるし、住宅ローンも組めなくなるから、これぐらいで破産するのはちょっと…」 と考える方が増えてきます。

サラリーマンの方であれば、これぐらいの負債でも破産する方が出てくる可能性はあります。

しかし、経営者の方であれば「100~300万円ぐらいの負債ならなんとかなりそうだ」と考える方が殆どだと思いますので、これぐらいの負債で破産を考える方はいないと思います。

当然、債権者もこのような心理状況を突いてくるワケです。

負債が少ないと、開き直るのが難しい

債務者が「資金繰りが厳しいから返済する金が無い、好きにしてくれ」と開き直ったとしても、
債権者からすると「破産する気があるならさっさとしてみろ!どうせ口ばかりで破産する気なんてあるはずが無い」と考える訳です。

こうなると非常にしつこく催促してきたりしますし、「借金のプレッシャーは金額の多寡は関係ない、返せなくなった時点で精神的な苦痛は同じ」という記事でも解説していますが、訴訟を起こして債務者に精神的な揺さぶりをかけてきたりします。

これが原因で鬱状態になってしまう方もいます。

負債が少ないと債権カットが難しいと思われるかもしれませんが、負債が少なければ少ないほど、債権カットの交渉は非常に難しくなるのです。

【例外】負債が少なすぎると訴訟すら起こさない

ちなみに、10万円以下の負債の場合、訴訟すら起こしてこないケースが殆どです。訴訟を起こすのもタダでできませんし、必ず費用がかかることですから、10万以下の負債でいちいち訴訟をおこしていたら経費倒れします。

なので、10万円前後かそれ以下の負債の場合、たんたんと葉書などで請求する場合が殆どなので、時効で処理することができます(時効の援用をする必要があります)。

 

まとめ

以上、負債が少ないと債権カットの交渉は簡単なのか?ということについて解説しました。

負債が少ないと債権カットに応じて貰いやすいイメージをお持ちの方が少なくありませんが、実際は全くの逆となります。

負債が少なければ少ないほど債権カットの交渉は難しく、負債が多ければ多い程、債権カットの交渉は簡単になるのです。

ちなみに、似たようなお話で、事業規模が小さい方が事業再生は簡単なのか、という事について以下の記事で詳しく解説していますので、参考にして下さい。

事業規模が小さいと事業再生は簡単?【結論:個人・零細企業の方が難易度は高い】

2013.07.12

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ
今なら期間限定で無料公開中!

資金繰りにお悩みの中小企業を多数お手伝いしてきた専門家がお伝えする、ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウを無料で公開しています。期間限定プレゼント付き。