【初心者向け】RPAとRDAの違い。共通の特徴や違いについて解説

このブログでも何回か解説させて頂いているRPA(Robotic Process Automation)ツールのUiPath。ブログでRPAと呼ばせて頂いていますが、私が使用しているUiPathは厳密にはRPAではなく、RDA(Robotic Desktop Automation)と呼ばれるものになります。

RPAとRDA、「業務を自動化する」という役割は共通していますが、操作対象が異なります。今回はRPAとRDAの違いについて解説していきます。

RPAとRDA、共通の特徴や違いを解説

データ入力や情報チェック等といったパソコンで作業する定型業務の自動化、効率化に向けた取り組み、複数のアプリケーションをまたぎ業務オペレーションを自動化するソフトウェアロボットを一般的に「RPA」と呼んでます。

RPAツールは「サーバーインストールタイプ」と「パソコンインストールタイプ」に大別され、サーバーインストールタイプをRPAと呼び、デスクトップインストールタイプはRDA(Robotic Desktop Automation)と呼びます。

総じてRPAと呼ばれることが多いですが、サーバーインストールタイプであるRPAは、コマンドセンターのような中央からの命令でロボットを集中管理し、人が介在する事なく業務を自動化する事ができ、パソコンインストールタイプであるRDAは人がロボットの操作を行うという点が大きく異なります。

RPA(Robotic Process Automation)のイメージ

RPAはサーバーにインストールされたロボットが個別のパソコンに複数の命令を出し、個々のパソコンを操作します。

サーバーによる集中管理となるため一括操作が可能であり、人が介在する事が無いため、業務の自動化が可能となります。定型業務を行う社員を多数抱えているような大企業向はRPAが向いていると言えます。

RDA(Robotic Desktop Automation)のイメージ

RDAは個別のパソコンにインストールされるため、ロボットへの命令は人が行います。

定型業務はロボットが行う為、業務の効率化は図れますが、個々のパソコン間で連携するようなものではないため、業務を100%自動化する事はできません。そのため、定型業務を行う社員を多数抱えているような企業には向いていません。

RDAは定型業務が大企業と比較して少ない小規模な企業向きと言えます。

 

RPAとRDAの比較表

タイプ RPA(Robotic Process Automation)
(ロボティック・プロセス・オートメーション)
RDA(Robotic Desktop Automation)
(ロボティック・デスクトップ・オートメーション)
インストール先 サーバー 担当者個人のパソコン
導入コスト 比較的高い 比較的安価
運用管理 管理サーバー操作による集中管理 担当者自身による運用管理が必要
主な特徴
  • 業務内容次第では100%自動化が可能
  • サーバーから一括操作が行われるため、集中管理が可能
  • 同一業務が複数部門で発生する場合、作業量と導入効果が比例する
  • サーバーにインストールするため、環境整備・運用保守体制の検討が必要になるという点に留意が必要
  • 個人のデスクトップで動くため、個々の作業内容に合わせて細かく調整でき、幅広い業務に対して適用が可能
  • 担当者個人のパソコンへインストールするため気軽に導入できる。
  • 組織としての管理が煩雑になる可能が高いというデメリットに留意が必要

【参考】RPA (ロボティックプロセスオートメーション)による定型業務からの解放 – IBM THINK Business – Japan

 

まとめ

以上、RPAとRDAの違いについてまとめてみました。

私が使っているUiPathのCommunityエディション、他の記事でRPAツールと呼んでいますが、厳密にいうとRDAツールです。でも、このブログでは引き続き、RPAと称して解説していきたいと思います。

RDAという言葉はマイナーで、検索ボリュームも非常に少ないので…

UiPathのOrchestrator(オーケストレイター)という製品はサーバーインストールタイプのRPAツールです。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている