【Google Keep】多機能なメモアプリに進化していたGoogle Keepの機能や使い方を解説

今までいろいろなメモアプリを使ってきましたが、最近は「Google Keep」に落ち着きました。シンプルで使いやすく、しかも高機能です。

素晴らしい進化を遂げたGoogle Keep

Google Keepは2013年3月にリリースされたメモアプリです。リリース直後はEvernote(エバーノート)等と比較するとかなり使い難く、正直、他のメモアプリと比較する見劣りが目立つサービスでした。実際、リリース直後に試しに使ってみましたが、使い難く、すぐに使わなくなりました。

しかし、サービスは年々改善され、Google keepは非常に使い勝手の良いアプリに進化しました。

シンプル操作で簡単に扱え、動作も軽いのでサクサク動きます。タグ付はもちろん、他のメンバーとの共有も簡単なので、Google Keepを超えるメモアプリが出ない限り、他は使わないで済みそうです。

 

Google Keepのおススメな

Googleアカウントがあればスマートフォンやパソコンで簡単にメモを確認できる

Googleアカウントがあれば、ログインするだけでスマートフォン(iPhone、Android)やパソコンでGoogle Keepに保存したメモを確認できます。

Google Keep

Google Keep

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

特に何か設定しなくても、Gmailの画面にGoogle keepのアイコンが表示されているので、サービスの利用登録をすなくてもすぐに使えます。

Googleドキュメント、Googleスライドと連携できる

Googleドキュメント、Googleスライドの「ツール」から「Keepメモ帳」を選択すると、画面右にGoogle keepを表示させる事ができますので、同じ画面でGoogle Keepを表示させてメモを参照にしながらGoogleドキュメント・スライドで、思いついたアイデアを編集することができます。

日時指定や指定した場所に着いたらメモが表示される強力なリマインダー機能

リマインダー機能があるので、指定した日時にメモを表示させる事ができます。まあ、日時指定のリマインダーは他のメモアプリでもありますが、Google keepは指定した場所に到着するとメモを表示させることができる、位置情報のリマインダー機能があります。

位置情報のリマインダー機能が便利

設定した位置の半径100メートル程度の範囲に移動するとリマインダー機能が作動し、通知が表示されます。

メモやチェックリストを共有可能

Googleアカウントを持っている人同士であれば、メモやチェックリストを共有することができます(Google Driveと同じ機能)。

メモを細かく分類できる

「ラベル(タグ)」や「メモの色」でメモを分類できます。ラベル(タグ)を使えば「ビジネス」、「プライベート」、「簡単なメモ」というように、メモを簡単に分類する事が出来ます。

また、メモの色で重要度によって色分けする等といった使い方もできますので、メモの数が増えてきても、必要なメモをすぐに見つけられると思います。

強力なOCR機能

保存された画像はOCRスキャンする事が可能です。しかも、精度は高いです。実際に何回か試してみましたが、ほぼ正確にOCRでテキスト化されます。

画像の写りがあまりよくないと文字の位置がずれていたり、画像に記載されていない文字が追加されたりしますが(文字の前に画像には存在しない数字が挿入されたり、「カッコ()」がうまく認識されないときがあります)、全体的に精度は高いです。

メモが自動保存される

メモを書いている途中で操作をやめても、メモがトップ画面に自動保存されます。スマートフォンのGoogle keepアプリを使って、メモを編集している際、誤ってアプリを終了させてしまいましたが、きちんと保存されてました。

音声入力が可能(Androidのみ)

今のところAndroidに限定されますが、「OK、Google〜」と話しかければ音声だけでメモを保存することができます。

iPhoneにGoogle Assistantで音声入力できるか試してみましたが、Gmail宛てに文字化けしたタイトルで音声入力された内容が送信されるだけでした。そのうち対応してくれると良いのですが…

Chrome 拡張機能を使うとウェブページが保存できる

Google Keep Chrome 拡張機能を使うと、ウェブページのURLはもちろん、ページ中の画像音保存、文章を右クリックで簡単に保存する事が出来ます。

Chrome拡張機能:Google Keep Chrome 拡張機能

ウェブページの画像の保存方法

保存したい画像の上で右クリックすると、「Save images to Keep」という項目が出現しますので、ここをクリックします。

画面右上にChrome拡張機能が立ち上がり、ページのURLと画像が保存されます。保存した画像に対するメモを残す事もできます。

ウェブページの文章を保存

ウェブページで保存したい文章の範囲を選択し、右クリックすると「Save selections to Keep」という項目が出現しますので、ここをクリックします。

画面右上にChrome拡張機能が立ち上がり、ページのURLと範囲選択した文章が保存されます。

 

Google Keepのイマイチな点

素晴らしい進化を遂げたGoogle keepですが、個人的に「ここがちょっとイマイチ」と感じるところが4つあります(ホントにちょっとですけど)。

Google Homeとの連携ができない

Google Homeと連携できないのはイマイチだと感じました。

Google Homeでもショッピングリストを使ったり、IFTTT連携でEvernoteやGoogleスプレッドシートに記録する等といった方法が使えばメモは取れますが、ショッピングリストだと本当にただリスト表示されるだけなので、プライベートでは使えるかもしれませんが、ビジネスでは使えません。

特に、GsuiteやGmailを使っている私からすると、画面の右端にGoogle keepが表示されるのはかなり便利なので、Google Homeとの連携が待ち遠しいです。

保存可能なファイルは画像のみ

Google Keepは画像ファイルを保存できますが、PDFファイルは保存出来ません。仕事柄、PDFファイルを多用するので、メモと合わせて保存できると便利だと思います。

Google keepから直接保存できなくても、Google Driveと連携できれば便利だと思います。

表(テーブル)は挿入できない

Google Keepはメモに表(テーブル)を挿入することができません。iPhoneのメモ帳は表(テーブル)を挿入できますので、比較すると若干イマイチな感じを受けます。まあ、所詮はメモなので、表はあまり使わないような気もしますが(iPhoneのメモ帳の表作成機能も数えるぐらいしか使ったことが無い)、無いよりはあった方が便利な気がします。

文字の装飾ができない

Google keepはシンプルゆえに、文字サイズや文字の色を変えたり、フォントを変えるという事はできません。

シンプルさが売りなので、装飾は必要ないかもしれませんが、他人とメモを共有する時に「装飾したものを見せたい」等と考える方からしたら、ちょっとだけ残念に思うかもしれません。

 

まとめ

以上、Google Keepの機能や便利な使い方等について解説しました。Google Keepは見た目がシンプルですが、高機能で使い勝手が良いです。

Google Homeとの連携がされてなかったり、保存できるのはテキストと画像のみといった少しイマイチな点もありますが、今後さらに改善されていくと思います。

特に位置情報のリマインダー機能は使いこなせば本当に便利なので、是非、あなたのビジネスやプライベートに役立ててください。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている