API連携の自動化ツール「Zapier(ザピエル)」を使って面倒なルーチン作業を自動化

Webサービス同士をAPI連携して、面倒なルーチン作業を自動化する事ができる「Zapier(ザピエル)」というツールがあります。

以前、同じようなウェブツールで「IFTTT(イフト)」というツールをご紹介したことがありますが、IFTTTの場合、トリガーとアクションという2つの動作しかできません。

IFTTT連携でGoogleスプレッドシートの特定行が追加された時、LINEに更新通知を自動で送信する方法

2018.05.08

Google HomeとIFTTTを連携させて、Google Homeに話しかけた内容をGoogleスプレッドシートに入力する方法

2018.05.02
  • ①Google Homeに話しかける → ②Googleスプレッドシートに入力
  • ①Googleスプレッドシートに特定行が追加される → ②LINEに通知する

といった2ステップの動作ですね。

しかし、「Zapier(ザピエル)」を使うと、2つ以上の動作を行う事が出来るため、より複雑な動作を自動化する事が出来るようになります。

Zapier(ザピエル)とは

「Zapier(ザピエル)」とは、アメリカの企業が開発した自動化 ツールです。2012年のリリース時には25種類だった対象サービスは、2018年現在は1,000種類にまで拡大しています。

https://zapier.com/

Zapierの特徴
  • 無料から使う事ができる
  • 2つ以上の動作を行う事が可能(「マルチステップザップ」という有料プラン時)
  • 1,000種類以上のウェブアプリを組み合わせて自動化するアプリ(「Zap」と呼ばれている)を作成可能
  • Gmail(Google drive)、Office 365、ZOHO CRM、Dropbox、Evernote、Slackなどの主要なWebサービスや、 Facebook・Twitter・InstagramなどのSNSを含む1,000種類以上のウェブアプリ・サービスと連携可能
  • プログラミングの知識ゼロで自動化の設定を数クリックで作成可能

ZapierとIFTTTの違い

「異なるウェブアプリやプラットフォームを連携する事により、自動化させる事ができる」という点において、ZapierとIFTTTは同じではあります。

ただ、IFTTTの場合、トリガーとアクションという2つの動作しか実行できないため、比較的シンプルな作業を自動化する事しかできません。

Zapierの場合、2つ以上の動作を実行する事が出来るため、より複雑な自動化をさせることができます。

ZapierとIFTTTの比較表

  Zapier IFTTT
連携可能なサービス数 1000種類以上 600種類以上
実行可能な 2つ以上 2つまで
実行間隔 5分~15分 15分
実行回数の制限 一カ月100~50,000 ?
料金プラン $0~$250 フリープランのみ

上記の表から分かるとおり、Zapierは有料で機能が多いですが、IFTTTは機能が若干劣るけど無料で利用できる。という事になります。

一から自動化の設定をしなくてもサービス同士を組み合わせたアプリ(Zap)が多数用意されている

Zapierは一から自動化の設定をしなくても、サービス同士を組み合わせたアプリ(「Zap」と呼びます)が多数用意されているので、ほとんどの場合でZapを自作する必要性がありません。

例えば、以下のようなルーチンワークを自動化したいと思った場合、

  • Gmailあてに添付ファイルのあるメールを送られてきたら、添付ファイルを自動でDropboxに保存
  • Office 365のカレンダーにイベントを追加したら、自動的にGoogleカレンダーと同期

このようなZapは一から作る必要がなく、下図のような一覧から選択するだけで自動化の設定を行う事ができますので、簡単に自動化の設定を行う事が出来ます。

白枠内は私も実際に使っているZapなのですが、これは、「Typeform(タイプフォーム)」というアンケート収集アプリと、「Mailchimp(メールチンプ)」というメール配信システムのZapです。

動作の内容としては、Typeformにアンケートに記入してもらうと、Mailchimpに設定した「アンケートに記入いただき、ありがとうございます!」というメールを自動で配信するというZapです。

Zapierを使わないとこれらの動作は自動化できませんので、Zapierは非常に便利です。

他にも、Zapierを使って、インフォトップやインフォカートで商品を購入した方に、自動でMailChimpに登録する事も出来ます。

infotop(インフォトップ)やinfocart(インフォカート)の購入者データをZapierを使ってMailChimpに自動登録する方法

2018.12.05

 

まとめ

以上、異なるWebサービス同士をAPI連携する事により、ルーチンワークを自動化することできる「Zapier(ザピエル)」について解説しました。

Zapierを使えばプログラミング不要で面倒な作業を自動化する事ができますので、ルーチンワークが多く、もっと効率化したいという方は、Zapierを使ってみて下さい。

気に入っていただけたらシェアお願いします。




集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

 

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

 

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」


ABOUTこの記事をかいた人

1977年神奈川県生まれ。コンサルティング会社勤務を経て独立。店舗ビジネスに特化したコンサルティング業務を展開していたが、身近な人の倒産を目の当たりにした事をきっかけに事業再生に目覚め、平成21年5月より、事業再生に参入。全国各地の中小企業の再生業務に関与し、中小企業の事業再生のサポートを行っている。 平成23年8月、M&Aに特化した株式会社クレアークを設立、代表取締役に就任。現在に至る。業務の幅を広げる事により、サポートの幅を広げている