「DJIフライトシミュレーター」で実機さながらの環境でドローンの飛行練習を体験。超リアルなフライトシミュレーション

ドローンのトップメーカー「DJI」から超リアルな本格フライトシミュレーターが出ています。

動画を見て頂ければわかると思いますが、超リアルなグラフィックで、ドローンの挙動も実機に近い本格フライトシミュレーターです。

以前、iPhoneアプリでドローンの操縦を練習できるアプリをご紹介しましたが、今回ご紹介する「DJIフライトシミュレーター」は無料から使えるパソコン(Windows10)専用のフライトシミュレーションソフトです。

iPhoneアプリでドローンの操縦練習ができる!ドローンシミュレーター4選

2017.12.04

DJI Flight Simulator(DJIフライトシミュレーター)

https://www.dji.com/jp/simulator

DJIフライトシミュレーターは、パソコン(Windows 10)専用の本格フライトシミュレーターで、実際の送信器を接続して、フライトシミュレーションができます。

推奨インストール要件:GeForce GTX 1060 グラフィックスカード搭載のWindows 10
対応送信機:Phantomシリーズ、Mavic Air。接続ケーブル(microUSB(micro B to USB Aメス))が必要

200g以上のドローンの購入を検討している方はもちろん、200g以上の機体をお持ちの方の練習にもなると思います。

私事ですが、次に購入するドローンを「DJI SPARK」にするか、「Mavic Air」のどちらかにするか、飛ばす場所が無いから200gに近いドローン(150g~180gぐらいの)を買うかで悩んでます…

 

DJIのフライトシミュレーターでできること

3種類のフライトモード

  • Pモード:GPS受信状況下でのフライト
  • Aモード:ATTI(手動操縦)
  • Sモード:スポーツモードで最大速度で飛行可能

様々な視点切り替え

FPV(First Person View:1人称視点)で操縦できることはもちろん、操縦者の立ち位置からの視点など、様々な視点から操縦切り替えができます。

包括的な物理演算エンジン

ドローンは風の影響をもろに受けます。地上と上空では風の強さが異なりますし、風の強さによってはドローンが風に流されたりします。また、海や山、崖などの複雑な地形では風の流れが複雑で、とっさの操縦判断が必要とされます。

こうした地形による影響を包括的な物理演算エンジンにより、リアルに体験することができます。

 

練習できるドローン

DJIフライトシミュレーターで練習できるドローンは、以下の機体から選択する事ができます。

  • Mavicシリーズ(AIR、PRO、ZOOM、Enterprise)
  • Spark シリーズ
  • Phantomシリーズ
  • Inspireシリーズ
  • Matrice 200シリーズ

機体は一般コンシューマー向けのドローンから、産業用ドローンのマトリスシリーズまで、DJIの主要ドローンで飛行練習をする事ができます。

 

DJIフライトシミュレーターを試してみよう

無料から利用できるので、DJIフライトシミュレーターをインストールしてみたいと思います。

インストールファイルのダウンロード

まずはDJIの公式サイトにアクセスし、インストールファイルをダウンロードします。以下のリンクをクリックし、DJIの公式サイトに移動します。

https://www.dji.com/jp/simulator

ページの下までスクロールすると、以下のような記載がありますので、左側にある無料トライアル版の「ダウンロード」をクリックします。

インストールファイルをダウンロードしますので、ダブルクリックしてインストールして下さい。

インストールすると、以下のような画面が立ち上がります。

利用登録

ソフトをインストールするとログインを求められますが、アカウントが無いので利用登録を行います。

赤枠内の「Register」をクリックします。

ブラウザが立ち上がり、必要事項を入力します。

①メールアドレスとパスワードを入力し、②ロボットではないという事にチェックを入れ、③規約の同意にチェック入れて、④「SUBMIT」をクリックします。

この通りすぐに登録できるのですが、これはまだ仮登録の段階なので、メールボックスを確認してください。

仮登録時に入力したメールアドレスを確認すると、以下のようなメールが届いてますので、赤枠内の「here」をクリックします。

以上で本登録となります。

シミュレーターに戻り、先程作成したアカウントを入力します。

ソフトウェアのインストール

DJIフライトシミュレーターにログインできましたが、ここからさらにインストールが必要となります。画面左下にある「INSTALL」をクリックします。

2.53GBのファイルをダウンロードするので、しばらく待ちます。

インストールしたら完了です。「START」をクリックするとDJIフライトシミュレーターが起動し、機体の選択画面が表示されます。

パソコンのスペックが低いと殆ど動きません。ある程度のスペックは必要となりますのでご注意ください。

 

まとめ

以上、DJIの超リアルなフライト体験ができる「DJIフライトシミュレーター」をご紹介しました。

グラフィックが綺麗なのはもちろん、ドローンの挙動が実機に近い程リアルですので、200g以上のドローンの購入を検討している方は、「DJIフライトシミュレーター」を試してみて下さい。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている