コンテンツを検索順位に反映されやすくするSearch Console(サーチコンソール)の登録方法

WordPressをインストールしたら、「これからどんどんコンテンツを追加していこう」とお考えかもしれません。しかし、コンテンツを追加するだけでは誰にも見て貰えません。

Search Console(サーチコンソール)にサイトマップを登録しないと、どんなに良質なコンテンツを作っても、検索エンジンが更新されたコンテンツを見つけるのは遅くなってしまい、検索順位に反映され難くなります。

そこで今回は、Search Console(サーチコンソール)の登録方法について解説したいと思います。

Search Console(サーチコンソール)とは、Google検索による検索結果を解析し、検索トラフィック(オーガニック検索)、Googleインデックス、クロール(クローラー状況)サイトのセキュリティ状況、スパム(SEOスパムの監視)等、パフォーマンスを監視・管理する事が出来る、Googleの無料サービスのことです。

以前は「Googleウェブマスターツール」という名称でサービスを提供していましたが、2015年5月20日に「Search Console」に名称変更されました。

Google Search Consoleに登録する手順

Google Search Consoleにサイトマップを送信する際、次の手順で登録作業を進めていきます。

  1. サイト所有権の確認、
  2. ワードプレス側でサイトマップを出力できるよう設定する
  3. Search Consoleにサイトマップを送信する

7~8分あれば登録作業は終了すると思います。難しい事は何もありませんので、必ず登録しましょう!

それでは、サイト所有権の確認からサイトマップを送信するまでの手順を解説します。

 

Google Search Consoleサイトの所有権を確認する

1. サーチコンソールにログイン

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)に登録するには、Googleアカウントが必要です。Gmailや、Googleアナリティクス、Googleアドセンス等をすでに利用されている方は、同じアカウントを使います。

Googleアカウントが無い方は、アカウントを作成してからサーチコンソールにログインして下さい。

Google Search Console

2. サイト情報を追加する

サーチコンソールにログインしたら、登録したいサイト情報を追加するため、画面右上にある「プロパティを追加」をクリックします。

登録対象となるサイトのURLを入力し「追加」ボタンをクリックします。

URLを追加すると、サイトの所有権を確認しますという記載のがる画面に移動しますので、「このHTML確認ファイル」を選択し、HTMLファイルをダウンロードして下さい。

HTMLファイルをダウンロードしたら、あなたのサイトを設置しているサーバーの管理画面に移動するか、若しくはFTPソフトを立ち上げて下さい。

今回はエックスサーバーを使用しているという前提でエックスサーバーの管理画面からHTMLファイルをアップロードしていきます(エックスサーバーにワードプレスをインストールする解説をさせて頂いた手前、ファイルアップロードもエックスサーバーでアップロードする方法を解説させて頂きます)。

3. サーバーに確認ファイルをアップロードする

ダウンロードしたHTMLファイルをサーバーにアップロードするため、まずは管理画面にログインします。

インフォパネルURL→ https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

ログインすると、インフォパネルが表示されますので、画面右下にある「ファイルマネージャー」をクリックして、ファイルマネージャーを開きます。

ファイルマネージャーにログインすると、使用しているURL一覧が表示されますので、所有権の確認が必要なドメインを選択し、URLをクリックして下さい。

該当ドメインをクリックすると、フォルダ一覧が表示されますので、「public_html」というフォルダをクリックして下さい。

public_html」というフォルダをクリックすると、ファイルの一覧が表示されます。ここにHTMLファイルをアップロードします。右側にある「ファイル選択」をクリックして下さい。

先程、サーチコンソールでダウンロードしたHTMLファイルを選択します。選択後、「開く」をクリックします。

「ファイルのアップロード」という項目にアップロード予定のファイル名が入っているのを確認したら、下にある「アップロード」をクリックして下さい。

アップロードに成功すると、フォルダ一覧の中に、先程のファイルが表示されます。アップロードを確認後、グーグルのサーチコンソール画面に戻ります。

4. 確認ファイルをアップロードしたら、サーチコンソールに戻る

確認ファイルをサーバーにアップロードしたら、サーチコンソールのHTMLファイルをダウンロードした画面に戻ります。

「私はロボットではありません」にチェックを入れて、確認ボタンをクリックします。

ファイルが正しく認識されると、下記のようにチェックマークが表示され、所有権確認は終了です。

 

Sitemapの有効化(All in One SEOの場合)

所有権の確認が済みましたら、サーチコンソールに送信するサイトマップを準備します。以下の手順に従って、サイトマップ機能をアクティベートして下さい。

1. ワードプレスの管理画面にログインします

あなたが管理しているワードプレスサイトの管理画面にログインします(プラグインをインストール(有効化)されている前提で解説していきます)。ログイン画面の左側のメニューに「All in One SEO」という項目がありますので、こちらにマウスを移動させてください。

2. サイトマップ機能をアクティベートします

「All in One SEO」というメニューにマウスカーソルを移動させると、小窓が出てきますので、「機能管理」をクリックします。

機能管理画面に移動すると、「XMLサイトマップ」が表示されますので、「Activate」をクリックして、サイトマップ機能を有効化して下さい。

サイトマップ機能がアクティベートされると、グレーの表示から下記のようにブルーに変わりますので、これでサイトマップ機能が使えるようになります。

サイトマップ機能をアクティベートしたら、管理画面左側のメニューにある「XMLサイトマップ」という項目をクリックしてページを移動します。

ページを移動すると、サイトマップの設定画面に移動しますが、ひとまず初期設定のままで問題ありませんので、「サイトマップを更新」をクリックして、サイトマップ情報を更新します。

これでワードプレス側の登録は終了です。

「All in One SEO」の細かい設定につきましては、別途解説したいと思います。

 

サーチコンソールにサイトマップを送信する

Search Consoleのトップページから、サイトマップを送信したいウェブサイトのURLをクリックします。

Google Search Console

サイトマップを送信したいサイトを選択して、URLをクリックすると、下記ページに移動しますので、画面下にあるサイトマップをクリックします。

クリックすると、「サイトマップの追加/テスト」という赤のボタンが出てきますので、ここをクリックします。

小窓が出てきますので、こちらに「sitemap.xml」と入力します。入力したら送信ボタンをクリックします。

sitemapを送信すると、送信完了ページが表示されますので、「ページを更新する。」をクリックします。

Search Consoleにサイトマップが認識されると、下記のようなグラフが表示されます。これで、サイトマップの登録は完了です。

 

まとめ

ウェブサイトのサイトマップをサーチコンソールに登録するのは、若干面倒に思われるかもしれませんが、サーチコンソールはサイト運営に欠かせないSEOツールのひとつです。

無料で使えて非常に高機能なので、きちんと使いこなしてサイトのパフォーマンスを監視・管理し、サイトの上位表示を目指していきましょう。

ウェブ集客を成功させるには、検索エンジン経由のアクセスを伸ばすことが必要不可欠です。アクセスを伸ばすためには、良質なコンテンツを追加するのはもちろん、日々の改善も非常に重要です。検索エンジン経由でのサイト流入を増やすためにも、サーチコンソールを定期的に確認される事をおススメします。

気に入っていただけたらシェアお願いします。

メールマガジン

55件の相談事例を記載した冊子を無料でプレゼントします。

この相談事例は、2009年のブログ開設から、2014年11月までにブログのコメント欄に書き込まれた質問をまとめた冊子となります。

実際にいただいた相談事例や、解決事例が記載されていますので、興味のある方はメールマガジンをご登録下さい。

ご登録頂けるとすぐに読めます。

ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。
平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている