スキマ時間に読書が楽しめるAmazonのオーディオブック「Audible(オーディブル)」を使って多読を効率的に

Amazonが提供しているオーディオブックサービス、「Audible(オーディブル)」をご存知でしょうか。私も結構前から利用してますが、読書したいけどなかなか時間が取れないという方に、オススメです。

オーディブルを使えば耳で読書する事ができますので、移動中はもちろん、両手がふさがっている時や、運動中や家事をしながらなど、スキマ時間を有効活用することができます。

今回は、「耳で読書」ができるオーディオブックサービス、「Audible(オーディブル)」についてご紹介します。

Audible(オーディブル)とは

「Audible(オーディブル)」はAmazonが提供している「耳で読書」することができるオーディオブックサービスです。

ビジネス、自己啓発、小説、英字新聞、落語、洋書など豊富なジャンルが用意されており、20万冊を超える書籍を月額1,500円で好きなだけ聴く事ができます。

【オーディブルの主な特徴】

  • 20万冊を超える豊富なラインナップ
  • プロの朗読家、役者が読み上げてくれる
  • 読み放題(Kindle Unlimited等)に非対応の人気・著名本もある
  • オフライン再生(ダウンロード)が可能
  • 読み上げ速度調整やスリープタイマーなど、機能が豊富

月額1,500円という金額をどのように捉えるかは人それぞれだと思いますが、個人的には、スキマ時間を効率よく読書ができるという事を考えると、非常にコストパフォーマンスの高いサービスだと思います。

 

Audibleのおすすめポイント

空き時間を読書時間に変える事ができる

オーディブルのおすすめポイントは何といってもコレですね。

イヤホンを付ければ

  • 移動中でも、
  • 両手がふさがっていても、
  • 運動中でも、
  • 家事をしているときでも、

どんな時でも耳で読書ができる。という事が大きなポイントだと思います。

オーディブルを使えば、頭は使ってなくても両手がふさがっていたり、体を動かしていて読書ができないという時間を読書ができる時間に代わりますので、これは非常に大きなメリットで、おすすめのポイントだと思います。

朗読家による聞き取りやすい音声

オーディブルは本の読み上げ(朗読)をプロの朗読家や役者の方が朗読するため、聴きやすいです。

以前、Kindle本をAmazon Echo(アレクサ)が朗読してくれるという記事を書きましたが、オーディブルと比較すると、聴きやすさは断然朗読家による朗読の方が聴きやすいです。

【Amazon Echo】Kindle本を持っていれば、「アレクサ、本を読んで」とアマゾンエコーに話しかけるとアレクサがkindle本を読み上げてくれる

2018.07.23

Amazon Echoの読み上げって、どうしてもAI臭さ(棒読み)が出ちゃいますので、長時間聴いてるのは難しいです。

スマートフォンアプリの使い勝手が良い

オーディブルはスマートフォンアプリの使い勝手が良いです。

個人的には以下の点が特に気に入っています。

  • 再生速度を調整できる倍速機能(0.75倍速から3倍速まで、7段階の設定ができる)
  • オーディオブックの気に入った箇所をブックマークできる
  • 早送り・巻き戻しが細かく出来る

など、使い勝手が良いです。特に、再生速度を調整できる倍速機能が気に入ってます。

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible (オーディブル) – 本を聴こう

Audible, Inc.無料posted withアプリーチ

無料コンテンツ「Audible Station」も利用可能

追加料金なしで「Audible Station」も利用することができます。

Audible Stationはビジネスの要約本からニュース、お笑い、落語、ヒーリングまでバラエティあふれる人気コンテンツを平日に毎日配信するサービスです。

Audible StationはPodcastのようなサービスなので、ラジオを聴くような感じで楽しめます。

オーディブル解約後も聴ける

2018年8月28日以前は、オーディブルを解約したらその時点でオーディオブックを聴くことができなくなったのですが、2018年8月28日にサービスの提供内容が変更となり、毎月1枚付与されるコインを使って、好きなオーディオブックを購入する形になりました。

2018年8月28日以前は聞き放題だったのですが、2018年8月28日にコイン制にサービスの提供方法が変わり、サービスの改悪に感じましたが、コイン制になってからはオーディブルを解約した後でもオーディオブックを聴くことができます。

コインを使って購入しても、気に入らなければ返品可能

「コインを使って購入したけど気に入らなかった」という時は、オーディブル会員は購入後365日以内であればいつでも返品可能なので、気兼ねなく返品できます。

※過去に返品した事のあるオーディオブックでも再返品も可能

 

Audibleのイマイチな点

読み返しやメモの確認がしずらい

Kindle本の場合、気になる部分や大事な部分にマーカーを引いて、マーカーの横に「メモ」することができたり、後で読み返したいページに付箋(ブックマーク)をつけてすぐに開くことができます。

Audibleでも気になるページに付箋(ブックマーク)をつけることができますので、後ですぐにそのページに戻る事はできます。

ただ、オーディオブックという性質上、気になる部分や大事な部分にマーカーを引いて、メモするという事はできません。

スマートフォンアプリはストリーミング再生できない

オーディブルのスマートフォンアプリはストリーミング再生ができません。いったんダウンロードし、オフラインでの再生のみとなります。

ただ、最近、PCサイト(Windows、Mac)でストリーミング再生に対応するようになったので、そのうち、スマートフォンアプリでもストリーミング再生に対応するのではないかと思ってます。

Amazon Echoと連動してない

アメリカではAmazon EchoからAudibleを利用する事ができるようですが、日本では未対応です。

ただ、アメリカで対応しているという事は、そのうち日本でも対応するようになると思いますので、オーディオブックの今後に期待しています。

 

まとめ

以上、「耳で読書するサービス Audible(オーディブル)」を紹介しました。

聴き放題ではなくなりましたが、月額1,500円で好きな本を、場所と時間を選ばずに耳で読書ができるというのは、魅力的なサービスだと思います。1ヶ月体験無料が可能ですので興味をお持ちの方は、是非お試し下さい。

関連リンク:無料体験を試そう – Audible (オーディブル) 会員登録

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている