【DJI Osmo Mobile 3 Comboレビュー】手ブレの無い動画を撮影するためスマホ用ジンバルを購入

DJI OSMO MOBILE 3を手で持っている IT仕事術

「DJI OSMO MOBILE 3」の情報をお探しの方向け。

  • スマホ用ジンバル「DJI OSMO MOBILE 3」に興味があるけど、本当に手ブレのない動画を撮影できるのかな?
  • 興味はあるけど、購入して微妙だったら嫌だから、購入した人のレビューを見てみたい

この記事では、こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容
  • OSMO MOBILE 3 Combo を購入した感想 → 買って良かったです!
  • 概要・写真・セット内容をご紹介
  • おすすめポイント、微妙に感じたところ

スマートフォンのカメラを使って、手ブレの無い動画を撮影したいと思い、2019年9月末に「DJI OSMO MOBILE 3」を購入しました。

筆者の手元に届いたのは10月16日です。

購入してまだ1日しか使っていませんが、率直に言って「買ってよかった!」と思いました。

購入して間もないので全く使いこなせていませんが、「OSMO MOBILE 3」を実際に使ってみて思ったことや、使い難いと感じたことをレビューします。

【DJI OSMO MOBILE 3レビュー】概要・写真・セット内容をご紹介

DJI OSMO MOBILE 3は、中国No.1ドローンメーカーが開発した、スマートフォン用のジンバルです。

ジンバルとは、動画撮影で発生しがちな手ブレを補正するための機械です。

OSMO MOBILE 3 にスマートフォンを装着することで、手ブレの無い動画を撮影する事ができます。

DJI – Osmo Mobile 3:スマホで動画撮影をはじめよう!

DJI公式サイト(OSMO MOBILE 3)はコチラ

 

ちなみに、筆者は以前、DJIが開発に協力したトイドローン「RyzeTech Tello」を購入しましたが、DJIが技術提供しているだけのことはあり、非常に素晴らしい製品でした。

DJIの協力のもと製造された高機能トイドローン「RyzeTech Tello」。初心者でも簡単に空撮が可能
3月8日に予約注文して、楽しみに待っていたトイドローン「Tello」。 4月の頭に「発送遅延のお知らせ」という非常にショックなメールが届き、かなり落胆しましたが、ようやく手元に届きました! 早速開封して、飛ばしてみたいと思います! ...

OSMO MOBILE 3 のセット内容は2種類

OSMO MOBILE 3 のセット内容は2種類あります。

  • OSMO MOBILE 3:13,750円 
  • OSMO MOBILE 3 COMBO(コンボ):15,950円 → キャリーケースと三脚スタンドが付属

2つの違いは、キャリーケースと三脚スタンドの有無です。

筆者は三脚スタンドが欲しかったので、コンボを購入しました。

「OSMO MOBILE 3」と「コンボ」の違い【購入を迷ったら利用シーンで選びましょう】
OSMO MOBILE 3を購入しようと思っているけど、通常モデルとComboのどっちを買おうか迷っているよ。 本体のスペックは同じみたいだけど、2,200円の差はキャリーケースと三脚スタンドの有無の他に、違いがあったりするのかな...

OSMO MOBILE 3 COMBO(コンボ)のセット内容

OSMO MOBILE 3 COMBO(コンボ)のセット内容は以下のとおりです。

「OSMO MOBILE 3 Combo」のセット内容

  1. Osmoキャリーケース
  2. 収納ポーチ
  3. リストストラップ
  4. OSMO MOBILE 3 本体
  5. 説明書・免責事項・保証書
  6. 電源ケーブル(USB)
  7. 滑り止めパッド×4
  8. Osmoグリップ式三脚

充電器は入っていません

ちなみに、充電器は入っていないので、ご自身で用意する必要があります。

OSMO MOBILE 3をiPhoneの充電器で充電しているところ

筆者は、iPhone・iPad用の充電器で充電しました。

すぐに欲しい方はAmazonがおすすめ

筆者はDJIストアで購入しましたが、注文から発送まで2週間ほどかかりました。

9月27日に注文して、10月16日に届きました。

DJIストアで購入した理由は、ポイントが5,000円分ぐらいあったからです。

すぐに欲しいという方は、Amazonや楽天などで購入した方が早いと思います。

 

「DJI OSMO MOBILE 3」のおすすめポイント

  • 手ブレのない映像を撮影できる
  • アクティブトラッキングが素晴らしい
  • ジェスチャー操作ができる

上記のとおりです。

手ブレのない動画を撮影できる

OSMO MOBILE 3 を使って動画を撮影すると、手ブレのない動画を撮影できます。

早歩き、小走り、思いっきり走るなど、いろいろ試し撮りをしましたが、手ブレのない動画を撮影できます。

最近のスマートフォンのカメラは、手ブレ補正などの機能が付いていますが、さすがに歩きながら撮影したり、走って撮影すると映像はブレてしまいます。

でも、OSMO MOBILE 3 を使って動画を撮ると、ブレない動画を撮影することができます。

【OSMO MOBILE 3 x Google Pixel 3】 上野公園不忍池にて試し撮り【手ブレが少ない】

試しに、OSMO MOBILE 3(撮影で使用しているスマホ:Google Pixel 3)を使うとどれぐらい手ブレが少ないのか、事務所の目の前で試し撮りしてみました。

歩きながら撮影すると、多少、上下に画面が揺れますが、撮影した動画は常に平行を保つことができるので、撮影した動画が見やすいと思います。

アクティブトラック(自動追尾)が素晴らしい

アクティブトラックは、指定した撮影対象を自動で追いかける機能で、撮影対象の動きに合わせて追いかけて撮影してくれます。

アクティブトラックの機能は、OSMO MOBILE 3 のプロモーションビデオを参考にして下さい。

(アクティブトラックの部分から再生されるようにしてます。)

DJI – Osmo Mobile 3:スマホで動画撮影をはじめよう!

ジェスチャー操作ができる

OSMO MOBILE 3 はジェスチャー操作ができます。

例えば、ピース(Vサイン)したり、手を振ったりすると、手の動きを認識して、自動で撮影してくれます。

ですので、一人で使っていても撮影できます。

 

「DJI OSMO MOBILE 3」の微妙なところ

「OSMO MOBILE 3」を実際に使ってみて、微妙に感じた点が5つあります。

  • スマホのバッテリー(電池)の減りが早い
  • スマートフォンの発熱がすごい
  • アクティブトラッキングを解除すると映像がブレる
  • 説明書が分かり難過ぎる
  • 重たいので片手で持つと疲れる(500gオーバー)

上記のとおりです。

スマホのバッテリー(電池)の減りが早い

「DJI OSMO MOBILE 3」はスマートフォンのバッテリーをすごく消費します。

筆者が使用しているスマートフォンは「Google Pixel 3」ですが、30分近く連続で動画を撮影すると、バッテリーを34%~36%程度消費します。

 

撮影環境
  • バッテリーの劣化具合:スマホを買い替えて8か月半ぐらい
  • バッテリー残量:フル充電(100%)
  • 起動中のアプリ:ゼロ

数分の細切れの動画を撮影する分には使えると思いますが、長時間の撮影は恐らくバッテリーがもたないです。

「iPhone」から「Google pixel 3」に移行(機種変更)する時に考えたことや実際に使って気になったことを解説
iPhoneを使っているけど、「Google pixel 3」に興味がある。でも、ずっとiPhoneを使ってきたから移行するのに不安がある。 iPhoneからGoogle pixel 3に移行して、使い難かったら嫌だな。 長...

「OSMO MOBILE 3」本体はあまり減らない

OSMO MOBILE 3 本体側のバッテリーはほとんど減らないですが、とにかくスマートフォン側の負担が半端ないです。

スマートフォンのバッテリーが劣化していると、すぐにバッテリーが切れると思います。

スマートフォンの発熱がすごい

OSMO MOBILE 3 を使用して動画を撮影すると、スマートフォンがけっこう発熱します。

 

具体的な温度は計っていないので分かりませんが、電源ケーブルを差した状態で「マリオカートツアー」を30分以上プレイしている時よりも圧倒的に発熱します。

筆者はGoogle Pixel 3 を購入して半年以上経ちますが、Google Pixel 3がこんなに発熱したのは初めての経験です。

30分以上連続で撮影していると、熱暴走するのでは?と感じるぐらい発熱します。

アクティブトラッキングを解除すると映像がブレる

アクティブトラッキングの追跡対象となる人物の移動が速すぎたり、撮影中にアクティブトラッキングを解除すると、映像がブレます。

恐らく、ピントが解除されることでブレるのだと思いますが、急に拡大されるような感じでブレます。

編集で映像のブレをカットすれば良いのでしょうが、ここはけっこう微妙に感じました。

説明書が分かり難過ぎる

良く言えばシンプル、悪く言えば不親切という感じでしょうか。

OSMO MOBILE 3の説明書

筆者はこの説明書で、初期設定(アクティベート)を行う事はできませんでした…。

重たいので片手で持つと疲れる(500gオーバー)

OSMO MOBILE 3 にスマートフォンを装着すると、トータルの重量が500gを超えます。

OSMO MOBILE 3 は片手で持ち歩いて撮影する事が多いと思いますので、持ちながら撮影すると結構疲れます。

ちなみに、Google Pixel 3 を装着して重量を計ったところ、557gありました。

OSMO MOBILE 3にGoogle Pixel 3を装着した時の重量

こちらはiPhone Xs Max ですが、合計重量は618gでした。

OSMO MOBILE 3にiPhone Xs Maxを装着した時の重量

これを片手で持ち歩きながら動画を撮影するのは、結構疲れると思います。

  • Google Pixel 3 → 557g
  • iPhone Xs Max → 618g
キャリーケースの上に載せて撮影していますが、キャリーケースの重量は除外してあります。

 

まとめ

以上、DJIのスマートフォン用ジンバル、「OSMO MOBILE 3」を実際に使ってみた感想をレビューしました。

微妙に感じる点もありますが、それ以上に手ブレのない映像を撮影できる感動の方が圧倒的に上回るので、いい買い物をしたと思ってます。

購入したばかりで全然使いこなせていませんが、これから使い方を研究していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました