マインドマップを作るなら、誰でも簡単に使えるマインドマップ作成ツール「XMind」がお勧め

業務フローの洗い出しや、新しいサービスを企画するような時、自分の思考を整理したり、アイデアをまとめたりするのにマインドマップを使っています。

マインドマップを覚えたての頃は、ソフトを使わず手書きで書いていたのですが、書きなぐったり色々書き留めていくうちにぐちゃぐちゃになってしまったりするので、手書きは止めてソフトを使うようになりました。マインドマップのソフトは無料から有料まで様々なものがあります。

今まで色々なソフトを使ってきましたが、最終的に「XMind」というソフトに落ち着きました。今回は「XMind」というマインドマップソフトについて解説したいと思います。

マインドマップソフト「XMind」

XMindとは

XMindはシンプルで簡単なマインドマップ作成ツールです。XMindは豊富なテンプレートとクリップアートが用意されており、初めて使う方でもわかりやすいマインドマップを作成する事が出来ます。

また、ツールを使う事により、トピックごとに吹き出し、ラベル、優先順位や進捗を示すマーカーを使う事ができるため、マインドマップだけでなく、プロジェクト管理ツールとしても使うことができます。

http://jp.xmind.net/

  • シンプルで見やすいインターフェイス
  • 簡単な操作性
  • 豊富なテンプレート
  • EvernoteやSNSなどへ共有できる
  • iCloud、Dropboxに保存が可能
  • 日本語に対応
  • iPhone、iPadアプリに対応(androidは未対応です)

XMindは無料と有料バージョンがありますが、無料でも多くの事ができます。マインドマップを作成するだけなら無料バージョンで全く問題ありません。

※オフィスソフト・PDFへエクスポートする場合は、有料バージョンへのアップグレードが必要です。
XMind

XMind

XMind Ltd.無料posted withアプリーチ

XMindのダウンロード

XMindのウェブサイトからソフトをダウンロードできます。Windows、Mac、両方用意されています。また、パソコン本体にインストールしなくても使える「ポータブル版」も用意されています。

https://jp.xmind.net/download/

ポータブル版はパソコンにインストールしなくても使用できます。ポータブル版をUSBメモリーに入れておけば、他のパソコンにUSBを差すだけで「XMind」を使用する事が出来ます。

豊富なカラーテーマとテンプレート

XMindはマインドマップの作成はもちろん、

  • ロジックツリー
  • 魚骨図(フィッシュボーンチャート)特性要因図
  • マトリックス

等といった構造図のテンプレートが用意されていますので、マインドマップの作成だけでなく、様々な構造図を作成することができます。

カラーバリエーションも豊富です

ビジネス向けのシンプルなテーマから、ポップ調のテーマ、アカデミック調のテーマなど、様々なカラーバリエーションが用意されていますので、初めて使用する方でも見やすい構造図を作成する事ができます。

サンプルも沢山用意されています

全て英語ではありますが、

  • バランスシートチャート
  • 事業計画
  • 組織図
  • フィッシュボーンチャート
  • SWOT分析
  • ガントチャート
  • ワークフロー図

等といったビジネス向けのサンプルから、

  • ダイエットプラン
  • ショッピングリスト
  • 週間予定表

等といったビジネス用途以外のサンプルまで用意されています。

一から作成するイメージがわかない時は、サンプルを見る事によって作成イメージが湧いてきますし、また、一から作り上げていくのが面倒な時は、サンプルのデータを上書きしながら使用するという使い方もできます。

シンプル操作で簡単に使えます

XMindはシンプル操作で簡単に使えますので、簡単にマインドマップを作成する事が出来ます。試しに、操作してみましょう。

「XMind」を立ち上げると、下記画面が表示されますので、中央にある「空白のマップを新規作成」をクリックします。

「中心トピック」というマインドマップの出発点が現れますので、ダブルクリックしてマインドマップの主題(目的)を入力します

中央トピックを選択した状態で、「Enterキー」もしくは「Tabキー」を押下すると主トピックを追加することができます。

主トピックを選んだ状態で、もう一度「Enterキー」を押すと、「主トピック」を追加することができます。

主トピックを選択した状態で、「Tabキー」を押すと「サブトピック」を追加することができます。

このように、簡単な操作でマインドマップを作成することができます。

マインドマップを作成ソフトで書くメリット

マインドマップを覚えた当初、紙に書いてマインドマップを作っていましたが、マインドマップ作成ソフトを使うようになり、紙に書くのを止めました。というのも、作成ソフトを使った方がメリットが多いからです。

  • 手書きよりもきれい
  • 修正・編集が簡単
  • 検索ができる(紛失の心配もない)
  • オンラインで共有できる
  • Evernoteに保存できる

などなど、手書きでは得られない多くのメリットがあります。

紙ならでは「自由に直感的に書く事ができる」というメリットも捨てがたいところではありますが、トータルで考えると、個人的には作成ソフトに軍配が上がると思ってます。

 

XMind使用例

マインドマップ:サイトコンバージョン関係

何年か前に作成したウェブマーケティングに関するマインドマップです。

マインドマップ:タスク管理

日々のタスク管理にも使う事が出来ます。

 

まとめ

以上、無料で使えるマインドマップ作成ソフト「XMind」を紹介しました。

ソフトを使えば紙でマインドマップを書くよりも見やすく綺麗に纏めることができ、編集もしやすいので、紙でマインドマップ書いている方や、他の作成ソフトを使っている方は、一度、「XMind」を試してみて下さい。その使いやすさと分かりやすさに驚くと思います。

XMindを使って頭の中にある発想や思考を整理したり、アイデアを纏めたり、ご自身にあったマインドマップの活用方法を模索してみてください。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている