無料でおしゃれなアンケートを簡単に作成できるアンケート作成ツール「Typeform」を使って市場調査

ブログ、メールマガジン等のコンテンツを読まれたユーザーからフィードバックを貰う事が出来れば、コンテンツの改善や新たなコンテンツ制作のキッカケにもなります。

ユーザーからフィードバックを貰うにはアンケートを実施する事です。自分でコンテンツを考えるよりも、アンケートでユーザーから直接聞いた方がユーザーニーズに応えやすいです。

そこで今回は、簡単操作でおしゃれなアンケートフォームを作成する事ができる「Typeform」というウェブツールをご紹介します。

Typeformとは

Typeformは、簡単に見栄えの良いアンケートフォームを作成する事ができる、海外製のウェブツールです。ウェブツールなのでアンケートの集計・結果の表示も簡単です。無料から使う事ができます。

海外ツールなのでインターフェースは英語ですが、アンケートの作成はドラッグ&ドロップで直感的に作成できますので、英語が苦手な方でも簡単にアンケートを作成する事ができます。

また、アンケートフォームは日本語対応していますので文字化けするような事はありません。

https://www.typeform.com/

特徴

  • 簡単操作でおしゃれなアンケートフォームを作成できる
  • 多彩なテンプレート
  • 設問数が10、一カ月100回答までなら無料で利用できる
  • マルチデバイス(PC、スマートフォン、タブレットで利用可)
  • ウェブツールなので集計も簡単
  • API連携可能(Googleスプレッドシート、HubSpot、Zapier等の統合可能)

メールフォームもありますので、お問い合わせフォームの作成はもちろん、アンケートの最後にメールアドレス入力項目を設置して、メールアドレスを集める事も出来ます。

アンケートデモ

以下のようなアンケートを5分ぐらいで作成する事ができます。また、ウェブページに埋め込む事も出来ます。

 

powered by Typeform

 

Typeformの使い方について解説

それでは早速、Typeformの使い方について解説していきます。

アカウントの作成

最初に、アカウントを作成しましょう。下記リンクをクリックしてトップページに移動します。

https://www.typeform.com/

「Sign up free」をクリックします。

登録画面に移動したら、①名前、②メールアドレス、③パスワードを入力し、④規約の同意にチェックを入れ、⑤「Create my  free account」をクリックします。

④規約の下にあるチェックボックスは、Typeformの使い方に関するアドバイスのメールを受信する場合はチェックを入れます。

「登録確認のメールを送信した」という画面が表示されますので、メールボックスを確認します。

メールボックスを確認するとTypeformからメールが届いてますので、メールの中にある「Activate my account」というボタンをクリックします。

以上でアカウントの登録は完了です

アンケートフォームの作成

初めてアカウントを作成する方が、メールに記載してある「Activate my account」をクリックするといきなりフォーム作成のステップに進みます。

業種を選択するように聞かれますので、適当に選択して下さい(複数選択可)。

業種にあったお勧めのテンプレート一覧が表示されますので、お好みのテンプレートを選択します。

試しに一番下の「Personality Quiz」をクリックしてみます。

以下のようなおしゃれなアンケートフォームが表示されました。試しに「START」をクリックしてみます。

アンケートのサンプルが表示されますので、表示例を確認する事ができます。

右上にあるドロップダウンをクリックすると、他のテンプレートを選択できます。

アンケート作成

先程のカフェのテンプレートだと見難いので、別のテンプレートを選択してアンケートを作成します。今回は、「Marketing Survey」というテンプレートを使ってアンケートを作成していきます。

テンプレートが表示されたら、画面右下にある「Start from scratch」をクリックします。

Typeformのテンプレートはアンケートの見た目だけでなく、質問内容も予めセットされていますので、お好みのテンプレートを選択したら、画面下にある「Use this template」を選択すれば業種にあったアンケートをすぐに使用する事ができます。

ただし、ベースが英語なので、設問内容を日本語に修正する必要があります。

①アンケート名の入力と、②作成するアンケートの種類を聞かれます(任意)。いずれも後から編集できますので、適当なアンケート名を入力し(空白でも問題ありません)、最後に③「Continue」をクリックします。

アンケート作成画面が表示されますので、ここでアンケートを作成していきます。

アンケートのトップページ作成

最初に、アンケートのトップページ、を作成します。アンケート作成画面の左側にメニューアイコンがありますので、一番上の四つの四角の部分をクリックします。

トップページは必ずしも作る必要は無いのですが、無いと素っ気ないので、一応作成します。

メニューブロックが表示されますので、一番上の「Welcome Screen」を選択すると、アンケートのトップページを作成する事ができます。

タイトルページの編集ができますので、以下の赤枠にアンケートのタイトルを入力します。

Typeformはベースが英語なので、全角日本語を直接入力しようとしてもうまく入力が出来ません。

半角英字は直接入力しても問題無く入力できますが、全角の日本語入力はうまく入力できないので、入力してみて、もし、うまく入力できなければ、いったんテキスト等に文章を入力し、コピペして貼り付けて下さい。この方法だと確実です。

タイトルを入力すると、画面右側にあるプレビューでタイトルが表示された事が確認できます。

また、左側にある「EDIT BLOCK」内にある「Description」をONにすると、詳細説明を入力できるようになります。これでトップページの作成は完了です。

「EDIT BLOCK」内にある「Image」の「Add」をクリックすると、トップページに画像を貼り付ける事も出来ます。

設問の作成

選択肢による質問の作成

再度、左側のメニューアイコンの四つの四角い部分をクリックします。

メニューブロックが表示されますので、「Multiple Choice」を選択します。

「Multiple Choice」は、複数の選択肢を作成するときに使用します。

設問のタイトルを入力します。

タイトルの下に薄く「Choice」と表示されているところがありますので、ここに選択肢を入力します。

「Required(入力必須)」と「Description(詳細説明)」をONにし、詳細説明をコピペします。他の項目はそのままにします。

ちなみに、オプションの詳細は下記の通りです。

  1. Required:入力必須項目の有無
  2. Description:詳細説明文の有無
  3. Variables:変数(回答者の名前、メールアドレスといった情報を表示させる事ができる)
  4. Image:画像の挿入
  5. Video:動画の挿入
  6. Multiple selection:複数選択するかどうか
  7. Randomize:ランダム表示させるかどうか
  8. Add “Other” option:その他のオプション(ONにすると、その他を選択した際に入力項目が出現する)
  9. Vertical alignment:選択肢を縦に並べるかどうか

 

満足度などを図る質問の作成

次に、満足度などを図る質問を作成します。①左上にあるメニューアイコンをクリックするとメニューブロックが表示されますので、②「Opinion Scale」を選択します(ドラッグできます)。

すると、0~10までの番号で回答する事ができる設問を作成できます。満足度などを図るのに使う項目ですね。

タイトルとラベルを入力すると、以下のようになります。

この設問は初期設定では

  • ゼロからスタート(一番左の数字がゼロ)
  • 0~10までの11段階

となっていますが、以下の部分で変更する事も可能です。

項目の解説

  • Start scale at 1:ONにすると、最初の数字が「1」からとなります
  • Steps:初期設定では11段階ですが、ドラッグして減らす事も出来ます。
  • Show labels:ラベルを表示しない場合はOFFにします。

 

質問内容を記入するフォーム作成

次に、質問内容を記入するフォームを作成します。①左上にあるメニューアイコンをクリックしてメニューブロックを表示し、②「Long Text」を選択します(ドラッグできます)。

設問のタイトルを入力します。

入力文字数の制限をかける事も出来ます。

項目の解説

  • Max characters:ONにすると、入力できる文字数の上限を「0~999999999」の範囲内で設定できます。

 

メールアドレス入力項目の作成

メールアドレスを取得する場合、メールアドレスの入力項目を設置します。①左上にあるメニューアイコンをクリックしてメニューブロックを表示し、②「Email」を選択します(ドラッグできます)。

タイトルを入力し、左側メニューの「Description」にチェックを入れ、詳細説明を入力します。

メールアドレスの入力を必須にしたい場合、左側メニューの「Required」にチェックを入れます。

このように、簡単にアンケートを作成する事ができます。

無料プランはトップページを合わせて10個まで設問を作る事ができます。(トップページを入れると設問数は実質9個になりますが…)

日本語化に設定

初期設定のままだとユーザーに英語で表示されてしまうので、日本語に変更します。①左側にある歯車のアイコンをクリックすると設定画面が表示されますので、②「Language」を「Japanese」に変更して下さい。

これで、フォームに表示されるメッセージが日本語になります。

アンケートの公開

作成したアンケートを公開するには、まず、アンケートタイトルの右にある鍵のアイコンを確認します。緑になっていれば公開できる状態となっています。

以下のように赤になっていれば非公開となっていますので、「Status」の「Private」をクリックして「Public」に変更して下さい。

公開可能な状態を確認したら、アンケートを公開します。

上部メニューにある①「Share」をクリックし、アンケートページの公開方法を設定します。このページでは、アンケートページのURL、ソーシャルメディアによるシェア、ウェブページへの埋め込みの設定ができます。

項目の解説

  1. Share:公開ページ設定
  2. Your typeform lives in this link:アンケートページのURLです。
  3. Social media and email:作成したアンケートページをソーシャルメディアでシェアします。
  4. Enrich your URL information:アンケートページの検索エンジンにインデックスの許可、メタ画像、Descriptionの追加(有料プランのみ)などが設定できます。
  5. Embed in a web page:ウェブページにアンケートを埋め込み表示をさせたい時は、タグを取得できます(埋め込み大きさ、ポップアップ表示等が設定できます)。
  6. Start your typeform in an email:メールでアンケートを収集したい場合に使用します(トップページを削除し、1番目の質問が「Opinion Scale(満足度などを図る質問)でないと作動しません。)

 

アンケートの結果を見る

アンケート集計結果は、上部メニューにある「Results」から確認できます。

アンケートの集計結果はもちろん、アンケートページのアクセス数やデバイス別のアクセス数などが確認できます。

 

ウェブアプリとの連携(API連携)

Typeformは様々なウェブアプリと連携する事ができます。上部メニューにある「Connect」から確認できます。

ウェブアプリによっては有料プランでないと連携できないものもありますが、Google Analytics、Zapier、Slack、Google Sheetsは無料で連携できます。

Zapierが使えれば、殆どのウェブアプリと連携できますので、無料プランのままでも普通に使えると思います。

 

まとめ

以上、簡単にアンケートフォームを作成する事ができる「Typeform」の使い方について解説しました。

今回はコンテンツの改善という事をテーマにサンプルのアンケートフォームを作成しましたが、ご自身で商品・サービスを提供されている方にもお勧めです。

アンケートで収集した情報は商品・サービスの改善はもちろん、今後の商品開発のキッカケにもなりますので、是非、アンケートを活用してみて下さい。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている