infotop(インフォトップ)やinfocart(インフォカート)の購入者データをZapierを使ってMailChimpに自動登録する方法

インフォトップやインフォカートを使って商材を販売する際、購入者様に送る「ご購入のお礼」をインフォトップやインフォカートに用意されているフォローステップメールを使って送る場合が多いと思います。

ただ、このフォローステップメール、無料で使わせて頂いているので文句は言いたくないのですが、

  • 送信時間の指定等の細かい設定ができない
  • メール認証(SPF・DKIM)が使えない(迷惑メールに入りやすい)
  • メールの分析(開封率、クリック率の測定、バウンスなど)ができない

という事もあり、できれば自社で配信したいところです。

自社配信は購入者情報を手動でメール配信システムに登録する必要がある

自社配信であれば送信時間を細かく指定できますし、メール認証されたメールアドレスで購入者様にメールを送る事ができますので、迷惑メールに入り難くなります。

また、メールの分析ができるので、メールの内容を見直したり、配信間隔や時間を見直したりと、メールの改善を行う事が出来ます。

メリットしか無い自社配信ですが、インフォトップやインフォカートはメール配信サービスと連携していないため、購入者様に対して自社で配信しようとなると、CSVで購入者データをメール配信システムにアップロードするか、名前とメールアドレスをメール登録フォームに入力して登録する等、手作業で登録する必要が出てきます。

 

連携できるサービスは一応あるにはあるのですが、、、

インフォトップやインフォカートと連携できるメール配信サービスは全く無い訳では在りません。現在確認できているだけで2社(エキスパ、マイスピー)、連携可能なメール配信サービスがあります。

でも、フォローメールを送るだけの為に、新たにメール配信サービスを契約するのも面倒です。

余計なコストが発生しますし、リスト(メールアドレス)管理が分散するので、デメリットしかない。

でも、API連携が可能なメール配信サービスを使っていれば、Zapire(ザピエル)を使って自動化する事ができます。

 

Zapireを使って自動化する流れ

Zapire(ザピエル)使う事により、以下の流れを自動化できます。

  1. 購入者様がインフォトップ、若しくはインフォカートで商品を購入する
  2. インフォトップ、インフォカートから送信される購入通知を「Email Parser by Zapier」に送信
  3. 「Email Parser by Zapier」が購入通知メールの内容を解析して「メールアドレス」と「名前」の情報を抽出する
  4. 「Email Parser by Zapier」で抽出したメールアドレスと名前をZapierが自動でMailChimpに登録する。
  5. MailChimpに設定しておいたオートメーション(購入者様をフォローするステップメール)が作動し、購入者様にメールを送付する。

 

ASP購入者情報をZapierを使ってMailChimpに自動で登録する手順

それでは、インフォトップやインフォカートで購入したお客様の情報をZapierを使ってMailChimpに自動で登録する流れについて解説します。

この設定を行う前に、予め以下の準備をしておく必要があります。

  • Zapierのアカウント取得
  • MailChimpでオートメーション(フォローステップメール)を作成しておく。

「Email Parser by Zapier」で購入者情報を解析する専用のメールアドレスを取得

まず最初に、Zapierのアカウントを使って、「Email Parser by Zapier」にログインします。以下のリンクをクリックし、「Email Parser by Zapier」に移動して下さい。

https://parser.zapier.com/

トップページに移動しましたら、「Login」ボタンをクリックします。

Login情報を入力するよう求められます。Zapierにログインしている状態であれば、「Login in with your Zapier account」をクリックするだけログインできます。

「Email Parser by Zapier」とZapierの接続確認がありますので、「Authorize」をクリックします。

「Email Parser by Zapier」の設定画面に移動しますので、「Create Mailbox」をクリックします。

解析用のメールアドレス(xxxxxx@robot.zapier.com)が発行されますので、以下の枠内にあるメールアドレスをコピーして下さい。

操作ミス等でメールアドレスの表示が消えてしまったら、「Mailboxes」をクリックすると、発行されたメールアドレスを確認する事ができます。

インフォトップとインフォカート、2つのASPで商品を販売されている方は、解析用のメールアドレスを2つ取得しておいて下さい。

発行された解析用のメールアドレスをインフォトップやインフォカートに登録する

「Email Parser by Zapier」で発行された解析用のメールアドレスを、インフォトップやインフォカートに登録します。

infotop(インフォトップ)の売上通知メールアドレスに追加

販売者画面にログインし、商品編集画面に移動すると、画面中ほどに「売上通知メールアドレス」という項目がありますので、ここに「Email Parser by Zapier」で取得した「xxxxxx@robot.zapier.com」というメールアドレスを登録します。

infocart(インフォカート)の売上同報メールアドレスに追加

発行者画面にログインし、商品の編集画面に移動すると、画面中ほどに「売上同報メールアドレス」という項目がありますので、先程と同様、「Email Parser by Zapier」で取得した「xxxxxx@robot.zapier.com」というメールアドレスを登録します。

複数のメールアドレスを登録する場合、「,(半角カンマ)」で区切って登録して下さい。

以上で、売上通知メールが「Email Parser by Zapier」に送信されます。

インフォトップとインフォカート、2つのASPで商品を販売されている方は、解析用のアドレスを登録する際、「インフォトップ用」、「インフォカート用」と分けて登録しておいて下さい。

「Email Parser by Zapier」でメールテンプレート作成

解析する内容のテンプレートを作成します。Mailboxesの画面で以下のアイコンをクリックします。

実際に購入通知が送信されないと「Email Parser by Zapier」の設定ができません。ご注意ください。

インフォトップやインフォカートに購入通知を設定し、購入様が商品を購入すると、「Email Parser by Zapier」に以下のようなメールが届きます。メールが届きましたらテンプレートを作成します。

以下はインフォトップの販売通知です。

①メール本文から抜き出したい項目をドラッグし、②任意の項目名を入力します(半角英語で入力します)。③最後に「Save」をクリックします。

「Save」をクリックすると、以下赤枠内のようにドラッグした部分がテンプレートの項目として置き換わります。これにより、販売通知メールから名前を抽出できるようになります。

名前の時と同様、メールアドレスもテンプレートとして設定します。

テンプレートの項目を設定したら、「Save Address and Template」をクリックします。

テンプレートを保存したというメッセージが表示されたら、テンプレートの設定は完了です。

続いてZapierにログインします。「use this app in Zapier」をクリックします。

ZapierでZAPを作成

「Email Parser by Zapier」側でメールテンプレートを作成したら、ZapierでZapを作成します。アプリの選択画面で「Email Parser」を選択します。

以下のような画面が表示されますので、「Save+Continue」をクリックします。

「Zapier」と「Email Parser by Zapier」を接続します。「Save+Continue」をクリックします。

「Test」をクリックすると、「Email Parser by Zapier」の接続テストができます。

①「Email Parser by Zapier」の解析用のアドレスを選択し、②「Save+Continue」をクリックします。

「Pull in Sample」をクリックします。

以上で「Email Parser by Zapier」側の設定は完了です。続いて、以下赤枠内の「Your Zap currently lacks an Action step. Add one now!」をクリックします。

ZapierとMailChimpを接続

アプリ選択画面に移動したら、「MailChimp」を選択します。

①「Add/Update Subscriber」にチェックを入れ、②「Save+Continue」をクリックします。

「Zapier」と「MailChimp」を接続するので、「Save+Continue」をクリックします。

「Test」をクリックすると、「MailChimp」の接続テストができます。

MailChimpで登録する項目を設定

MailChimpとZapierの接続後、リストに登録する各種項目の設定を行います。

最初に、①をクリックしてMailChimpの「List」を選択します。リスト選択後、②をクリックし、「Email Parser by Zapier」で作成したテンプレートを呼び出し、購入者情報のメールアドレスを選択します。

「Email Parser by Zapier」で設定したメールテンプレートは「Parse Output~」で始まります。

購入者情報のメールアドレスを選択すると以下のようになります。

リストのアップデート

設定画面の下の方に移動すると、リストのアップデートの設定ができます(グループを設定していない方は必要ありません)。

「Update Existing」はYesのままで、以下設定を行います。

①「Replace Groups」で「Add Only」を選択し、②Groupsを選択します。

設定しましたら、「Continue」をクリックします。

以上で設定は完了です。

 

まとめ

以上、Zapierを使って、インフォトップやインフォカートで商品を購入した方のメールアドレスをMailChimpに自動で登録する流れについて解説しました。

Zapierと連携できないメール配信システムを使っていると、エキスパかマイスピーを利用しない限り自動登録はできませんが、Zapierと連携できるメール配信システムであれば自動化する事ができます。

今回はMailChimpで解説しましたが、Zapierと連携できるメール配信システムであれば自動化できます。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている