空撮にチャレンジするため、ドローン入門機「Holy Stone SHADOW HS160」を買ってみた

前々から興味があったドローン。仕事の関係でドローン情報を調べていたら欲しくなったので、我慢できず購入しました。ドローン、めちゃくちゃ面白いです。

 

ドローンを購入する際、下記条件で探しました

  • 200g以下のドローン
  • 1万円以下で購入できるもの(壊れても「ま~いっか。」と諦められるので)
  • 動画・静止画が撮影可能
  • FPVであること(これだけは譲れなかった)
200g以下の法規制
2015年12月10日よりドローン規制法(改正航空法)が施行されており、飛行機禁止エリアと夜間飛行などの飛行方法に制限が設けられいます。(違反の場合50万円以下の罰金となります。)
機体重量200g未満のドローンは規制の対象外になります。

初心者でも飛ばせるドローンが欲しくて、色々なウェブサイトやブログを調べ、Amazonのレビューなどもチェックし、購入したのがHoly StoneのHS160という機種です。

飛ばすだけだったり、カメラ付だけで探すと、1万円以下の予算でも結構いろいろ選択肢があるのですが、1万円以下の「FPV」で、そのなかでも極力、動画がコマ落ちしないヤツとなるとかなり絞られてきます。

FPVとは「First Person View」の略で一人称視点という意味です。搭載されているカメラに映し出された映像を観て操縦することができるドローンの醍醐味のひとつです。

 

Holy Stone SHADOW HS160レビュー

Holy Stone SHADOW HS160のセット内容

  1. ドローン本体
  2. コントローラ
  3. モバイルスタンド
  4. バッテリー×2
  5. ドライバー
  6. 予備プロペラ×4
  7. 予備のねじ×4
  8. 予備のクッション
  9. 日本語マニュアル
  10. USBケーブル(充電器)
  11. インナーバッグ

ドローンを室内で飛ばすと、壁に激突したりするので、予備プロペラが4つ同梱されているのはありがたいです。

操縦はスマホ、タブレットでも可能

基本的に、コントローラで操縦しますが、スマホ(iPhone、Android)、タブレットでも操縦する事が可能です。専用のスマホアプリをインストールして、Wi-Fi接続する事により、下記のように、スマホ・タブレットで操作する事が可能になります。
操縦可能距離は50mです。操縦可能距離が短いので、無線がとぎれると制御不能になり、バッテリーが切れるまでそのままどこかへ飛んで行ってしまうので、スマホやタブレットでの操縦は気をつけた方が良いです。

FPVなので、ドローンのカメラ映像がスマホ・タブレットに写し出されます。

Holy Stone SHADOW HS160その他の特徴

専用アプリで映像を確認しながら動画・写真撮影が可能

ドローンには動画・静止画を撮影可能な、高解像度720Pカメラが搭載されており、動画や写真が撮ることでき、撮った画像はスマホ・タブレットに転送されます(音声は録音できません)。

自動高度維持機能で、初心者でもカンタンにホバリング(空中停止)ができる

自動高度維持機能が搭載されており、4枚の羽根で動くヘリのような構造ですので、垂直に離陸・着陸し、空中停止もできます。
※飛ばす際、結構大きい音が出ます。

直感的な操縦を体感できるチルトモード

チルトモードとは、スマホ自体を傾けることで前後左右を操作するタイプのことです。前に進めたければ前に傾け、右に傾ければ右へ進む。という操作法です。体ごと動いてしまいそうですが…

スピード切替ができる

操縦レベルに合わせて機体のスピードを切り替える事が出来ます。送信機側では4段階、スマホのアプリ側では3段階(30% / 60% /100%)と変更可能です。

バッテリーは6分

バッテリーは本体のみのセットなら2つ、1つのバッテリーでだいたい6分くらいしか持ちません。

 

Holy Stone SHADOW HS160の雑感

ドローンデビューに選んだ最初の1機である「Hory Stone SHADOW HS160」。写真でと比べると、いかにもプラスチックですという質感で、若干チープな感じは否めませんが、機体重量はバッテリー装着時でも82gで、大きさも手のひらサイズなので持ち運びも楽です。

今のところ、室内で飛ばしていますが、壁や椅子、テーブル等に何度もプロペラをぶつけてしまったり、ドローンを墜落させてしまいましたが、プロペラが折れることも機体のダメージも全くありません。

プロペラガードがあれば、もっと安心して操作できると思うのですが、意外と頑丈なので、ぶつけてもダメージが殆ど無いので、安心して飛ばす事ができます。この価格でセット内容・性能ともに文句なしです。

ドローンを飛ばすのは難しい!

ホバリング(空中停止)させた状態で写真を撮ろうと思ったのですが、全然写真が取れません。カメラをどこかに固定させて、録画状態にしておかないと初心者では難しいです…。

難しいけど、超楽しい!

ドローン飛ばすの超面白いです!空撮にハマる人の気持ちが分かります。とりあえずこれで上手く飛ばせるよう練習して、2,000m程離れて操作できる上級者向けの機体が欲しいです。

 

まとめ

ドローンを飛ばすのは難しいですが、入門として自宅の部屋で練習したいと思っている方にお勧めできます。いきなり外で飛ばすのは難しいと思いますので、まずは室内で練習されるのがおススメです(スマホアプリでドローンのシミュレーションアプリがありますが、これである程度操作法を学べます)。

この機体で操作に慣れ、ドローンの知識と技術の基礎を学んだら、次は3~4万円ぐらいの価格帯のドローンに挑戦したいと思います。徐々にステップアップして、空撮にチャレンジしたいと思います。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。
平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている