Google HomeとIFTTTを連携させて、Google Homeに話しかけた内容をGoogleスプレッドシートに入力する方法

Google Homeを使って、声だけで簡単な文章をメモする方法は無いか?と思い、色々調べたところ、IFTTT(イフト)というサービスを使うと実現できそうだという事が分かりました。

なので、IFTTTを使って、Google Homeに話しかけたことをGoogleスプレッドシートに記録するという仕組みを作ってみたいと思います。

Google Home Mini(Googleアシスタント)で何ができる?できること・できないこと、使い方を解説

2018.01.08

IFTTTとは

IFTTTとは、SNS(Twitter、Facebook、Line、instagram等)やプラットフォーム等を連携させるWebサービスです。

IFTTTとは、If This Then Thatの略で、If(もしも)、This(これをしたら) Then(その時) That(あれをする)というものです。

例えば、Gmailで送付されたメールの内容をEvernoteに保存したり、Instagramに写真を投稿したら自動でDropboxへ保存したり、このように、IFTTTは様々なSNSやプラットフォームと連携する事により、1つのプラットフォームではできなかったことを実現してくれるWebサービスです。

 

ちなみに、以下の記事で筆者が実際に試してみたIFTTTを活用した例を紹介していますので、興味のある方は是非参考にして下さい。

IFTTTでAppletを作る

IFTTTを使って、何かのアプリケーションの動作をトリガー(きっかけ)に、別のアプリケーションの動作をさせるには、「Applet(アプレット)」の作成が必要となります。

今回は、Google Homeに話しかけたことを、Googleスプレッドシートに記録するという「Applet」を作ってみたいと思います。

 

事前準備(アプリのインストール、IFTTTアカウント作成)

Google Homeに話しかけたことを、Googleスプレッドシートに記録するための仕組みを作るには、 以下の3つが必要となります。

  1. Googleアシスタントアプリのインストール
  2. Google HomeとGoogleアシスタントの連携
  3. IFTTTアカウントの作成

Googleアシスタントアプリのインストール

Googleアシスタントアプリをスマートフォンにインストールします。App Storeで「Googleアシスタント」と検索すると出てきます。

Google HomeとGoogleアシスタントの連携

Googleアシスタントをインストール後にアプリを立ち上げると、Googleアシスタントで使用するGoogleアカウントの選択画面が表示されますので、Google Homeで使用しているGoogleアカウントを選択します。

これで、Google Homeとの連携が完了できました。

IFTTTアカウントの作成

IFTTTを使うにはアカウントが必要となりますので、IFTTTのウェブサイトでアカウントを作成します。

https://ifttt.com/

メールでアカウントを作成する方は、上記の赤枠の箇所にメールアドレスを入力します(Googleアカウント、若しくはFacebookアカウントを使って、アカウント作成を省略する事も出来ます)。

メールアドレスでアカウントを作成される方は、次のページでパスワードを入力します(今後、ログインする際に使用するパスワードです)。

パスワードの入力が完了すると、IFTTTアカウントが作成が完了です。

 

IFTTT連携でGoogle Homeに話しかけた内容をGoogleスプレッドシートに記録する手順

  • 手順①:Appletの作成
  • 手順②:Googleアシスタントをthisとして選択
  • 手順③:Googleアシスタントのトリガーの選択
  • 手順④:Googleアシスタントのトリガーを設定
  • 手順⑤:Googleスプレッドシートをthatとして選択
  • 手順⑥:Googleスプレッドシートのアクションを選択
  • 手順⑦:Googleスプレッドシートのアクションを設定

上記の通りです。

手順①:Appletの作成

IFTTTアカウントを作成しましたら、Appletを作成します。最初に、IFTTTにログインして、「New Applet」をクリックします。

「+this」という青い部分をクリックします。

手順②:Googleアシスタントをthisとして選択

thisとして接続するサービスを選択します。検索窓に「google」と入力し、「Googleアシスタント」を選択します。

「Connect」をクリックすると、「Googleアシスタント」がthisとして接続されます。

手順③:Googleアシスタントのトリガーの選択

IFTTTとGoogleアシスタントを接続したら、次はトリガーを設定します。

トリガーとは、何らかの動作を開始するためのきっかけとなる命令や信号のことを言います

「Say phrase with a text ingredient」を選択します。

手順④:Googleアシスタントのトリガーを設定

次に、トリガーの設定をします。

各項目の説明

  1. 「What do you want to say?」の部分は、Google Homeに話しかける際、どのような言葉を入力トリガーにするか、という設定となります。「$」マークは、スプレッドシートに記録したい言葉を意味します。
    ※「$」を入れる際は「$」の前後には半角スペースを入れて下さい。
    ※トリガーは3つまで設定可能です。
  2. 「What do you want the Assistant to say in response?」は、Google Homeがトリガーを認識した時の応答アナウンスを設定できます。
  3. 「Language」は使用する言語を選択できます。
  4. 「Create trigger」をクリックするとトリガーが保存されます

試しに、下記のような設定をしてみました。

  1. 「What do you want to say?」に「メモ $」
    「What’s another want to say it?(optional)」に「メモ 残す $」
    「And another way?(optional)」 に「メモを残す $」
  2. 「What do you want the Assistant to say in response?」に「スプレッドシートに $ とメモしました」
  3. 「Language」は「Japanese」を選択
  4. 「Create trigger」をクリック

「OK, Google メモ ほにゃらら」、若しくは「OK, Google メモを残す ほにゃらら」と話しかけるというトリガーと、完了時にGoogle Home から「スプレッドシートに「ほにゃらら」と書きました」 と応答する設定が完了です。

手順⑤:Googleスプレッドシートをthatとして選択

トリガーを設定しましたら、Google Homeが聞き取った「ほにゃらら」の箇所を、Googleスプレッドシートに記録するための設定をします。下記の画面が表示されたら「+that」をクリックします。

thatとして接続するサービスを選択します。検索窓に「google」と入力し、「Google Sheets(スプレッドシート)」を選択します。

Googleアカウントの選択と認証をして下さい。

手順⑥:Googleスプレッドシートのアクションを選択

次に、「Add row to spreadsheet」を選択します。

手順⑦:Googleスプレッドシートのアクションを設定

Googleスプレッドシートの設定をします。

各項目の説明

  1. 「Spreadsheet neme」はシート名を設定できます。
  2. 「Formatted row」は行の設定です。
  3. 「Drive folder path」はドライブの保存先を設定できます。このまま設定すると、Google Driveに「Google」というフォルダが自動で作成され、その中に保存されます。
  4. 「Create action」をクリックすると設定が保存されます。

ひとまず、初期設定のままで「Create action」をクリックします。

これで、スプレッドシートの設定は完了です。

 

Google Homeに話しかけてみる

全ての設定が完了したので、実際にGoogle Homeに話しかけて、動作を確認してみます。

試しに、「OK Google、メモ これはテストです」とGoogle Homeに話しかけてみます。すると、下記のようにスプレッドシートに話しかけた内容が記録されました。

色々試しましたが、早口で言ってもかなりの精度で認識してくれます。これは便利ですね。

ちなみに、日時のログを取る事はIFTTTではできないようなので、日時のログを残したい場合はGoogle Apps Scriptを使用するようです(本を買って研究します)。

 

まとめ

以上、Google HomeとIFTTTを連携させて、Google Homeに話しかけた内容をGoogleスプレッドシートに入力する方法について解説しました。

IFTTTを使う事により、Google Homeに話しかけた内容をスプレッドシートに記録する事ができますので、短い内容であればメモを取る手間を省くことができます。

使い方次第では、業務効率化に使えそうです。色々試したり、Google Apps Scriptを研究して、仕事で使えそうな方法を見つけたら、またご紹介させて頂きます。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」